映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンク・アザリア

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2009年 まで合計12映画作品)

2009年

ナイト ミュージアム2

  • 2009年8月12日(水)公開
  • 出演(カームンラー 役)

真夜中の博物館で人形や恐竜の骨格といった展示物たちが大暴れするさまを描いた、ファンタジーの第2弾。今回は世界最大の博物館群、スミソニアンの展示物たちも動き出す!

監督
ショーン・レヴィ
出演キャスト
ベン・スティラー エイミー・アダムス オーウェン・ウィルソン ハンク・アザリア
2007年

ザ・シンプソンズ MOVIE

  • 2007年12月15日(土)公開
  • 出演(声・字幕版)(モ 役)

1987年に放映が始まった米テレビの長寿アニメ・シリーズの映画化。おバカなパパ、愛情あふれるママと3人の子供たちのシンプソン一家が、町を大騒動に巻き込む爆笑コメディ。

監督
デヴィッド・シルバーマン
出演キャスト
ダン・カステラネタ ジュリー・カヴナー Nancy Cartwright ヤードリー・スミス
2004年

ニュースの天才

  • 2004年11月27日(土)公開
  • 出演(Michael Kelly 役)

全米を騒然とさせた実話の映画化。大統領専用機にも配布される有名雑誌のジャーナリストが、ねつ造記事を作り上げていた衝撃の事実をスリリングに描き出す。

監督
ビリー・レイ
出演キャスト
ヘイデン・クリステンセン ピーター・サースガード クロエ・セヴィニー ハンク・アザリア
2002年

アメリカン・スウィートハート

  • 2002年3月2日(土)公開
  • 出演(Hector 役)

ハリウッドNo.1女優ジュリア・ロバーツ主演のキュートなサクセス・ストーリー。華やかな世界の傍観者だった女性が、恋の力で自分の殻を破り成長していく姿をさわやかに描く。

監督
ジョー・ロス
出演キャスト
ジュリア・ロバーツ キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョン・キューザック ビリー・クリスタル
2000年

クレイドル・ウィル・ロック

  • 2000年10月7日(土)公開
  • 出演(Marc Blitzstein 役)

 人気俳優T・ロビンスの監督による、実話をもとにした人間ドラマ。表現の自由のために立ち上がったアーティストたちの情熱あふれる姿を、実力派俳優共演で力強く描く。

監督
ティム・ロビンス
出演キャスト
ハンク・アザリア ルーベン・ブラデス ジョーン・キューザック ジョン・キューザック

ワイルド・スモーカーズ

  • 2000年1月22日(土)公開
  • 出演(Carter 役)

マリファナの自家栽培で荒稼ぎを企む男たちの姿をブラックな味わいで描くドラマ。監督は「パリス・トラウト」のスティーヴ・ギレンホール。脚本は「悪魔を憐れむ歌」のニコラス・カザンとギレンホール。原案はギレンホールとジョアナ・ラシン。製作はジェイソン・クラーク。製作総指揮はナオミ・フォナー、トム・ローゼンバーグ、シガージョン・サイヴァッソン、テッド・タネンバウム。撮影はグレッグ・ガーディナー。音楽は「ディープ・ブルー」のトレヴァー・ラビン。美術はリチャード・シャーマン。編集はマイケル・ジャブロウ。衣裳はジョゼフ・A・ポロ。出演は「狂っちゃいないぜ!」のビリー・ボブ・ソーントン、「セレブリティ」のハンク・アザリア、「Mr.マグー」のケリー・リンチ、「クルーエル・インテンションズ」のライアン・フィリップほか。

監督
スティーブン・ガイレンホール
出演キャスト
ビリー・ボブ・ソーントン ハンク・アザリア ケリー・リンチ ライアン・フィリップ
1999年

セレブリティ(1998)

  • 1999年8月14日(土)公開
  • 出演(David 役)

有名人の間で揺れ動く一組の元夫婦の人生模様をユーモラスに描き出した群像劇。監督・脚本は「地球は女で回ってる」のウディ・アレン。製作のジーン・ドゥーマニアン、製作総指揮のJ・E・ボーケーア、美術のサントロクアスト、編集のスーザン・E・モース、衣裳のスージー・ベルリンガーはアレン作品の常連。撮影は「ウディ・アレンの重罪と軽罪」などアレン作品は4作目となるスヴェン・ニクヴィスト。出演は「ヴァージン・フライト」のケネス・ブラナー、「地球は女で回ってる」のジュディ・デイヴィス、「エイリアン4」のウィノナ・ライダー、「パラサイト」のファムケ・ヤンセン、「アルビノ・アリゲーター」のジョー・マンテーニャ、「仮面の男」のレオナルド・ディカプリオ、「アナザー・デイ・イン・パラダイス」のメラニー・グリフィス、「マイティ・ジョー」のシャーリーズ・セロン、「パラサイト」のベベ・ニューワース、「GODZILLA ゴジラ」のハンク・アザリアとマイケル・ラーナーほか。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ケネス・ブラナー ジュディ・デイヴィス レオナルド・ディカプリオ メラニー・グリフィス
1998年

