TOP > 映画監督・俳優を探す > サルマ・ハエック

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2019年 まで合計24映画作品)

1998年

ターニング・ラブ

  • 1998年11月7日(土)
  • 出演(Monica 役)

結婚に躊躇する恋人たちの姿を描いたラヴ・ロマンス。監督は「あなたが聞こえない」のロバート・グリーンウォルド。脚本は「心のままに」のマイケル・クリストファー。撮影はマウロ・フィオーレ。音楽はテクノグループの元ディーヴォのメンバーのマーク・マザーズボー(「ニュー・エイジ」)。出演は「L.A.コンフィデンシャル」のラッセル・クロウ、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のサルマ・ハエックほか。

監督
ロバート・グリーンウォルド
出演キャスト
ラッセル・クロウ サルマ・ハエック エイブラハム・アルヴァレツ
1997年

愛さずにはいられない

  • 1997年7月19日(土)
  • 出演(Isabel Fuentes 役)

ニューヨーカーの青年ビジネスマンと情熱的なメキシカン娘が互いのカルチャーギャップを乗り越え、運命と愛の力を信じるようになるまでを描いた、ハートウォーミングなラブ・ロマンス。監督はTV界で活躍し、劇場用映画は『彼女はふたりっ子!?』(V)に続いて2作目のアンディ・テナント。脚本は、ジョアン・テイラーと「フラッシュダンス」のキャサリン・リバックの原案を基に、リバックが執筆。製作は「スパイ・ハード」のダグ・ドレイツィンとその夫人アンナ・マリア・デイヴィスで、彼ら自身の出会いの実体験に基づいているという。製作総指揮は「ユージュアル・サスペクツ」のマイケル・マクドネル。撮影は「フリー・ウィリー」のロビー・グリーンバーグ、音楽は「花嫁のパパ2」のアラン・シルヴェストリがスコアを書き、タイトルの元になったエルヴィス・プレスリーの『好きにならずにいられない』、グロリア・エステファンの『ミ・ファミリア』とラテン系ミュージックのナンバーなどを使用。主演は「ジミー さよならのキスもしてくれない」の後、TVコメディ『フレンズ』で人気に火がついたマシュー・ペリーと「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のサルマ・ハエック。共演は「結婚しない女」のジル・クレイバーグ、マシューの実父で「インデペンデンス・デイ」のジョン・ベネット・ペリー、「ある女の存在証明」のトーマス・ミリアン、「推定無罪」のジョン・テニー、「フォレスト・ガンプ 一期一会」のシオバン・ファロンナほか。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
マシュー・ペリー サルマ・ハエック ジョン・テニー カルロス・ゴメス
1996年

フロム・ダスク・ティル・ドーン

  • 1996年6月15日(土)
  • 出演(Santanico Pandemonium 役)

逃亡中の2人組の凶悪犯とその人質となった牧師一家が、吸血鬼の群れと戦うホラー・アクション。ハードボイルド/フィルム・ノワール調アクションの前半から、スプラッター・ホラーへと、ジャンルが見事に転換する構成がユニーク。オムニバス映画「フォー・ルームス」でも競作した2人の若き鬼才映画作家、「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノと「デスペラード」のロバート・ロドリゲスが再びコンビを組んだ一編。特殊メイク工房、K.N.B.イフェクツ・グループのロバート・カーツマンの原案をタランティーノが脚色、監督・編集にはロドリゲスがあたった。製作はジャンニ・ヌナリとメイア・テペル、エクゼクティヴ・プロデューサーはタランティーノ、「レザボア・ドッグス」以来のコンビ、ローレンス・ベンダー、ロドリゲスの共同。撮影は「デスペラード」「フォー・ルームス」のギレルモ・ナバロ、音楽は「ストレンジ・デイズ ―1999年12月31日―-1999年12月31日-」のグレアム・レヴェルで、ZZトップ、スティーヴィ・レイ・ヴォーン、レフトオーヴァーズなどの楽曲が挿入曲として使用している。美術はペルー出身の美術家で「ウォーカー」のセシリア・モンティエル、衣裳はグラシエラ・マゾン、特殊メイクは「マウス・オブ・マッドネス」のK.N.B.イフェクツ・グループが担当。出演はTVドラマ『ER』のジョージ・クルーニー、「フォー・ルームス」のタランティーノ、「ユリシーズの瞳」のハーヴェイ・カイテル、「ストレンジ・デイズ ―1999年12月31日―」のジュリエット・ルイス、「デスペラード」のサルマ・ハエック、「アフター・アワーズ」のチーチ・マリンなど多彩な顔ぶれ。

