映画-Movie Walker > 人物を探す > ブライアン・シンガー

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2016年 まで合計9映画作品)

2016年

X-MEN:アポカリプス

  • 2016年8月11日(木)公開
  • 監督、製作、原案

望まずして強大な力を手に入れてしまったミュータントたちの戦いを描くアクション『X-MEN』シリーズの第6作。ミュータントの始祖である最強キャラ、アポカリプスとX-MENたちとの戦いや、その結成秘話などがつづられる。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のオスカー・アイザックが最強のミュータント、アポカリプスを演じる。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
ジェームズ・マカヴォイ マイケル・ファスベンダー ジェニファー・ローレンス オスカー・アイザック
2014年

U Want Me 2 Kill Him ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム

  • 2014年5月24日(土)公開
  • 製作

2003年に英国で起きた衝撃的な事件を映画化したサスペンス。インターネットを通じて知り合った女性に好意を抱いた少年が、ネットの世界に没頭し、殺人を犯してしまう姿を描く。主演は「The Fifth Estate」のジェイミー・ブラックリー。「X-MEN:フューチャー&パスト」のブライアン・シンガーが製作。

監督
アンドリュー・ダグラス
出演キャスト
ジェイミー・ブラックリー トビー・レグボ ジョアンヌ・フロガット リズ・ホワイト
2009年

ワルキューレ

  • 2009年3月20日(金)公開
  • 監督、製作

トム・クルーズが祖国を愛するがゆえに、独裁者ヒトラーの暗殺を企てた実在の人物、シュタウフェンベルク大佐に扮した歴史ドラマ。監督は「Xメン」シリーズのブライアン・シンガー。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
トム・クルーズ ケネス・ブラナー ビル・ナイ トム・ウィルキンソン
2006年

スーパーマン リターンズ

  • 2006年8月19日(土)公開
  • 監督、製作、ストーリー設定

世界中に知られるヒーロー映画「スーパーマン」の劇場版最新作。最愛の女性の結婚と出産に直面するヒーローの苦悩を、「X-メン」のブライアン・シンガー監督が描いている。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
ブランドン・ラウス ケイト・ボスワース ジェームズ・マースデン フランク・ランジェラ
2003年

X-MEN2

  • 2003年5月3日(土)公開
  • 監督、製作総指揮

全世界で大ヒットした、アメコミ原作の映画「X-MEN」の続編。不当な差別を受けながらも人類を守るために戦いつづけるミュータントたちの闘いを描く、VFXアクション大作だ。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
パトリック・スチュワート ヒュー・ジャックマン イアン・マッケラン ハル・ベリー
2000年

X-MEN

  • 2000年10月7日(土)公開
  • 監督、ストーリー

 アメリカン・コミックスの超人気作をついに映画化。人類との共存を願うミュータント・X-MEN(エックスメン)が、世界の存亡をかけて悪と激闘を繰りひろげるさまをドラマチックに描く。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
ヒュー・ジャックマン パトリック・スチュワート イアン・マッケラン ファムケ・ヤンセン
1999年

ゴールデンボーイ(1998)

  • 1999年6月26日(土)公開
  • 監督、製作

潜伏するナチ戦犯と、彼に接近して話を聞くうちにおのれの内部に巣食う邪悪さに目覚めていく少年の姿を描いたサスペンス。モダンホラーの巨頭スティーヴン・キングの『ゴールデンボーイ』(邦訳・新潮文庫)の映画化で、監督には「パブリック・アクセス」「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガーがあたった。脚本は監督の学生時代からの親友であるブランドン・ボイスで本作がデビュー作。製作はシンガーと「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のジェーン・ハンシャーとドン・マーフィ。撮影のニュートン・トーマス・シーゲル、音楽・編集のジョン・オットマン、衣裳のルイス・ミンゲンバックは「ユージュアル・サスペクツ」に続く参加。美術は「ブラックアウト」のリチャード・フーヴァー。出演は「17 セブンティーン」のブラッド・レンフロ、「リチャード3世」のイアン・マッケラン、「ポーリー」のブルース・デイヴィソン、「ハッピィブルー」のデイヴィッド・シュワイマー、「ラリー・フリント」のヤン・トリスカほか。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
ブラッド・レンフロ イアン・マッケラン ブルース・デイヴィソン アン・ダウド
1997年

