映画-Movie Walker > 人物を探す > ミリアム・マーゴリーズ

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2007年 まで合計12映画作品)

2007年

ハッピー フィート

  • 2007年3月17日(土)公開
  • 出演(声)(ミセス・アストラカン 役)

「ベイブ」のクリエイターたちが3DCGアニメの限界に挑んだ、ハートフルなペンギン物語。主人公の声をイライジャ・ウッドが演じたほか、豪華俳優陣が声優を務めた話題作。

監督
ジョージ・ミラー ジュディ・モリス ウォーレン・コールマン
出演キャスト
イライジャ・ウッド ロビン・ウィリアムズ ブリタニー・マーフィ ヒュー・ジャックマン

華麗なる恋の舞台で

  • 2007年2月10日(土)公開
  • 出演(ドリ・ドゥ・ヴリス 役)

ベテラン女優、アネット・ベニング主演の大人のラブ・ストーリー。マンネリ化した人生に刺激を求める舞台女優の波乱万丈な恋のてん末を、軽やかにつづる痛快作だ。

監督
イシュトヴァーン・サボー
出演キャスト
アネット・ベニング ジェレミー・アイアンズ ブルース・グリーンウッド ミリアム・マーゴリーズ
2005年

ラヴェンダーの咲く庭で

  • 2005年6月4日(土)公開
  • 出演(ドルカス 役)

英国の美しい海辺の町を舞台に、美青年に心を奪われた初老女性の淡い恋をつづった、心温まるラブ・ストーリー。主演はアカデミー賞受賞歴のある2大名女優、ジュディ・デンチ&マギー・スミス。

監督
チャールズ・ダンス
出演キャスト
ジュディ・デンチ マギー・スミス ダニエル・ブリュール ミリアム・マーゴリーズ

ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方

  • 2005年1月29日(土)公開
  • 出演(Peg Sellers 役)

往年の喜劇俳優ピーター・セラーズの生涯をつづる物語。名声を得る一方、芸への葛藤や病魔に悩み、女性遍歴を重ねた彼のドラマチックな私生活が語られる。

監督
スティーヴン・ホプキンス
出演キャスト
ジェフリー・ラッシュ シャーリーズ・セロン ジョン・リスゴー ミリアム・マーゴリーズ
2002年

ハリー・ポッターと秘密の部屋

  • 2002年11月23日(土)公開
  • 出演(ポモーナ・スプラウト 役)

世界中で大ヒットしたマジカル・ファンタジー・シリーズ第2作。ホグワーツ魔法魔術学校に伝わる秘密の部屋をめぐり、12歳になったハリーの冒険がスリリングに展開!

監督
クリス・コロンバス
出演キャスト
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン トム・フェルトン
2001年

キャッツ&ドッグス

  • 2001年10月20日(土)公開
  • 出演(Sophie 役)

リビング・ルームで繰り広げられる猫と犬の闘いを描く痛快コメディの日本語吹替版。ビーグル小犬ルーの吹替をテレビアニメ「クレヨンしんちゃん」の矢島晶子が担当。

監督
ローレンス・グーターマン
出演キャスト
ジェフ・ゴールドブラム エリザベス・パーキンス アレクサンダー・ポラック ミリアム・マーゴリーズ
1999年

ベイブ 都会へ行く

  • 1999年3月6日(土)公開
  • 出演(声)(Fly 役)

世にも珍しい牧羊豚の成長物語「ベイブ」の続編。本作では豚のベイブが農場経営資金を捻出するために出稼ぎに出た都会で、路頭に迷う動物たちを救う大活躍。監督・製作・脚本は「ベイブ」(製作)「ロレンツォのオイル」のジョージ・ミラー。共同脚本はジュディ・モリス、マーク・ランプレル。製作総指揮は「ダーク・シティ」(共同製作)のバーバラ・ギブス。製作のダグ・ミッチェルとビル・ミラー、音楽のナイジェル・ウェストレイク、ー・フォード。編集のジェイ・フリードキンとマーガレット・シクセルは前作に続く参加。撮影は「ロングウェイ・ホーム」のアンドリュー・レスニー。美術は「ロングウェイ・ホーム」のロジャ。衣裳は「D.N.A.」のノーマ・モリソー。キャラクター制作はディック・キング=スミス。アニマトロニクスはニール・スキャンラン・スタジオ。アニマル・アクションはカール・ルイス・ミラー。出演は前作に続きナグダ・ズバンスキー、のジェームス・クロムウェル(「ディープ・インパクト」)ほか。

監督
ジョージ・ミラー
出演キャスト
マグダ・ズバンスキー ジェームズ・クロムウェル モニカ・ポッター メアリー・ステイン
1997年

ロミオ&ジュリエット

  • 1997年4月19日(土)公開
  • 出演(Nurse 役)

