映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・シャドヤック

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2012年 まで合計7映画作品)

2012年

happy しあわせを探すあなたへ

  • 2012年5月12日(土)公開
  • 製作総指揮

「Genghis Blues」でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたロコ・ベリッチ監督が、人間の“幸福度”を高める鍵を読み解くことを試みたドキュメンタリー映画。4年を費やし、世界の5大陸16か国でロケを敢行、心理学や脳医学の世界的権威、ダライ・ラマ14世など様々な人々にインタビューした。

監督
ロコ・ベリッチ
出演キャスト
エド・ディーナー ソーニャ・リュボミアスキー ダニエル・ギルバート グレゴリー・バ ーンズ
2003年

ブルース・オールマイティ

  • 2003年12月20日(土)公開
  • 監督、製作

全米で今夏大ヒットを記録したコミカルなファンタジー。神となって思いのままにこの世を動かす男を「マジェスティック」のジム・キャリーが熱演。ハートフルな味わいが絶品。

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ジム・キャリー ジェニファー・アニストン モーガン・フリーマン リサ・アン・ウォルター

コーリング

  • 2003年5月31日(土)公開
  • 監督、製作

ケビン・コスナー主演によるオカルト風ファンタジー。愛妻に先立たれた医師の周囲で起こる超常現象の謎を描く。スリリングなドラマの果てにはロマンチックな感動が!

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ケヴィン・コスナー スザンナ・トンプソン ジョー・モートン ロン・リフキン
1999年

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー

  • 1999年3月20日(土)公開
  • 監督、エグゼクティブプロデューサー

ジョークを連発するユニークな療法で人々の心と体を癒す実在の精神科医パッチ・アダムスの若き日を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「ライアーライアー」のトム・シャドウイック。製作総指揮はシャドウィック、「ミセス・ダウト」のマーシャ・ガーデス・ウィリアムス。製作は「ニッキーとジーノ」のマイク・ファーレルとマービン・ミノフ、「ロミーとミシェルの場合」のバリー・ケンプ、「フェノミナン」のチャールズ・ニューワース。脚本は「ナッシング・トゥ・ルーズ」(監督も)のスティーヴ・オーデカーク。撮影は「マウス・ハント」のフェドン・パパマイケル。音楽は「イン&アウト」のマーク・シャイマン。美術は「ウルフ」のリンダ・デシーナ、編集は「ライアーライアー」のドン・ジマーマン。衣裳は「モンタナの風に抱かれて」のジュディ・ラスキン=ハウエル。出演は「グット・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムス、「コン・エアー」のモニカ・ポッターほか。

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ ダニエル・ロンドン モニカ・ポッター フィリップ・シーモア・ホフマン
1997年

ライアーライアー

  • 1997年6月14日(土)公開
  • 監督

突然ウソがつけなくなってしまった、やり手の弁護士の悪戦苦闘ぶりを描いたコメディ。「ケーブルガイ」のコメディアン、ジム・キャリーが出世作「エース・ベンチュラ」のトム・シャドヤック監督と3年ぶりに組み、得意の顔面演技や形態模写、オーバーアクトを披露して笑いを誘う。脚本は『リトル・ラスカルズ』(V)のポール・ガイとスティーヴン・マザールのコンビ。製作は「身代金」のブライアン・グレイザー、製作総指揮は「ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合」のジェームズ・D・ブルベイカー、マイケル・ボスティック。撮影は「ティン・カップ」のラッセル・ボイド、音楽は「サドン・デス」のジョン・デブニー、美術はリンダ・デシーナ、編集はドン・ジマーマン、衣裳はジュディ・L・ラスキン。共演は「真実の行方」のモーラ・ティアニー、「裏切」のジェニファー・ティリー、「ツイスター」のケイリー・エルウェス、「白蛇伝説」のアマンダ・ドノホー、「リアリティ・バイツ」のスージー・カーツ、TVドラマ『ER/緊急治療室』の子役で映画初出演のジャスティン・クーパーほか。

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ジム・キャリー Maura Tierney ジャスティン・クーパー ケアリー・エルウィス
1996年

ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合

  • 1996年9月7日(土)公開
  • 監督、脚本

新開発の薬品の効果で、超肥満体からスリムに変身した大学教授が巻き起こす騒動を描いたコメディ。往年のコメディアン、ジェリー・ルイスの傑作喜劇「底抜け大学教授」を、「ヴァンパイア・イン・ブルックリン」のエディ・マーフィ主演(一人七役)でリメイク。監督は「エース・ベンチュラ」のトム・シャドヤック。脚本はシャドヤック、「ジム・キャリーのエースにおまかせ!」の監督でもあるスティーヴ・オーデカーク、「星の王子ニューヨークへ行く」「ブーメラン」のデイヴィッド・シェフィールドとバリー・W・ブラウステインの共同。製作は「アポロ13」のブライアン・グレイザーと、ラップ・ミュージック界の巨匠で『クラッシュ・グルーブ』(V)などの映画も手掛けるラッセル・シモンズ。エグゼクティヴ・プロデューサーは、ジェリー・ルイス、カレン・ケーラ、マーク・リプスキー。撮影は「エース・ベンチュラ」のジュリオ・マカット、音楽は「ボーイズ・オン・ザ・サイド」のデイヴィッド・ニューマン、美術はウィリアム・エリオット、編集は「幸福の条件」のドン・ジンマーマン、衣裳は「マスク」のハー・グエン、視覚効果監修はジョン・ファーハット、特殊メイクは「バットマン・フォーエヴァー」のリック・ベイカーが担当。共演は「ポケットいっぱいの涙」のジェイダ・ピンケット、「イレイザー」のジェームズ・コバーンほか。

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
エディ・マーフィ ジェイダ・ピンケット・スミス ジェームズ・コバーン ラリー・ミラー
1994年

エース・ベンチュラ

  • 1994年10月15日(土)公開
  • 監督、脚本

得意の″顔面変化芸″で90年代最大のエンターテイナーの呼び声も高いジム・キャリーの初主演作で、ペット専門の私立探偵、エース・ベンチュラの珍無類の活躍を描いたアクション・コメディ。監督はスタンダップ・コメディアン出身でTVムービー『マイ・フレンド・フランケン』(V)を手掛け、本作が初の劇場用映画となるトム・シャドヤック、製作は「メジャーリーグ2」のジェームズ・G・ロビンソン。ジャック・バーンスタインの原案を、バーンスタイン、キャリー、シャドヤックが共同で脚色。撮影は「ホーム・アローン」のジュリオ・マカット、音楽は「裸の銃を持つ男」のアイラ・ニューボーン。巧みに使い分けた本物そっくりのイルカのプロップは「スプラッシュ」などで知られるSFXマン、ボブ・ショートが担当。共演は「ラブ・クライム 官能の罠」のショーン・ヤング、「Mr.デスティニー」のコートニー・コックス、「処女の生血」のウド・キアーらに加え、NFLのスーパースター、ダン・マリーノが本人の役で出演している。

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ジム・キャリー コートニー・コックス ショーン・ヤング ダン・マリーノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・シャドヤック