パブリック・アクセス

  • 1997年3月29日(土)公開
  • 監督、脚本

目的も正体も不明の男がメディアの力を利用して一つの街を崩壊させていく過程を通じて、痛烈なメディア批判と集団心理の恐怖を描いた一編。不安感を増す、アップを多用した映像が目を引く。「ユージュアル・サスペクツ」で注目された映画作家ブライアン・シンガーの長編デビュー作で、日本のマスコミ関連企業3社から成る映画助成団体シネマビームの後援で完成。93年サンダンス映画祭で審査員グランプリを受賞し、次作「ユージュアル・サスペクツ」製作のきっかけとなった。脚本はシンガーとクリストファー・マックァリー、マイケル・フェイト・ドゥーガンの共同。製作はUCS時代にシンガーの同級生だった「ユージュアル・サスペクツ」のケネス・コーキン、音楽と編集も同作のジョン・オットマン。製作補はコーキンの高校時代からの盟友アダム・リップ。撮影はブルース・ダグラス・ジョンソン、美術はジャン・セスラー。主演はTV、映画、舞台で活躍するロン・マークェット。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
ロン・マークェット バート・ウィリアムス Larry Maxwell ディナ・ブルックス
1996年

ユージュアル・サスペクツ

  • 1996年4月13日(土)公開
  • 監督、製作

5人の悪党が集まった犯罪計画の顛末を、トリッキーかつ巧緻な構成で描いたクライム・ミステリー。「パブリック・アクセス」で93年度サンダンス映画祭グランプリを受賞した監督のブライアン・シンガー、脚本のクリストファー・マックァリーの新鋭コンビの第2作で、95年度同映画祭に招待上映されて以降、世界各国でロングラン・ヒットした。製作はシンガーと「ゴールデンボンバー」のマイケル・マクドネル。エグゼクティヴ・プロデューサーはロバート・ジョーンズ、ハンス・ブロックマン、フランソワ・デュプラ、アート・ホーランの共同。撮影は「プラトーン」「サーモンベリーズ」のトム・サイゲル、美術は「愛を殺さないで」のハワード・カミングス、音楽と編集は『パブリック・アクセス』のジョン・オットマンが担当。出演は「ミラーズ・クロッシング」「デッドマン」のガブリエル・バーン、「セブン」のケヴィン・スペイシー、「男たちの危険な午後」のスティーヴン・ボールドウィン、「ブロードウェイと銃弾」のチャズ・パルミンテリ、「カジノ」のケヴィン・ポラック、「父の祈りを」のピート・ポスルスウェイト、「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」のスージー・エイミス、「サーチ&デストロイ」のダン・ヘダヤほか。第68回アカデミー・オリジナル脚本賞(クリストファー・マックァリー)、助演男優賞(ケヴィン・スペイシー)受賞。96年度キネマ旬報外国映画ベストテン第7位。

監督
ブライアン・シンガー
出演キャスト
スティーブン・ボールドウィン ガブリエル・バーン チャズ・パルミンテリ ケヴィン・ポラック

関連ニュース

『X-MEN』最新作でブライアン・シンガー監督が「アポカリプス」の秘話を語る
『X-MEN』最新作でブライアン・シンガー監督が「アポカリプス」の秘話を語る(2015年12月2日)

人気SFアクションシリーズ最新作『X-MEN:アポカリプス(原題)』(2016年公開)のブライアン・シンガー監督に、いち早くインタビュー。プロフェッサーX役のジ…

『ジャックと天空の巨人』主演&ヒロインが語る撮影現場と今後
『ジャックと天空の巨人』主演&ヒロインが語る撮影現場と今後(2013年3月27日)

世界的不朽の名作「ジャックと豆の木」をブライアン・シンガー監督が映像化した3Dアドベンチャー大作『ジャックと天空の巨人』(公開中)。本作で主人公ジャックを演じた…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブライアン・シンガー