映画-Movie Walker > 人物を探す > G・マック・ブラウン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2018年 まで合計9映画作品)

2018年

ダークタワー

  • 2018年1月27日(土)公開
  • 製作総指揮

モダンホラーの帝王と呼ばれるスティーヴン・キングの人気小説を映画化したSFアクション。世界の平和を保つ塔であるダークタワーを守る戦士ガンスリンガーと、塔の破壊を目論む黒衣の男との壮絶なバトルが繰り広げられる。劇中に意外な形で登場する『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のペニーワイズら、他のキング作品との関係性も見られる。

監督
ニコライ・アーセル
出演キャスト
イドリス・エルバ マシュー・マコノヒー トム・テイラー クローディア・キム
2009年

オーストラリア

  • 2009年2月28日(土)公開
  • 製作

ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマンの2大スターが魅せるスペクタクル・ロマン。彼らの母国、豪州の大自然をバックに、情熱的な愛と冒険のドラマが展開していく。

監督
バズ・ラーマン
出演キャスト
ニコール・キッドマン ヒュー・ジャックマン デヴィッド・ウェンハム ブライアン・ブラウン
2007年

ディパーテッド

  • 2007年1月20日(土)公開
  • 製作総指揮

香港の犯罪ドラマ「インファナル・アフェア」をマーチン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオ&マット・デイモン主演でリメイク。警察とマフィア、それぞれの組織に潜入した2人の男の運命を描く。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン マーク・ウォルバーグ
2005年

ザ・インタープリター

  • 2005年5月21日(土)公開
  • 製作総指揮

アカデミー賞に輝く名優、ニコール・キッドマン&ショーン・ペンの共演で魅せるサスペンス。国家機密の陰謀を知ってしまった女性と、彼女を警護する捜査官の奔走をスリリングに描出。

監督
シドニー・ポラック
出演キャスト
ニコール・キッドマン ショーン・ペン キャサリン・キーナー イェスパー・クリステンセン
2003年

運命の女

  • 2003年1月11日(土)公開
  • 製作

「危険な情事」のエイドリアン・ライン監督が、リチャード・ギア&ダイアン・レイン主演で描く衝撃のサスペンス。年下青年との情事におぼれる妻と、妻の不倫を知った夫の葛藤をスリリングに描く。

監督
エイドリアン・ライン
出演キャスト
リチャード・ギア ダイアン・レイン オリヴィエ・マルティネス エリック・ペア・サリヴァン
2001年

ラッキー・ナンバー

  • 2001年4月21日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

ジョン・トラボルタら個性派俳優が競演する、スラップスティック・タッチの群像劇。ナンバーくじ賞金獲得をめぐり、悪戦苦闘する男女と周囲の人間模様をユーモラスに描く。

監督
ノーラ・エフロン
出演キャスト
ジョン・トラヴォルタ リサ・クドロー ティム・ロス エド・オニール
1999年

グロリア(1998)

  • 1999年9月11日(土)公開
  • エクゼクティブ・プロデューサー

マフィアに命を狙われる少年と逃避行を続ける女性の奮戦を描いたサスペンス。ジョン・カサヴェテスの同名作(80年)のリメイクでオリジナルを現代風にアレンジ、ヒロインはシャロン・ストーン(「マイ・フレンド・メモリー」)が演じ、監督には「NY検事局」のヴェテラン、シドニー・ルメットが起用された。脚本はスティーヴン・アンティン。製作は「ティン・カップ」のゲーリー・フォスター、「レインマン」のリー・リッチ。製作総指揮はG・マック・ブラウンとチャック・ビンダー。撮影は「NY検事局」のデイヴィッド・ワトキン。音楽は「ゲーム」のハワード・ショア。美術はメル・ボールン。編集はトム・スワートウート。衣裳は『ロバート・アルトマンのジャズ』(NHK~BSで放映)のドナ・グラナータ。共演は新星のジーン・ルーク・フィゲロア、「ミミック」のジェレミー・ノーザム、「冷たい月を抱く女」のジョージ・C・スコットほか。

