映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョーイ・ローレン・アダムズ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2015年 まで合計7映画作品)

2015年

きみといた2日間

  • 2015年12月23日(水)公開
  • 出演(声)(Customer Service Agent (voice) 役)

結婚したカップルの1/3がネット経由での出会いという、アメリカの“ネット恋活”事情をリアルに描いたラブストーリー。「セッション」のマイルズ・テラーと「ラブ・アゲイン」のアナリー・ティプトンという注目の若手俳優2人が主演。「卒業」など数々の名作を送り出したマイク・ニコルズの息子マックス・ニコルズが、本作で長編監督デビュー。

監督
マックス・ニコルズ
出演キャスト
マイルズ・テラー アナリー・ティプトン ジェシカ・ゾー スコット・メスカディ
2002年

ビューティフル

  • 2002年1月26日(土)公開
  • 出演(ルビー 役)

2度のオスカーに輝く名女優サリー・フィールドの初監督作。夢のために母であることを放棄した女性と、自分の居場所を求める娘の愛と絆をハートフルに描く感動のドラマ。

監督
サリー・フィールド
出演キャスト
ミニ・ドライヴァー ジョーイ・ローレン・アダムズ ハリー・ケイト・イーゼンバーグ キャスリーン・ターナー
2000年

ビッグ・ダディ

  • 2000年6月17日(土)公開
  • 出演(Layla Maloney 役)

 全米で大人気の若手コメディアン、A・サンドラーがソニー役を大熱演。子供以上に幼稚な行動を連発するダメ男が繰り出す、数々の常識破りな子育て術は爆笑モノ!

監督
デニス・デューガン
出演キャスト
アダム・サンドラー Joey Lauren Adams ジョン・スチュワート コール・アンド・ディラン・スプラウス

クール・ドライ・プレイス

  • 2000年6月10日(土)公開
  • 出演(Beth 役)

 親子の愛情と家族の絆を問う心温まる感動の人間ドラマ。幼い息子を抱えたシングルファーザーが子育てに奔走し、子供と一緒に成長していく姿をリアルに描き出す。

監督
ジョン・N・スミス
出演キャスト
ヴィンス・ヴォーン ジョーイ・ローレン・アダムズ モニカ・ポッター ボビー・モート
1998年

チェイシング・エイミー

  • 1998年7月25日(土)公開
  • 出演(Alyssa Jones 役)

レズビアンの女の子に恋をした不器用な漫画家のタマゴの青年の姿を描いたラヴ・ストーリー。監督・脚本は『モール・ラッツ』(ビデオのみ)の新鋭ケヴィン・スミス(出演も)。製作はスコット・モージェ。撮影はスミスの監督第一作『The Clarks』のデイヴィッド・クライン。音楽はデイヴィッド・ピルナー。美術はロバート・ホルツマン。出演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のベン・アフレック、「マイケル」のジョーイ・ローレン・アダムズ、『モール・ラッツ』のジェイソン・リー、「フラート」のドワイト・ユエルほか。

監督
ケヴィン・スミス
出演キャスト
ベン・アフレック Joey Lauren Adams ジェイソン・リー ドワイト・ユーエル
1996年

スリープ・ウィズ・ミー

  • 1996年10月26日(土)公開
  • 出演(lauren 役)

友情と恋愛感情がこじれてとまどう親友同士の男女三人組の姿を描くロマンチック・コメディ。監督は「3人のゴースト」「アビス」などのカメラ助手を経て、本作で監督デビューしたロリー・ケリー。製作は「恋愛の法則」の監督マイケル・スタインバーグとロジャー・ヘッデン、そして本作には企画の初期から関わった、主演のエリック・ストルツ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョエル・カステルバーグ。脚本はケリー、ステインバーグとヘッデン、デュエイン・デル・アミーコ、ニール・ヒメネズ、ジョー・キーナンの共同。撮影は「レザボア・ドッグス」「パルプ・フィクション」「フォー・ルームス」の3作でクエンティン・タランティーノと組んで知られるアンジェイ・セクラ。音楽はデイヴィッド・ローレンス。美術はランディ・エリクソン、衣裳はイシス・ムセンデン、編集はデイヴィッド・モリッツがそれぞれ担当。主演は「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のエリック・ストルツ、「リバー・ランズ・スルー・イット」のクレイグ・シェーファー、テレビのミニ・シリーズ『堕ちた天使たち』(V)のメグ・ティリー。共演には「ヒート」のスーザン・トレイラー、「パーティー・ガール」のパーカー・ポージー、「ラジオ・デイズ」のトッド・フィールド、「バルセロナの恋人たち」のトーマス・ギブソン、「トラスト・ミー」のエイドリアン・シェリー。「パルプ・フィクション」の監督クエンティン・タランティーノがノー・クレジットで、パーティの客の映画マニア役でゲスト出演。

監督
ロリー・ケリー
出演キャスト
クレイグ・シェファー メグ・ティリー エリック・ストルツ トッド・フィールド
1995年

S.F.W.

  • 1995年4月15日(土)公開
  • 出演(Monica Dice 役)

テロリストの監禁事件に巻き込まれた末にメディアの英雄に祭り上げられた青年を主人公に、いわゆるジェネレーションXの冷めた感情と現代の世相をアイロニカルに描いた青春映画。ジェネレーションX小説の代表作と呼ばれるアンドリュー・ウェルマンの同名小説(邦訳・太田出版刊)を、UCLAの映画教授でもあり東京国際映画祭91で上映された『ドライブ』を監督したジェフリー・レヴィが映画化。脚本はレヴィとダニー・ルービンの共同。撮影は「ハウス・パーティー」「いとこのビニー」のピーター・デミング、音楽は「夢の涯てまでも」「クロウ 飛翔伝説」のグレアム・レヴェルが担当し、サウンドガーデン、スーサイダル・テンデンシーズなどのオルタナティヴ・ロックの挿入曲が全編に流れる。主演は「バック・ビート」のスティーブン・ドーフ。共演は「みんな愛してる」のリース・ウィザースプーン、俳優ゲイリー・ビジーの実子ジェイク・ビジーほか。

監督
ジェフリー・レヴィ
出演キャスト
スティーブン・ドーフ リース・ウィザースプーン ジェイク・ビジー Joey Lauren Adams
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョーイ・ローレン・アダムズ