TOP > 映画監督・俳優を探す > ジェイ・ノヴェロ

年代別 映画作品( 1938年 ~ 1978年 まで合計19映画作品)

1955年

四十人の女盗賊

  • 1955年8月6日(土)
  • 出演(Jiddah 役)

「犯罪都市(1951)」のロバート・スパークスが1955年に製作したアラビアン・ナイトを基にした色彩映画。オーブリー・ウィスバーグとジャック・ポレックスフェンの脚本から「白銀の嶺」のテッド・テズラフが監督した。テクニカラー撮影は「太平洋戦争」のウィリアム・スナイダー、音楽は「恐喝の街」のヴィクター・ヤングである。出演者は「地獄の狼」のデール・ロバートソン、「我輩は新入生」のサリー・フォレスト、ストリップ・ティーザーのリリー・セント・シア、「賄賂」のヴィンセント・プライス、「バグダッドの黄金」のマリ・ブランチャードのほか、レオン・アスキン、ジェイ・ノヴェロ、それにアラビア出身のダンサーのネジラ・アテスなど。

監督
テッド・テズラフ
出演キャスト
デイル・ロバートソン サリー・フォレスト リリー・セント・シア ヴィンセント・プライス
1953年

聖衣

  • 1953年12月26日(土)
  • 出演(Tiro 役)

シネマスコープ方式によって撮影された第1回作品で、「快傑ダルド」のフランク・ロスが製作し、「人生模様」(第1話)のヘンリー・コスターが監督に当った。聖書に取材したロイド・C・ダグラスの原作を、「愛欲の十字路」のフィリップ・ダンが脚色した。撮影は「哀愁の湖」のレオン・シャムロイ、音楽は「わが心に歌えば」のアルフレッド・ニューマンの担当。主演は「砂漠の鼠」のリチャード・バートン、「悲恋の王女エリザベス」のジーン・シモンズ、「バグダッドの黄金」のヴィクター・マチュア、「五本の指」のマイケル・レニーで、舞台出身のジェイ・ロビンスン、ディーン・ジャガー「狙われた駅馬車」、トリン・サッチャー「砂漠の鼠」、リチャード・ブーン「綱渡りの男」、新人ベッタ・セント・ジョン、アーネスト・シージガー、ドーン・アダムスらが助演する。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
リチャード・バートン ジーン・シモンズ ヴィクター・マチュア マイケル・レニー

血ぬられし欲情

  • 1953年3月7日(土)
  • 出演(Judge_Crain 役)

「摩天楼」のヘンリー・ブランクが1952年に製作した活劇でポール・I・ウェルマンの原作小説を「モンタナ(1950)」のジェームズ・R・ウェッブが脚色、「拳銃無宿」のゴードン・ダグラスが監督した。撮影は「地球最後の日」のジョン・サイツ、音楽は「遠い太鼓」のマックス・スタイナーである。主演は「烙印」のアラン・ラッドと「ダニー・ケイの牛乳屋」のヴァージニア・メイヨで、「最後の無法者」のジョセフ・カレイア、フィリス・カーク、アルフ・シェーリン、ダグラス・ディックが助演。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
アラン・ラッド ヴァージニア・メイヨ ジョゼフ・キャレイア フィリス・カーク
1954年

十二哩の暗礁の下に

  • 1954年5月22日(土)
  • 出演(Sinan 役)

「高原の夕焼」のロバート・バスラーが製作したシネマスコー プ第3回作品で、海綿取り漁師の対立、その息子と娘の恋愛を描く1953年映画。A・I・ベゼリデスのオリジナル脚本からキャメラマン出身のロバート・D・ウェッブが監督した。撮影は「ゴールデン・コンドルの秘宝」のエドワード・クロンジェガー、音楽は「壮烈カイバー銃隊」のバーナード・ハーマン。「栄光何するものぞ」のロバート・ワグナー、「壮烈カイバー銃隊」のテリー・ムーア、「フランス航路」のギルバート・ローランド、「サスカチワンの狼火」のJ・キャロル・ナイシュ、リチャード・ブーンなどが出演している。

監督
ロバート・D・ウェッブ
出演キャスト
ロバート・ワグナー テリー・ムーア ギルバート・ローランド J・キャロル・ナイシュ

語らざる男

  • 1954年6月1日(火)
  • 出演(Herr_Bauer 役)

