TOP > 人物を探す > チャールズ・スティーヴンス

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1955年 まで合計24映画作品)

1924年

バグダッドの盗賊(1924)

  • 1924年
  • 出演(His_Awaker 役)

ダグラス・フェアーバンクス氏が「フォビン・フッド」の次に製作した大作で、アラビアン・ナイトの物語に基づいてエルトン・トーマス氏が原作を書き、ロッタ・ウッズ氏が脚色し「世界を敵として」「女は誓いぬ」等監督したラウール・ウォルシュ氏が招かれて監督の任にあたった。相手役は新進のジュランヌ・ジョンストン嬢、我が国の上山草人、南部邦彦両氏、コマント嬢(ペルシャ王子に扮す)、その他日独人のハーフで詩人のハートマン定吉氏、獰猛なノーブル・ジョンソン氏、中国人の女優アンナ・メイ・ウォン嬢等である。お伽噺式のファンタジーで、リアリズム全盛の米国映画界に大きな波紋を投げた大作品である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス スニッツ・エドワーズ Charles Becher ジュランヌ・ジョンストン

曠原に立ちて

  • 1924年
  • 出演(Indian_Guide 役)

アーサー・ストリンジャー氏の小説に基づき、ケイリー・ウィルソン氏が脚色し「海の掟」等と同じくヴィクター・フレミング氏が監督したもの。主役は「北緯36度」「荒野の放浪者」主演のジャック・ホルト氏「縺れ行く情火」「奔流恋を乗せて」等出演のノーマ・シアラー嬢で、その他にもガートルード・オルムステッド嬢等が美しい所を見せている。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ジャック・ホルト ノーマ・シアラー チャールズ・クラリー ヘイゼル・キーナー
1923年

極北の天地

  • 1923年
  • 出演(The_Fox 役)

「世界大戦の際ベルギーに加わって赤十字犬として偉勲をたてた」と伝えられるリン・ティン・ティンという猛犬を主役として作られた北国を背景の活劇で、フレッド・マイトンとチェスター・M・フランクリンとが脚色を書きフランクリンが監督の任に当たった。「激浪の一船」「スザンナ」等出演のウォルター・マッグレイル、「無敵必勝」等出演のクレア・アダムスが主要な役を演じている。

監督
チェスター・M・フランクリン
出演キャスト
クレア・アダムス ウォルター・マッグレイル パット・ハーティガン Myrtle Owen
1921年

三銃士(1921・アメリカ)

  • 1921年
  • 出演(Planchet 役)

仏文豪アレクサンドル・デュマ氏の世界的に有名な小説をエドワード・ノブロック氏が脚色し、「奇傑ゾロ」と同じくフレッド・ニブロ氏が監督した映画で、ダグラス・フェアバンクス氏が1921年9月完成した大作品である。対手としてはメアリー・マクラレン嬢が皇后に、マーゲリート・ドラモット嬢がコンスタンスに、その他レオン・バリー氏、トーマス・ホールディング氏等も出演する。ニュース誌は『ダグラス劇として最も大仕掛けな、最も細かい注意の払われた中で最も活劇の多い、大傑作である。映画劇の中で人に好かれる要素を完全に備えた作品とはかかる映画をいうのであろう』と提灯を持っている。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス レオン・バリー ジョージ・シーグマン ユージン・ポーレット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > チャールズ・スティーヴンス

ムービーウォーカー 上へ戻る