監督
ロバート・ロドリゲス
出演キャスト
ハーヴェイ・カイテル ジョージ・クルーニー クエンティン・タランティーノ ジュリエット・ルイス
1995年

デスペラード

  • 1995年12月16日(土)
  • 出演(Carolina 役)

麻薬組織のボスに復讐するマリアッチ(スペイン語でミュージシャンの意)の戦いを描いたバイオレンス・アクション。監督・脚本・編集は、93年に発表した弱冠24歳のデビュー作「エル・マリアッチ」が絶賛されたロバート・ロドリゲスで、彼がハリウッドに初進出した劇場用長編第2作。製作費は前作のわずか7千ドルから実に千倍の700 万ドルを投じ、スタイリッシュなアクション演出と定型を裏切るオフビートなユーモアに、さらに磨きがかかった。製作はビル・ボーデンとロドリゲス、製作補はエリザベス・アベランと、前作で主演したカルロス・ガラルド。撮影はギレルモ・ナバロ、音楽は「ラ・バンバ」のロス・ロボス、美術は「PNDC エル・パトレイロ」のセシリア・モンティエルが担当。主演は本格的アクションに初挑戦となる「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のアントニオ・バンデラス。共演はロドリゲス演出のテレビ映画『ロードレーサー』(V)にも出演しているメキシコ出身の新進女優サルマ・ハエック、「今そこにある危機」のジョアキム・デ・アルメイダ、「パルプ・フィクション」のスティーヴ・ブシェーミら。ロドリゲスも参加したオムニバス映画「フォー・ルームス」で製作総指揮を務めたクエンティン・タランティーノが友情出演している。

監督
ロバート・ロドリゲス
出演キャスト
アントニオ・バンデラス サルマ・ハエック ジョアキム・デ・アルメイダ チーチ・マリン

関連ニュース

『長ぐつをはいたネコ』でヒロインのメス猫・キティの声を務めたサルマ・ハエック
『長ぐつをはいたネコ』で声優初挑戦のサルマ・ハエック、セクシーヒロインの魅力語る 3月2日 10:56

卵のハンプティ・ダンプティとフワフワの肉球を持つ謎の美女猫キティと共に伝説の秘宝を求める主人公・長ぐつをはいたネコの冒険を描いた3Dファンタジー『長ぐつをはいたネコ』(3月17日公開)。本作で、ヒロインのメス猫キティの声…

『長ぐつをはいたネコ』のでロサンゼルスプレミアに登場した、左から、アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック、ザック・ガリフィアナキス
『長ぐつをはいたネコ』LAプレミアにアントニオ・バンデラスが登場!「笑わせるために真面目に考えた」 10月24日 18:34

『シュレック』シリーズの人気キャラクターを主人公に、シュレックと出会うずっと前の物語を描く『長ぐつをはいたネコ』(2012年3月公開)。10月28日(金)の全米公開に先駆け、ウエストウッドのリージェンシー・ヴィレッジ・シ…

巨大な長ぐつの前でプレゼンテーションを行ったアントニオ・バンデラスとサルマ・ハエック(右)
『シュレック』の人気者・長ぐつをはいたネコが主演の映画が登場!声はもちろんアントニオ・バンデラス! 5月12日 18:19

世界興行収入がギネス記録となり、2010年にシリーズ完結を迎えた『シュレック』シリーズ。その人気キャラクター“長ぐつをはいたネコ”が主役となって帰ってくる! 『長ぐつをはいたネコ』の全米11月4日(金)公開(日本2012…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > サルマ・ハエック

ムービーウォーカー 上へ戻る