映画-Movie Walker > 人物を探す > レイチェル・ワイズ

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2019年 まで合計30映画作品)

2019年

女王陛下のお気に入り

  • 2019年2月15日(金)公開予定
  • 出演(Sarah Churchill 役)

第75回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞・女優賞受賞の歴史ドラマ。18世紀初頭、フランスと戦争中のイングランドで虚弱な女王アンを幼馴染のレディ・サラが操っていた。そこにサラの従妹で没落したアビゲイルが召使いとして参内し、サラと女王を惹きつける。監督は、「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のヨルゴス・ランティモス。出演は、「ラ・ラ・ランド」のエマ・ストーン、「否定と肯定」のレイチェル・ワイズ、「ロブスター」のオリヴィア・コールマン。

監督
ヨルゴス・ランティモス
出演キャスト
エマ・ストーン レイチェル・ワイズ オリヴィア・コールマン ニコラス・ホルト

喜望峰の風に乗せて

「キングスマン」のコリン・ファース主演、「博士と彼女のセオリー」のジェームズ・マーシュ監督による実話を基にした海洋冒険ドラマ。1968年、イギリスで開催されたヨットによる単独無寄港世界一周を競うレースに挑んだビジネスマンの苛烈な運命を映し出す。共演は「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ、「ワンダーウーマン」のデヴィッド・シューリス。脚本を「ボーン・アルティメイタム」「サイド・エフェクト」のスコット・Z・バーンズ、撮影を「モーターサイクル・ダイアリーズ」「イントゥ・ザ・ワイルド」のエリック・ゴーティエ、音楽を「ボーダーライン」「メッセージ」のヨハン・ヨハンソンが務める。

監督
ジェームズ・マーシュ
出演キャスト
コリン・ファース レイチェル・ワイズ デヴィッド・シューリス ケン・ストット
2017年

否定と肯定

  • 2017年12月8日(金)公開
  • 出演(デボラ・E・リップシュタット 役)

ナチスによる大量虐殺はなかったと主張するホロコースト否定論者とユダヤ人歴史学者が裁判で争い、世界中の注目を集めた実在の事件を映画化した法廷ドラマ。アメリカの法廷での戦い方との違いに戸惑いながらも、勝利のために歴史の真実に迫っていくヒロインをレイチェル・ワイズが演じる。監督は近年はドキュメンタリーを数多く手がけているミック・ジャクソン。

監督
ミック・ジャクソン
出演キャスト
レイチェル・ワイズ トム・ウィルキンソン ティモシー・スポール アンドリュー・スコット

光をくれた人

  • 2017年5月26日(金)公開
  • 出演(ハナ 役)

オーストラリア人作家、M・L・ステッドマンのベストセラー小説を『ブルー・バレンタイン』のデレク・シアンフランス監督が映画化したラブストーリー。オーストラリアの孤島で灯台守をする夫婦の身に起きる出来事が描かれる。主人公のトムをマイケル・ファスベンダー、その妻をアリシア・ヴィキャンデルが演じる。

監督
デレク・シアンフランス
出演キャスト
マイケル・ファスベンダー アリシア・ヴィキャンデル レイチェル・ワイズ ブライアン・ブラウン
2016年

グランドフィナーレ

  • 2016年4月16日(土)公開
  • 出演

名優マイケル・ケインが妻への愛や葛藤に悩むベテランの音楽家に扮し、人生最後の大舞台に挑む姿を描く、実話をベースにした人間ドラマ。監督は『グレート・ビューティー 追憶のローマ』で第86回アカデミー賞および第71回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞に輝いたイタリアの奇才パオロ・ソレンティーノ。

監督
パオロ・ソレンティーノ
出演キャスト
マイケル・ケイン ハーヴェイ・カイテル レイチェル・ワイズ ポール・ダノ

ロブスター

第68回カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝いた、コリン・ファレル主演のユニークなドラマ。パートナーを見つけるためにホテルに拘束された独身の男が、そこで体験する出来事や新たな恋の行方を描く。『籠の中の乙女』で第62回カンヌ国際映画祭、ある視点部門グランプリに輝いたギリシャ人のヨルゴス・ランティモスが監督を務める。

監督
ヨルゴス・ランティモス
出演キャスト
コリン・ファレル レイチェル・ワイズ ジェシカ・バーデン オリビア・コールマン
2013年

オズ はじまりの戦い

  • 2013年3月8日(金)公開
  • 出演(エヴァノラ 役)

ライマン・フランク・ボームの人気童話「オズの魔法使い」に登場する魔法使いオズ。『スパイダーマン』シリーズのサム・ライミ監督が、ディズニーとタッグを組み、ジェームズ・フランコを主演に迎え、その誕生秘話を描くアクション・ファンタジー。魔法の国を救うため、魔女たちとの戦いに挑むひとりの男の姿が描かれる。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
ジェームズ・フランコ ミシェル・ウィリアムズ レイチェル・ワイズ ミラ・クニス
2012年

ドリームハウス

  • 2012年11月23日(金)公開
  • 出演(リビー 役)

『マイ・レフトフット』など人間ドラマに定評のあるジム・シェリダン監督が、ダニエル・クレイグを主演に迎え、初めて挑んだサイコスリラー。父親以外全員が殺害されたといういわくつきの家に引っ越してきた一家に起きる奇怪な出来事の数々が描かれる。ダニエル・クレイグとレイチェル・ワイズは本作での夫婦役がきっかけで結婚した。

監督
ジム・シェリダン
出演キャスト
ダニエル・クレイグ ナオミ・ワッツ レイチェル・ワイズ マートン・ソーカス

ボーン・レガシー

  • 2012年9月28日(金)公開
  • 出演(マルタ・シェアリング博士 役)

マット・デイモン主演で人気を博した『ボーン』シリーズの流れを汲むサスペンス・アクション。政府の巨大な陰謀に巻き込まれていく男の運命が描かれる。『ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル』のジェレミー・レナーが、新たなるヒーロー、アーロン・クロスを独特の雰囲気で演じきる。

監督
トニー・ギルロイ
出演キャスト
ジェレミー・レナー レイチェル・ワイズ エドワード・ノートン ジョアン・アレン
2011年

アレクサンドリア

  • 2011年3月5日(土)公開
  • 出演(ピュパティア 役)

『海を飛ぶ夢』のアレハンドロ・アメナーバル監督によるスペクタクル史劇。4世紀のアレクサンドリアに実在した知性と美貌を併せ持つ天文学者ヒュパティアがたどる数奇な運命を、壮大なスケールで映し出す。ヒロインのヒュパティアを演じるのは、『ナイロビの蜂』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したレイチェル・ワイズ。

監督
アレハンドロ・アメナーバル
出演キャスト
レイチェル・ワイズ マックス・ミンゲラ オスカー・アイザック マイケル・ロンズデール

関連ニュース

ジェームズ・フランコ「良い人役は演じていてつまらない」
ジェームズ・フランコ「良い人役は演じていてつまらない」(2013年3月4日)

天は二物を与えずというが、ジェームズ・フランコは、二物どころか、マルチな才に恵まれている。『スパイダーマン』シリーズのハリー役で世界的にブレイクし、『127時間…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レイチェル・ワイズ