映画-Movie Walker > 人物を探す > ペドロ・アルメンダリス

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1965年 まで合計21映画作品)

1965年

タイタンの逆襲(1962)

  • 1965年11月公開
  • 出演(Cadmus 役)

ギリシャ神話から、エンニオ・デ・コンチーニとドゥッチョ・テッサリが共同で脚色、ドゥッチョ・テッサリ(アメリカのベテラン監督が契約の関係上別名を使ったといわれる)が監督した歴史アクション。撮影はジョルジョ・クリスタリーニ、音楽はカルロ・ルスティケリが担当した。出演は「007/危機一発」のペドロ・アルメンダリス(この映画出演直後ピストル自殺)、「鉄腕マチステ」のジュリアーノ・ジェンマ、「三月生れ」のジャクリーヌ・ササール、ほかにアントネラ・ルアルディ、ジェラール・セティなど。

監督
ドゥッチョ・テッサリ
出演キャスト
ペドロ・アルメンダリス ジャクリーヌ・ササール アントネラ・ルアルディ ジュリアーノ・ジェンマ
1964年

007 危機一発

  • 1964年4月25日公開
  • 出演(Kerim Bey 役)

イアン・フレミングのジェームズ・ボンド・シリーズ『ロシアより愛をこめて』を、リチャード・メイバウムが脚色、テレンス・ヤングが演出、撮影をテッド・ムーアが担当、いずれも「007は殺しの番号」のスタッフ。音楽はジョン・バリー。出演は「007」シリーズのショーン・コネリー、新人ダニエラ・ビアンキ、他にペドロ・アルメンダリス、ロッテ・レーニヤ、ロバート・ショウ、バーナード・リーなど。(再公開時のタイトルは「007 ロシアより愛をこめて」)

監督
テレンス・ヤング
出演キャスト
ショーン・コネリー ダニエラ・ビアンキ ペドロ・アルメンダリス ロッテ・レーニヤ
1963年

キャプテン・シンドバッド

  • 1963年12月24日公開
  • 出演(El Kerim 役)

アラビアンナイトに取材し、サミュエル・B・ウェストとハリー ・リリスが共同で脚本を書き、「機甲兵団」のバイロン・ハスキンが演出したアクションドラマ。「怪獣ゴルゴ」のトム・ハワードの特撮、撮影監督はグンター・ゼンフトレーベン、音楽は「妖姫クレオパトラ」のミシェル・ミシュレ、出演者はTV「快傑ゾロ」のガイ・ウィリアムス、「教室を出たら大人」のハイディ・ブルール、「逃亡者(1947)」のペドロ・アルメンダリス、「ボワニー分岐点」のエイブラハム・ソフィア、「四時の悪魔」のバーニー・ハミルトンら。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
ガイ・ウィリアムス ハイディ・ブルール ペドロ・アルメンダリス エイブラハム・ソフィア
1962年

剣と十字架

  • 1962年5月23日公開
  • 出演(Sultan 役)

ルイズ・デ・ウォールの原作をユージン・ヴォール、ジェームズ・フォーサイス、ジャック・トーマスの3人が脚色した騎士道が花咲いていた中世を背景とする冒険物語。「コマンチェロ」のマイケル・カーティズが監督に当った史劇である。撮影と音楽は「武器よさらば」のコンビ、ピエロ・ポルタルピとマリオ・ナシンベーネがそれぞれ担当。出演するのは「ある微笑」のブラッドフォード・ディルマン、「コマンチェロ」のスチュアート・ホイットマン、「ボーイハント(1961)」のドロレス・ハート、ペドロ・アルメンダリス、セシル・ケラウェイ、エドワード・フランツなど。製作はプラト・スクーラス。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ブラッドフォード・ディルマン ドロレス・ハート スチュアート・ホイットマン ペドロ・アルメンダリス

逃亡者(1947・アメリカ)

  • 1962年2月23日公開
  • 出演(Police_Officer 役)

ジョン・フォードがメリアン・C・クーパーと創立したアーゴシー・プロの第1作でグレアム・グリーンの小説「迷路のような道」の映画化である。脚色は「駅馬車(1939)」その他多くのフォード作品を手がけているダドリー・ニコルズが担当し、フォードが監督した。撮影はメキシコの名手ガブリエル・フィゲロア、音楽はリチャード・ヘイゲマンが担当している。出演はヘンリー・フォンダ、ペドロ・アルメンダリス、ドロレス・デル・リオ、ワード・ボンド、J・キャロル・ナイシュなど。製作はフォード、クーパーのほかにエミリオ・フェルナンデスが協力している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヘンリー・フォンダ ドロレス・デル・リオ ペドロ・アルメンダリス J・キャロル・ナイシュ
1961年

暗黒街の罠

  • 1961年6月5日公開
  • 出演(Col. Mastegui 役)

