映画-Movie Walker > 人物を探す > キム・コーツ

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2018年 まで合計11映画作品)

2018年

アンデッド刑事<デカ> 野獣捜査線

  • 2018年1月13日(土)公開
  • 出演(Officer Downe 役)

人気グラフィック・ノベル『オフィサー・ダウン』を映画化したバイオレンス・アクション。凶悪化する犯罪に対抗するため、ロサンゼルス警察は不死身のスーパー・コップ、ダウンを生み出す。こうして、ダウンと極悪集団“フォーチュン500”の戦いが始まる。出演は「バイオハザードIV アフターライフ」のキム・コーツ。メガホンを取ったのは、世界的ヘビメタバンド、スリップノットのリーダー、ショーン・クラハン。未体験ゾーンの映画たち2018にて上映。

監督
ショーン・クラハン
出演キャスト
キム・コーツ タイラー・ロス ローレン・レナ・ベレズ ソナ・イヤンベ
2010年

バイオハザードIV アフターライフ

  • 2010年9月10日(金)公開
  • 出演(ベネット 役)

人気サバイバル・アクションゲームを基にしたミラ・ジョヴォヴィッチ主演のアクション・ホラーのシリーズ第4弾。アンデッドが跋扈する近未来を舞台に、ヒロイン・アリスと諸悪の根源であるアンブレラ社との戦いが再び繰り広げられる。ゲーム版をほうふつさせるモンスターに加え、人気キャラ、クリスが初めて映画版に登場!

監督
ポール・W・S・アンダーソン
出演キャスト
ミラ・ジョヴォヴィッチ アリ・ラーター キム・コーツ ショーン・ロバーツ
2006年

サイレントヒル

  • 2006年7月8日(土)公開
  • 出演(トーマス 役)

「バイオハザード」よりも怖いと評価され、全世界で約530万本を売り上げた日本の人気ゲームが原案。「ジェヴォーダンの獣」のクリストフ・ガンズ監督が映画化したホラー。

監督
クリストフ・ガンズ
出演キャスト
ラダ・ミッチェル ショーン・ビーン ローリー・ホールデン デボラ=カーラ・アンガー
2005年

アウト・オブ・タイム

  • 2005年1月29日(土)公開
  • 出演(ピーターソン 役)

「ブレイド」シリーズのウェズリー・スナイプス主演のサスペンス・アクション。心に傷を抱えたボスニア帰還兵が謎の薬物を与えられ、都会という戦場で見えない敵に立ち向かう。

監督
デイヴィッド・カーソン
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス ジャクリーン・オブラドーズ スチュアート・ウィルソン キム・コーツ
2004年

ワイルド・レンジ 最後の銃撃

  • 2004年7月3日(土)公開
  • 出演(Butler 役)

全米で大ヒットを記録した、ケビン・コスナー&ロバート・デュバル共演の本格西部劇。悪徳牧場主とカウボーイたちの闘いを、リアルな銃撃戦を交えて描いた人間ドラマだ。

監督
ケヴィン・コスナー
出演キャスト
ロバート・デュヴァル ケヴィン・コスナー アネット・ベニング マイケル・ガンボン
2000年

バトルフィールド・アース

  • 2000年10月21日(土)公開
  • 出演(Carlo 役)

 文明が崩壊した西暦3000年を舞台にしたSFアドベンチャー。原始時代に逆戻りしたような荒廃した未来の地球。この絶望的な世界観をバックに、恐るべき宇宙の侵略者と闘う人類の姿を、斬新なSFX満載の、荒々しい映像で描き出す。

監督
ロジャー・クリスチャン
出演キャスト
ジョン・トラヴォルタ バリー・ペッパー フォレスト・ウィテカー キム・コーツ
1998年

デッドサイレンス(1996)

  • 1998年1月17日(土)公開
  • 出演(Ted Handy 役)