監督
シドニー・ルメット
出演キャスト
シャロン・ストーン ジーンルーク・フィゲロア ジェレミー・ノーザム キャシー・モリアーティ

ユー・ガット・メール

  • 1999年2月11日(木)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

インターネットで知り合った男女の運命的な恋を描いたラブ・ストーリー。「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロン監督、主演のトム・ハンクスとメグ・ライアンが再び顔を合わせた作品。監督は「マイケル」のノーラ・エフロンで、脚本は同作に続いて姉デリア・エフロンとの共同。製作はノーラ、「ボルケーノ」のローレン・シュラー・ドナー。製作総指揮はデリア、「陰謀のセオリー」のジュリー・ダーク、「マイケル」のG・マクブラウン。撮影も同作のジョン・リンドレイ、音楽は「カルラの歌」のジョージ・フェントン、美術は「マイケル」のダン・デイヴィス、編集は「恋愛小説家」のリチャード・マクス、衣裳は「ジャッカル」のアルバート・ウォルスキー。主演は「プライベート・ライアン」のトム・ハンクスと「シティ・オブ・エンジェル」のメグ・ライアン。共演は「フラート」のパーカー・ポージー、「マイケル」のジーン・ステイプルトン、「恋愛小説家」のグレッグ・キニアほか。

監督
ノーラ・エフロン
出演キャスト
トム・ハンクス メグ・ライアン パーカー・ポージー ジーン・ステイプルトン
1996年

3人のエンジェル

  • 1996年6月8日(土)公開
  • 製作

大陸横断の旅に出た心優しき3人のドラッグ・クイーン(女装のゲイ)の珍道中を描いたハートフル・コメディ。主演の3人の男優たちの女装ぶりと演技力、そしてそれを支える確かな演出が見どころ。監督は「迷子の大人たち」の女性監督ビーバン・キドロン。脚本はオフ・ブロードウェイの舞台出身で、これが初の劇場用映画となるダグラス・カーター・ビーン、製作は「きっと忘れない」のG・マック・ブラウン、エグゼクティヴ・プロデューサーはブルース・コーエン。撮影は「ダンシング・ヒーロー」のスティーヴ・メイソン、美術は「ブロンクス物語」のウィン・トーマス、編集はアンドリュー・モンドシェイン、カラフルな衣裳は「激流」のマルレーネ・スチュワート。音楽はレイチェル・ポートマンがスコアを書き、ハッピー・ウォルターズとピラー・マッカリーの監修の下、チャカ・カーンの『Free Yourself』、TVドラマ『ワンダーウーマン』のテーマなどのヒット曲が旅を盛り上げる。また、絢爛たるステージ場面の振付は「ダンシング・ヒーロー」のケニー・オルテガが担当。主演は「シティ・オブ・ジョイ」のパトリック・スウェイジ、「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス、「カリートの道」のジョン・レグイザモ。この演技で、スウェイジはゴールデン・グローブ賞主演男優賞、レグイザモも同じく助演男優賞にノミネートされた。共演は「アンカーウーマン」のストッカード・チャニング、「サウス・キャロライナ 愛と追憶の彼方」のブライス・ダナー、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のアーリス・ハワード、「トゥルー・ロマンス」のクリス・ペン、「クルックリン」にも出演したドラッグ・クイーンのル・ポールほか。また、TVドラマ『バットマン』の初代キャット・ウーマン役で有名な往年のグラマー女優ジュリー・ニューマーが彼女自身の役で出演し、「9か月」のロビン・ウィリアムズがカメオ出演している。

監督
ビーバン・キドロン
出演キャスト
パトリック・スウェイジ ウェズリー・スナイプス ジョン・レグイザモ ストッカード・チャニング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > G・マック・ブラウン