映画-Movie Walker > 人物を探す > 穂積隆信

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2013年 まで合計114映画作品)

2013年

ペコロスの母に会いに行く

岡野雄一のエッセイ漫画を原作に「ニワトリはハダシだ」の森崎東監督が映画化。認知症の母親とその息子のおかしくも切ない日常を綴る。出演は「川の底からこんにちは」の岩松了、TVドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の赤木春恵、「長い散歩」の原田貴和子、「はじまりのみち」の加瀬亮、「ソウル・フラワー・トレイン」の大和田健介。

監督
森崎東
出演キャスト
岩松了 赤木春恵 原田貴和子 加瀬亮
2005年

砂の器(デジタルリマスター)

  • 2005年6月18日(土)公開
  • 出演(新聞記者・松崎 役)

2005年4月に急逝した名匠・野村芳太郎監督の代表作をリバイバル上映。2人の刑事が追う殺人事件の真相と、そこに秘められた天才音楽家の衝撃的な半生を叙情的に描出。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
丹波哲郎 森田健作 加藤剛 加藤嘉
2003年

ぼくの孫悟空

  • 2003年7月12日(土)公開
  • 出演(声)(天帝 役)

「西遊記」に基づく手塚治虫の名作漫画「ぼくのそんごくう」を長編アニメ化。数奇な運命を背負って生まれた石猿の試練と成長を描く、夢と冒険にみちた痛快ファンタジーだ。

監督
杉野昭夫 吉村文宏
出演キャスト
優香 森田順平 大塚明夫 鈴木ヒロミツ

ドラえもん のび太とふしぎ風使い

  • 2003年3月8日(土)公開
  • 出演(声)(長老 役)

国民的人気アニメ・シリーズ劇場版最新作。のび太が育てた風の子をめぐる冒険と戦いが、壮大なスケールで展開する。人気アーティスト、ゆずの2人が声優に初挑戦している。

監督
芝山努
出演キャスト
大山のぶ代 小原乃梨子 かないみか 愛河里花子
2002年

WXIII 機動警察パトレイバー

  • 2002年3月30日(土)公開
  • 出演(声)(栗栖敏郎 役)

絶大な人気を誇るシリーズの最新作が登場。東京湾に現れた怪物を巡る闘いを描く、サスペンス・アクションだ。押井守脚本のマニアックな短編集「ミニパト」も同時上映。

監督
遠藤卓司
出演キャスト
綿引勝彦 平田広明 田中敦子 穂積隆信

ドラえもん のび太とロボット王国(キングダム)

  • 2002年3月9日(土)公開
  • 出演(声)(チャペック博士 役)

ドラえもんと仲間たちが大スクリーンで活躍するシリーズ第23弾。人間とロボットの共存を提起する新世紀アドベンチャーだ。同時上映は「ぼくの生まれた日」ほか1本。

監督
芝山努
出演キャスト
大山のぶ代 小原乃梨子 桑島法子 新山千春
1997年

すばらしき臨終

  • 1997年11月15日(土)公開
  • 出演(緑川病院院長 役)

会社をリストラされ葬儀屋に再就職したサラリーマンの姿を通し、日本の葬儀業界の実態を描いたブラック・コメディ。監督は「山田ババアに花束を」の大井利夫。脚本は「恋と花火と観覧車」の砂本量とOV『美乳大作戦メスパイ』の安生文勇、明石竜二の共同。撮影を「最強への道 WELCOME TO THE K zone」の中山光一が担当している。主演は「OL忠臣蔵」の山崎一。16ミリからのブローアップ。

監督
大井利夫
出演キャスト
山崎一 小西博之 石立鉄男 根岸季衣
1996年

パワーレンジャー(1995)

  • 1996年4月20日(土)公開
  • 日本語版出演(声)(アイヴァン・ウーズ 役)

東映の特撮ヒーロー番組“戦隊シリーズ”の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」の米国向け放映バージョンを、ハリウッドで映画化した一編。TV版は93年9月から全米のフォックス・チルドレンズ・ネットワークで放映されるや高視聴率を獲得。43か国で放映される大ヒット作となり、映画化の運びとなった。日本で撮影された特撮やアクション・シーンをそのまま残したTV版と異なり、本作は全て新撮影によるオリジナル。とりわけ、アクション場面と、CGIを駆使したSFXシーンが見もの。「ホワイ・ミー?」のジョン・キャンプスの原案を、「レッド・スコルピオン」のアーン・オールセンが脚色。監督はTV界で活躍し、これが初の映画となるブライアン・スパイサーが当たった。製作はTV版も手掛けたハイム・サバン、シュキ・レヴィ、スザンヌ・トッドの共同。撮影はポール・マーフィ、音楽は「タンク・ガール」のグレアム・レヴェルがスコアを書き、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ヴァン・ヘイレン、ディーヴォなどの挿入曲が流れる。美術は「キッチン・ウォーズ」のグレッグ・リターンズ、衣裳は「スターゲイト」のジョゼフ・ポロ。特殊効果スーパーバイザーはタッド・プライドが担当。出演はパワーレンジャー役の若手6人を中心に、「レイダース 失われたアーク」のポール・フリーマンらが脇を固める。「潜望鏡を上げろ」と2本立てで公開。日本語吹替版のみの上映。

監督
ブライアン・スパイサー
出演キャスト
カレン・アシュレイ ジョニー・ヨン・ボストン スティーヴ・カーデナス ジェイソン・デイヴィッド・フランク
1995年

さよならニッポン!

  • 1995年9月2日(土)公開
  • 出演(次森康夫 役)

日本のはるか南の島が独立宣言したことから巻き起こった騒動を描いた奇想天外なコメディ。監督は「中指姫 俺たちゃどうなる?」の堤幸彦(堤ユキヒコ)。脚本を加藤学生、撮影を「ラストソング」の加藤雄大が担当。音楽は元“FAIRCHILD”の戸田誠司。宮古島にて約2カ月に渡るロケーションの末、完成した。芸術文化振興基金助成作品。1995年6月3日大阪第七藝術劇場にて先行上映。

監督
堤幸彦
出演キャスト
緒形縁 藤真利子 上田耕一 左右田一平
1993年

中指姫 俺たちゃどうなる?

  • 1993年11月13日(土)公開
  • 出演(五月女四郎 役)

とことんツイてない男女三人が、次々と事件に巻き込まれていく様を描くスラップステイック調のロードムービー。秋元康の企画によりソウル・デュオとして人気を博しているバブルガム・ブラザーズの初主演作で、監督は「! [ai-ou]」の堤ユキヒコ。脚本はTVドラマ『ポケベルが鳴らなくて』などの遠藤察男、撮影は東原三郎が担当。二人と共演するのは映画初出演になる田中律子、その他、東幹久、久保田利伸をはじめとする人気俳優、タレント、ミュージシャンらが多数特別出演している。

監督
堤ユキヒコ
出演キャスト
ブラザー・コーン ブラザー・トム 田中律子 横山道代
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 穂積隆信