四世紀にも渡り演出家・俳優たちの創造力を刺激し続けてきた近代劇の祖シェイクスピア。その代表的悲恋物語『ロミオとジュリエット』は、フランコ・ゼフィレッリ監督版(68)をはじめ、ロバート・ワイズ監督による翻案「ウエスト・サイド物語」(61)など、とりわけ好まれて映画化されてきた題材。その90年代版決定打と呼ぶべき本作の監督は、処女作「ダンシング・ヒーロー」で注目されたオーストラリア出身の俊英バズ・ラーマン。2作目となる本作は、主演ロミオ役に「バスケットボール・ダイアリーズ」のレオナルド・ディカプリオを迎え、満を持してのハリウッド進出。ジュリエットには、世界規模のオーディションの末「若草物語」のクレア・デーンズが起用された。原作の台詞を生かしつつ、映像では大胆に現在の風景を紡いでいく脚色は、ラーマン自身と盟友クレイグ・ピアース。製作はラーマンと「エム・バタフライ」のガブリエラ・マルティネリ。スピーディーな映像表現に貢献したのは、撮影のドナルド・M・マカルパイン(「今そこにある危機」)と編集のジル・ビルコック(「キルトに綴る愛」)。ピアース、ビルコックと、美術のキャサリン・マーティン、衣裳のキム・バレットは、「ダンシング・ヒーロー」に続いての参加。もう一つラーマンの「誇張された青春映画」スタイルに欠かせない音楽は、「バットマン・フォーエヴァー」の才人ネリー・フーパー。カーディガンズ、ガービッジ、レディオヘッドら、旬のバンドが時代の空気を表現している。共演として「ザ・ファン」のジョン・レグイザモ、「クルーレス」のポール・ラッド、「スモーク」のハロルド・ペリノー、「ヒート」のダイアン・ヴェノーラ、「ニクソン」のポール・ソルヴィノ、「推定無罪」のブライアン・デネヒー、「エイジ・オブ・イノセンス」のミリアム・マーゴルイズ、「ジャイアント・ピーチ」のピート・ポスルスウェイトと、多彩なキャストが脇を固める。

監督
バズ・ラーマン
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ クレア・デインズ ジョン・レグイザモ ポール・ラッド
1996年

ジャイアント・ピーチ

  • 1996年12月14日(土)公開
  • 出演(Glowworm 役)、出演(Aunt Sponge 役)

巨大な桃に乗った少年の冒険を描いた、ファンタスティックな長編ストップモーション・アニメーション。「チキ・チキ・バンバン」などの映画脚本でも知られる作家ロアルド・ダールの童話『おばけ桃の冒険』(評論社刊)を、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の監督ヘンリー・セリックと製作ティム・バートンのコンビが映画化。冒頭とラストに実写映像を導入することで、本編のファンタジー色を強調することに成功している。総勢130人にも上るチームが2年にわたる緻密な作業を重ねた、昔ながらのストップモーション・アニメーションとCGIやデジタル効果など最新テクノロジーとを組み合わせた映像が魅惑的。製作のデニーズ・ディ・ノヴィとバートン、撮影のピート・コザチクは前作に続いての参加。ほかに、カーリー・カートパトリック、ジョナサン・ロバーツ、スティーヴ・ブルームの共同脚本。撮影は「アライバル 侵略者」のヒロ・ナリタ。音楽は「トイ・ストーリー」のランディ・ニューマン、美術は「インナースペース」のハーレイ・ジェサップ、コンセプチュアル・デザインは児童文学の挿絵画家として著名なレーン・スミスが担当。主演は数百人の候補者から選ばれたポール・テリーで、アニメ・パートの声の出演も果たしている。共演は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のミリアム・マーゴリーズ、「旅する女 シャーリー・バレンタイン」のジョアンナ・ラムリー(声の出演も)、「ドラゴンハート」のピート・ポスルスウェイトほか。声の出演は「デッドマン・ウォーキング」のスーザン・サランドン、「陽のあたる教室」のリチャード・ドレイファス、「太陽と月に背いて」のデイヴィッド・シューリスほか。なお、ティム・バートンの処女短編「ビンセント」が同時上映された。

監督
ヘンリー・セリック
出演キャスト
ポール・テリー スーザン・サランドン リチャード・ドレイファス ジェーン・リーヴス

ベイブ

  • 1996年3月9日(土)公開
  • 出演(声)(Fly(VOICE) 役)

立派な牧羊犬ならぬ牧羊豚になることを夢見る無垢な子ブタの奮闘を描く感動作。500匹にも上る本物とSFXを巧みに組み合わせた、動物たちの“演技”がみごと。イギリスの童話作家ディック・キング・スミスの『The Sheep-Pig』を、「マッドマックス」シリーズや「ロレンツォのオイル 命の詩」のジョージ・ミラーの製作・脚本で映画化。監督は本作が初の劇場用映画となるオーストラリアの監督、クリス・ヌーナンがあたった。脚本はミラーとヌーナン、製作はミラー、ダグ・ミッチェル、ビル・ミラー。撮影はアンドリュー・レズニー、音楽はナイジェル・ウェストレイク、美術はロジャー・フォード、編集はマーカス・ダルシーとジェイ・フリードキン。アニマトロニクス(ロボット)製作はジム・ヘンソンズ・クリーチャー・ショップ、動物演技指導は「ベートーベン」シリーズのカール・ルイス・ミラーが担当。出演は「名探偵登場」「ピンク・キャデラック」のジェームズ・クロムウェル、オーストラリアのトップ・コメディエンヌのマグダ・ズバンスキーほか。第68回アカデミー視覚効果賞、全米批評家協会最優秀作品賞受賞。

監督
クリス・ヌーナン
出演キャスト
ジェームズ・クロムウェル マグダ・ズバンスキー クリスティン・カヴァナー ミリアム・マーゴリーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミリアム・マーゴリーズ