アナスタシア

  • 1998年8月29日(土)公開
  • 出演(声)(Bartok 役)

20世紀初頭、帝政ロシア最後の皇帝の末裔アナスタシアの冒険を描いたアニメーション大作。監督・製作はディズニー出身で「リトルフットの大冒険 謎の恐竜大陸」のドン・ブルースとゲーリー・ゴールドマンのコンビ。製作総指揮は「トイ・ストーリー」に参加したモーリーン・ドンリー。脚本はスーザン・ゴーシエ、ブルース・グラハム、「ノートルダムの鐘」のボブ・ズディカーとノニ・ホワイト、アニメーション脚色はエリック・タックマン。オリジナル・スコアは「ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合」のデイヴィッド・ニューマンが手掛け、劇中の歌は作詞をリン・アハーンズ、作曲をスティーヴン・フラハーティ。声の出演は「恋におぼれて」のメグ・ライアン、「真夜中のサバナ」のジョン・キューザック、「バードケージ」のハンク・アザリア、「美女と野獣」の名優アンジェラ・ランズベリー、「アダムス・ファミリー」のクリストファー・ロイドほか。

監督
ドン・ブルース ゲイリー・ゴールドマン
出演キャスト
メグ・ライアン ジョン・キューザック ケルシー・グラマー クリストファー・ロイド

GODZILLA/ゴジラ(1998・アメリカ)

  • 1998年7月11日(土)公開
  • 出演(Victor Animal Palotti 役)

日本が世界に誇る怪獣ゴジラ=GODZILLAをハリウッドでリメイクしたSF怪獣映画の大作。監督のローランド・エメリッヒ、製作のディーン・デヴリン以下、「インデペンデンス・デイ」のスタッフが再集結。エメリッヒとデヴリン、テッド・エリオットとテリー・ロッジオの原案を基に、エメリッヒとデヴリンが脚本を執筆。製作総指揮はローランド・エメリッヒとウテ・エメリッヒ、ウィリアム・フェイの共同。撮影はユーリ・スタイガー。音楽はデイヴィッド・アーノルド。美術はオリヴァー・スコール。編集はピーター・アマンドソンとデイヴィッド・シーゲル。衣裳はジョゼフ・ポロ。ヴィジュアル・エフェクツ監修はフォルカー・エングル。デジタル・エフェクツはフォオナ・ブル、セントロポリスFX、ヴィジョンアート。GODZILLAのデザインはパトリック・タトプロス。出演は「恋におぼれて」のマシュー・ブロデリック、「ロザンナのために」のジャン・レノ、「チャーリー」のマリア・ピティロ、「大いなる遺産」のハンク・アザリア、「チェーン・リアクション」のケヴィン・ダン、「ケロッグ博士」のマイケル・ラーナーほか。

監督
ローランド・エメリッヒ
出演キャスト
マシュー・ブロデリック ジャン・レノ マリア・ピティロ ハンク・アザリア

大いなる遺産(1997)

  • 1998年6月20日(土)公開
  • 出演(Walter Plane 役)

画家として成功を収めた青年の恋と成長と、彼の人生を変えた3人の男女との交流を描いたドラマ。文豪チャールズ・ディケンズによる同名作の、デイヴィッド・リーン監督版(46)に次ぐ二度目の映画化。監督は前作「リトル・プリンセス」では『小公女』の映画化を果たしたアルフォンソ・ケアロン。脚本はミッチ・グレイザー。製作は「ザ・ワイルド」のアート・リンソン。製作総指揮はデボラ・リー。撮影のエマニュエル・ルベスキ、音楽のパトリック・ドイル、編集のスティーヴン・ワイズバーグは「リトル・プリンセス」に続く参加。美術は「リチャード三世」(96)のトニー・バロー。衣裳はジュディアンナ・マコフスキー。主人公が描く絵画は気鋭の画家フランチェスコ・クレメンテ(エンド・クレジットで劇中で使用された彼の作品が映される)。出演は「ガタカ」のイーサン・ホーク、「Emma エマ」のグウィネス・パルトロウ、「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」のアン・バンクロフト、「ウワサの真相 ワグ・ザ・ドッグ」のロバート・デ・ニーロほか。

監督
アルフォンソ・キュアロン
出演キャスト
イーサン・ホーク グウィネス・パルトロウ ハンク・アザリア アン・バンクロフト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンク・アザリア