「8人の男を殺した女」のヘンリー・ブランクが1952年に製作した戦時活劇。アルヴィン・ジョゼフィと「銃の後に立つ男」のジョン・ツウィストの原作より「フェザー河の襲撃」のジェイムス・R・ウェッブとハロルド・メドフォードが脚色、「男性都市」のルイス・サイラーが監督した。撮影は「勇魂よ永遠に」のテッド・マッコード、音楽は「第2の機会」のロイ・ウェッブ。「西部の2国旗」のコーネル・ワイルド、「私は告白する」のカール・マルデン、「白熱(1949)」のスティーヴ・コクランをめぐって「スプリングフィールド銃」のフィリス・サクスター、ポール・ピサーニ、レスター・マシューズなどが出演する。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
コーネル・ワイルド カール・マルデン スティーヴ・コクラン フィリス・サクスター
1952年

海賊船長

  • 1952年11月25日(火)
  • 出演(Egyptian 役)

「海賊ブラッドの逆襲」と同じく、製作はハリー・ジョー・ブラウン、原作はラファエル・サバティニの小説で、監督には新進のラリフ・マーフィが当ったテクニカラー海洋活劇1952年度作品。脚色は同じく「海賊ブラッドの逆襲」のロバート・リボット、フランク・バート、それにジョン・メレディス・ルーカスが協力している。撮影は「剣侠ロビン」のチャールズ・ロートン・ジュニア、作曲は「オクラホマ無宿」のジョージ・ダニングの担当。主演は「海賊ブラッドの逆襲」のルイス・ヘイワードと「ヴァレンチノ」のパトリシア・メディナで、ジョン・サットン(「戦乱の花嫁」)、チャールズ・アーウィン、ジョージ・ギヴォットらが助演。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
ルイス・ヘイワード パトリシア・メディナ ジョン・サットン チャールズ・アーウィン
1958年

暴れ者

  • 1958年12月31日(水)
  • 出演(Sea_Captain 役)

英国作家ジェラルド・バトラーの『俺の手の血をキッスでぬぐえ』の映画化。監督は「快傑ゾロ(1958)」のノーマン・フォスター。脚色はレオナルド・バーコヴィッチ、それにベン・マドウ、ウォルター・バーンスタインが協力している。撮影監督は「野望に燃える男」のラッセル・メティ。第二次大戦中ナチス捕虜収容所で精神と肉体に傷を受けた男が、ロンドンでおかす犯罪の物語。音楽ミクロス・ローザ、美術ベルナルド・ヘルッブルン。出演者は「成功の甘き香り」のバート・ランカスター、「ある微笑」のジョーン・フォンテーン、「八十日間世界一周」の故ロバート・ニュートン、ルイス・L・ラッセル等。製作リチャード・ヴァーノン。黒白・スタンダードサイズ。1948年作品。

監督
ノーマン・フォスター
出演キャスト
ジョーン・フォンテーン バート・ランカスター ロバート・ニュートン ルイス・L・ラッセル
1947年

極楽闘牛士

  • 1947年1月
  • 出演(Luis 役)

「極楽二人組」「快賊ディアボロ」「極楽守備隊」等の極楽コンビ、スタン・ローレル、オリヴァー・ハーディーの1945年度作品で、監督はパラマウントの「紳士は金髪がお好き(1928)」「艦隊入港」等のマルコム・セント・クレア、脚色は『オペラのチャーリー・チャン』『スパイダー』等のW・スコット・ダーリング、撮影は「お人好しの仙女」「第三階段」『九十二番街の家』のノーバート・ブロダインが当たっている。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー Margo Woode リチャード・レーン
1938年

ブラウンの山賊狩

  • 1938年
  • 出演(Del_Valle 役)

「豪傑ブラウン」「ブラウンの空中戦」のジョー・E・ブラウンが主演する映画で、ダン・ジャーデットとA・ドリアン・オトヴォスが協力書卸したオリジナルを「暗黒街全滅」のジョセフ・モンキュア・マーチ、「豪傑ブラウン」のチャールズ・メイソン、「ブラウンの誕生日」のハリー・クローク及びエセル・ラ・ブランシュが協力して脚色し「夜間裁判」「ダム地獄」のフランク・マクドナルドが監督に当り、「豪傑ブラウン」のジョージ・シュナイダーマンが撮影した。助演者は「地球を駆ける男」「歌へ陽気に」のレオ・カリーロ、「大森林」のビヴァリー・ロバーツ、「犯罪集団」のウィン・ギブソン、「踊る海賊(1936)」のステフィ・デュナその他。

監督
フランク・マクドナルド
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン レオ・カリーロ ビヴァリー・ロバーツ ウィン・ギブソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジェイ・ノヴェロ

ムービーウォーカー 上へ戻る