映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘンリー・セリック

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2006年 まで合計5映画作品)

2006年

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル3-D

ティム・バートン原案・製作によるストップモーション・アニメの傑作が、最新デジタル技術で迫力のある3D映像となって復活! クリスマスに憧れるハロウィンの王様の物語だ。

監督
ヘンリー・セリック
出演キャスト
クリス・サランドン キャサリン・オハラ ウィリアム・ヒッキー ポール・ルーベンス
2005年

ライフ・アクアティック

  • 2005年5月7日(土)公開
  • 視覚効果

「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のウェス・アンダーソン監督最新作。クセ者ぞろいのクルーを率いる海洋探検家の波乱万丈の航海を描く。主演はベテラン、ビル・マーレー。

監督
ウェス・アンダーソン
出演キャスト
ビル・マーレイ オーウェン・ウィルソン ケイト・ブランシェット アンジェリカ・ヒューストン
2001年

モンキーボーン

  • 2001年12月7日(金)公開
  • 監督、エグゼクティブプロデューサー

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のヘンリー・セリック監督が、再びブラックユーモア満点のファンタジーを創出。ブレンダン・フレイザーとCGクリーチャーの共演も見ものだ。

監督
ヘンリー・セリック
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー ウーピー・ゴールドバーグ ブリジット・フォンダ クリス・カタン
1996年

ジャイアント・ピーチ

  • 1996年12月14日(土)公開
  • 監督、共同製作

巨大な桃に乗った少年の冒険を描いた、ファンタスティックな長編ストップモーション・アニメーション。「チキ・チキ・バンバン」などの映画脚本でも知られる作家ロアルド・ダールの童話『おばけ桃の冒険』(評論社刊)を、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の監督ヘンリー・セリックと製作ティム・バートンのコンビが映画化。冒頭とラストに実写映像を導入することで、本編のファンタジー色を強調することに成功している。総勢130人にも上るチームが2年にわたる緻密な作業を重ねた、昔ながらのストップモーション・アニメーションとCGIやデジタル効果など最新テクノロジーとを組み合わせた映像が魅惑的。製作のデニーズ・ディ・ノヴィとバートン、撮影のピート・コザチクは前作に続いての参加。ほかに、カーリー・カートパトリック、ジョナサン・ロバーツ、スティーヴ・ブルームの共同脚本。撮影は「アライバル 侵略者」のヒロ・ナリタ。音楽は「トイ・ストーリー」のランディ・ニューマン、美術は「インナースペース」のハーレイ・ジェサップ、コンセプチュアル・デザインは児童文学の挿絵画家として著名なレーン・スミスが担当。主演は数百人の候補者から選ばれたポール・テリーで、アニメ・パートの声の出演も果たしている。共演は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のミリアム・マーゴリーズ、「旅する女 シャーリー・バレンタイン」のジョアンナ・ラムリー(声の出演も)、「ドラゴンハート」のピート・ポスルスウェイトほか。声の出演は「デッドマン・ウォーキング」のスーザン・サランドン、「陽のあたる教室」のリチャード・ドレイファス、「太陽と月に背いて」のデイヴィッド・シューリスほか。なお、ティム・バートンの処女短編「ビンセント」が同時上映された。

監督
ヘンリー・セリック
出演キャスト
ポール・テリー スーザン・サランドン リチャード・ドレイファス ジェーン・リーヴス
1994年

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス

  • 1994年10月22日(土)公開
  • 監督

恐怖と怪奇に彩られた異世界で愛や優しさと無縁に育った青年が本当の愛に目覚めるまでを、美しい音楽と映像でグロテスクかつメルヘンチックに描いたファンタジー。「ビートルジュース」「シザーハンズ」「バットマン(1989)」のヒットメーカー、ティム・バートンがディズニー・スタジオ在籍中から温めていた企画(当初はTVススペシャル用)で、全編ストップモーション・アニメーションを使用した意欲作。またモーション・コントロール・カメラの導入やコンピュータでキャラクターの表情の変化をシミュレーションするなど、最新のデジタル技術を駆使し、従来の人形アニメにない大胆で斬新な映像が実現した。原案・キャラクター設定はティム・バートン、監督はバートンのディズニー時代からの盟友でMTVやCMで活躍するヘンリー・セリック。製作はバートンと「バットマン リターンズ」のデニーズ・ディ・ノヴィ、脚本は「シザーハンズ」のキャロライン・トンプソン、撮影はピート・コザチク。バートン作品には欠かせないダニー・エルフマンが作詞・作曲、主人公ジャックの歌を手掛け、さらに端役で声の出演も果たしている。声の出演は「フライトナイト」のクリス・サランドン、「ホーム・アローン」シリーズのキャサリン・オハラほか。

監督
ヘンリー・セリック
出演キャスト
クリス・サランドン ダニー・エルフマン キャサリン・オハラ ウィリアム・ヒッキー

関連ニュース

目玉がボタンに変えられちゃう!?奇想天外な世界へようこそ
目玉がボタンに変えられちゃう!?奇想天外な世界へようこそ(2010年1月23日)

2月19日(金)より公開の『コララインとボタンの魔女 3D』は、パラレルワールドに迷い込んだ少女が、二つの世界を行き来しながら大冒険を繰り広げるさまを描いたファ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヘンリー・セリック