犯罪映画。短縮版。オリジナルは83分。監督はリチャード・ウィルソン、製作はルイス・F・ブランバーグ、原作はロバート・シルヴェスター、脚本はジョー・アイシンガー、撮影はリー・ガームズ、音楽はラウル・ラヴィスタ、編集はチャールズ・L・キンボールが担当。出演はエロール・フリン、ペドロ・アルメンダリス、ロッサナ・ローリー、ジア・スカラほか。

監督
リチャード・ウィルソン
出演キャスト
エロール・フリン ペドロ・アルメンダリス ロザンナ・ローリー ジア・スカラ
1959年

サン・ブラスの動乱 大砂塵の女

  • 1959年12月2日公開
  • 出演(Valentin Razo 役)

メキシコ革命に活躍した女闘士ラ・クカラチャを描いたドラマ。イスマエル・ロドリゲス、ホセ・ブラニョス・ブラドと、ホセ・ルイス・セリスの共同脚本をイスマエル・ロドリゲスが監督。撮影は「激怒」のガブリエル・フィゲロア、音楽をラウル・ラヴィスタが担当。出演は「悪の決算」のマリア・フェリクス、「激怒」のペドロ・アルメンダリス、「雷雲」の監督エミリオ・フェルナンデス、ドロレス・デル・リオ、アントニオ・アギラ等。製作イスマエル・ロドリゲス。

監督
イスマエル・ロドリゲス
出演キャスト
マリア・フェリクス ドロレス・デル・リオ エミリオ・フェルナンデス ペドロ・アルメンダリス
1958年

風雲の鬼将軍 四角い帆

  • 1958年12月9日公開
  • 出演(Igricheff 役)

原作は「最後の戦闘機」「過去をもつ愛情」等が映画になっているフランスの現代作家ジョゼフ・ケッセルの辺境小説。「そこを動くな」のベルナール・ボルドリーが監督した。脚色はケッセルとボルドリーにジョージ・ケッセルが加わり、台詞もケッセル自身。撮影監督は「オルフェ」「陽気なドン・カミロ」のニコラス・アイエ。音楽はルイ・オルシェである。エジプトから紅海にかけてロケーションがおこなわれ、辺境の冒険物語のエキゾチシズムを高めている。セットはローマで撮影された。主演はメキシコ出身で「ボルジア家の毒薬」「小さな無法者」「船の女」など各国の映画に出る国際俳優ペドロ・アルメンダリスと、イタリア出身の「高校三年」「黒い天幕」のアンナ・マリア・サンドリ。他に「遠い道(1957)」のフォルコ・ルリ、「悪魔のような女」のポール・ムーリッス、「永遠の争い」「街の仁義」のフェルナン・ルドウ、リュシアン・ギャラス等が出演する。製作ジュリアン・ドロード。

監督
ベルナール・ボルドリー
出演キャスト
ペドロ・アルメンダリス フォルコ・ルリ ポール・ムーリッス フェルナン・ルドウ
1957年

激怒(1957)

  • 1957年公開
  • 出演(Candido 役)

久しぶりに輸入されたメキシコ映画。半世紀前のメキシコに舞台をとって、古い政治形態が革命によって打ち倒されようとする頃、材木伐採作業員たちが自由を求めてたち上る姿を一人の主人公を中心に描いている。B・トレヴンの原作小説『吊し刑者の叛乱』をハル・クローブスが脚色し、監督はアルフレッド・B・クレベンナ。撮影にはガブリエル・フィゲロアが当っている。出演しているのは、「四角い帆」「三人の名付親」など、各国の作品に出演している国際的メキシコ・スター、ペドロ・アルメンダリス、新人アリアドナ、カルロス・ロペス・モクテスマ、アルバロ・マトゥテ、ヴィクトル・ユンコ、ティト・フンコ、イェイム・フェルナンデス等。製作ホセ・コーン。

監督
アルフレッド・B・クレベンナ
出演キャスト
ペドロ・アルメンダリス アリアドナ カルロス・ロペス・モクテスマ ヴィクトル・ユンコ

ウォルトディズニーの小さな無法者

  • 1957年11月23日公開
  • 出演(General Torres 役)

10歳のメキシコ少年パプリトが名馬に注ぐ愛情を描いた児童映画。ディズニー傘下のプロデューサー、ラリー・ランズバーグの原作をビル・ウォルシュが脚色、メキシコの監督、「野女ヤスカラ」のロベルト・ガヴァルドンが監督した。撮影は、これもメキシコのアレックス・フィリップス、音楽は「国境の決戦」のウィリアム・ラヴァ。主演は「船の女」のペドロ・アルメンダリス、10歳のメキシコ少年アンドレス・ヴェラスケス。ほかにロドルフォ・アコスタ、ジョセフ・カレイアなど。

監督
ロベルト・ガヴァルドン
出演キャスト
ペドロ・アルメンダリス ジョゼフ・キャレイア ロドルフォ・アコスタ アンドレス・ヴェラスケス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ペドロ・アルメンダリス