聾唖の女性たちを人質にとった凶悪犯とヴェテランFBI捜査官の駆け引きを描いたサスペンス。ジェフリー・ディーヴァーの小説『静寂の叫び』(邦訳・早川文庫)の映画化で、監督には「トイ・ソルジャー」のダニエル・ペトリ・Jr.、脚本は「今そこにある危機」のドナルド・スチュワートがあたった。撮影はトーマス・バースティン。音楽はジョナサン・ゴールドスミス。出演は「マーヴェリック」のジェームズ・ガーナー、「あなたが聞こえない」のマーリー・マトリン、「わかれ路」のロリータ・ダヴィドヴィッチほか。テレビ映画として製作されたが、日本では劇場公開された。

監督
ダニエル・ペトリー・ジュニア
出演キャスト
ジェームズ・ガーナー マーリー・マトリン ロリータ・ダヴィドヴィッチ キム・コーツ
1997年

ドタキャン・パパ

  • 1997年3月29日(土)公開
  • 出演(Detective Erdman 役)

仕事に明け暮れる毎日を送る父親が、家族の愛に気づくというハートフル・コメディ。監督は「夢を生きた男 ザ・ベーブ」のアーサー・ヒラー。製作は「コピーキャット」のアーノン・ミルチャンとマイケル・ネイサンソン。製作総指揮はフィッチ・ケイディ。脚本はドン・ライマー。撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ。音楽はジョン・デブニー。美術はジェームズ・ドーウェル・ヴァンス。編集はL・ジェームズ・ラングロイスとウィリアム・レイノルズ。衣裳はトリッシュ・キーティング。主演は「ジョン・ランディスのステューピッド おばかっち地球防衛大作戦」のトム・アーノルド。共演は「アンフォゲタブル」のデイヴィッド・ペイマー、「マーズ・アタック!」のロッド・スタイガーほか。

出演キャスト
トム・アーノルド デイヴィッド・ペイマー レア・パールマン ロッド・スタイガー

アンフォゲタブル

  • 1997年1月15日(水)公開
  • 出演(Eddie Dutton 役)

他人の記憶を移植する薬剤を使って、妻殺しの真犯人を探す医師の姿を描くスリラー。監督は「もう一度殺して」『甘い毒』(V)などサスペンスを得意とするジョン・ダール。製作は「ドラゴンハート」のディノ・デ・ラウレンティスと彼の娘マーサ・デ・ラウレンティス。音楽は「バーチュオシティ」のクリストファー・ヤング。美術はロブ・ピアソン。主演は「ノー・エスケイプ」のレイ・リオッタ。共演は『甘い毒』(V)に続いてダールと組んだリンダ・フィオレンティーノ。他に「ムーンライト&ヴァレンチノ」のピーター・コヨーテ、舞台出身のクリストファー・マクドナルド、「クイズ・ショウ」のデイヴィッド・ペイマー、「TOO BEAUTIFUL TO KILL」のキム・キャトラルなど。エンド・クレジットに流れるのはナット・キング・コールの『Unfogettable』。

監督
ジョン・ダール
出演キャスト
レイ・リオッタ リンダ・フィオレンティーノ ピーター・コヨーテ クリストファー・マクドナルド
1996年

秘密指令 クラッシュ

  • 1996年2月17日(土)公開
  • 出演(Palmer Davis 役)

巨大マネーロンダリング組織に挑む男女の戦いを描いたサスペンス・アクション。監督はCF界で活躍してきたチャールズ・ウィルキンソン。脚本はゴードン・ベイシッチスとラウル・イングリス。製作はロバート・ヴィンスとウィリアム・ヴィンス、撮影はマイケル・スロヴィス、音楽はグレアム・コールマン、美術はリン・ストプケウィッチが担当。主演は「アビス」のマイケル・ビーンと「氷の微笑」「ハーヴェスト」のレイラニ・サレル・フェラー。共演は「今そこにある危機」のミゲル・サンドバル、「クリムゾン・タイド」のマット・クレイヴンほか。

監督
チャールズ・ウィルキンソン
出演キャスト
マイケル・ビーン マット・クレイヴン レイラニ・サレル・フェラー ミゲル・サンドヴァル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > キム・コーツ