映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・フォラーニ

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2017年 まで合計11映画作品)

2017年

タワーリング・ダウン

  • 2017年11月4日(土)
  • 出演(Brianna Bronson 役)

「レッド・ダイヤモンド」のクレア・フォーラニ主演のパニック・アクション。離婚寸前のブロンソン夫妻は突然発生した高層ビルの巨大火災に巻き込まれ、60階に閉じ込められる。そのビルには二人の子供たちもおり、ブロンソンは決死の救出に乗り出す。出演は、ドラマ『S.A.S. 英国特殊部隊』のジェイミー・バンパー。監督は、「フェリシーと夢のトウシューズ」のエリック・サマー。特集企画『のむコレ』にて上映。

監督
エリック・サマー
出演キャスト
クレア・フォラーニ ジェイミー・バンバー

レッド・ダイヤモンド

  • 2017年2月4日(土)
  • 出演(Karen 役)

ブルース・ウィリスが悪役を演じる犯罪アクション。凄腕の泥棒ジャックの元に、元相棒で恋人のカレンが現れる。カレンは仕事をしくじり、犯罪組織のボス、エディに追われていた。ジャックは彼女の仕事を手伝うが、エディの放った刺客が彼らを襲う。出演は、「タイム・トゥ・ラン」のマーク・ポール=ゴスラー、「ジョー・ブラックをよろしく」のクレア・フォラーニ。監督は、「エクストラクション」脚本のマックス・アダムス。未体験ゾーンの映画たち 2017で上映。

監督
マックス・アダムス
出演キャスト
ブルース・ウィリス マーク・ポール・ゴスラー クレア・フォラーニ ジェナ・B・ケリー
2006年

フーリガン

  • 2006年6月17日(土)
  • 出演(シャノン・ダナム 役)

サッカーの凶暴なサポーター“フーリガン”を題材にした青春映画。異国の地で暴力に魅せられていく若者を主人公に、激しい抗争と男の友情のドラマが展開する。

監督
レクシー・アレキサンダー
出演キャスト
デイヴィッド・アレキサンダー オリバー・アリソン ジェイムズ・アリソン ジョエル・バケット
2004年

メダリオン

  • 2004年6月19日(土)
  • 出演(NicoleJames 役)

ジャッキー・チェン主演最新作。超人的パワーをもたらすメダルをめぐり、熱血刑事と悪の組織が過激なバトルを展開する。最新VFXと融合したジャッキーのカンフーは圧巻!

監督
ゴードン・チャン
出演キャスト
ジャッキー・チェン クレア・フォラーニ リー・エヴァンス ジュリアン・サンズ
2001年

サベイランス 監視

  • 2001年11月17日(土)
  • 出演(クレア・フォラーニ 役)

デジタル企業による陰謀を解き明かした現代的なサスペンス。若きプログラマーを襲った危機を描く。コンピューター社会に起こり得る、プライバシー侵害の恐怖は強烈。

監督
ピーター・ハウィット
出演キャスト
ライアン・フィリップ レイチェル・リー・クック クレア・フォラーニ ティム・ロビンス
1999年

バジル

  • 1999年2月27日(土)
  • 出演(Julia Sherwin 役)

ヴィクトリア朝を舞台に、ある青年貴族がたどる数奇な運命を描くミステリーロマン。『月長石』で知られる作家ウィを、「フラッド」のクリスチャン・スレーター(本作では準主演)が、監督・脚本に「クローゼット・ランド」のラダ・バラドワジを迎え、共同プロデュースにより映画化。撮影は「オセロ」(96)のデイヴィッド・ジョンソン。音楽はリチャード・G・ミッシェル。美術は「サロメ」のジェームズ・メリフィールド。編集はクレイグ・ニスカー。衣裳はデアドレ・クランシー。出演は「キルトに綴る愛」の新鋭ジャレッド・レト、「ジョー・ブラックによろしく」のクレア・フォーラニ、「ハムレット」のテレク・ジャコビほか。

監督
ラダ・バラドワジ
出演キャスト
クリスチャン・スレーター ジャレッド・レト クレア・フォラーニ デレク・ジャコビ
1998年

ジョー・ブラックをよろしく

  • 1998年12月19日(土)
  • 出演(Susan Parrish 役)

死神と人間の女性が紡ぎ出すファンタスティックなラヴストーリー。監督・製作は「セント・オブ・ウーマン夢の香り」のマーティン・ブレスト。脚本は「フリントストーン」のロン・オズボーンとジェフ・レノ、「ジュニア」のケビン・ウェイド、「訣別の街」のボー・ゴールドマン。撮影は「大いなる遺産」のエマニュエル・ルベズキ。音楽は「モンタナの風に抱かれて」のトーマス・ニューマン。美術は「カジノ」のダンテ・フェレッティ。編集はジョー・ハッシングとマイケル・トロニック。衣裳は「フェイク」のオード=ブロンソン・ハワードとデイヴィッド・ロビンソン。出演は「セブン・イヤーズ・イン・チベット」のブラッド・ピット、「バスキア」のクレア・フォラーニ、「マスク・オブ・ゾロ」のアンソニー・ホプキンス他。

監督
マーティン・ブレスト
出演キャスト
ブラッド・ピット アンソニー・ホプキンス クレア・フォラーニ マーシャ・ゲイ・ハーデン
1997年

死にたいほどの夜

  • 1997年12月13日(土)
  • 出演(Joan 役)

ジャック・ケルアック著「路上」に登場するディーン・モリアーティのモデルとなった伝説の男、ニール・キャサディの若き日を描く青春映画。監督・脚本はこれがデビューとなるスティーヴン・ケイ。製作はエドワード・ベイツ、「トゥルー・ロマンス」のルイーズ・ローズナーほか。撮影は「サーチ&デストロイ」のボビー・ブコウスキー。編集は「リトル・オデッサ」のドリアン・ハリス。出演は「ネメシス」のトーマス・ジェーン、「フィーリング・ミネソタ」のキアヌ・リーヴス、エイドリアン・ブロディ、ジョン・ドー、「バスキア」のクレア・フォーラニ、ジム・ヘイニー、マーグ・ヘルゲンバーガー、ルシンダ・ジェニー、「フェイク」のグレッチェン・モルほか。

監督
スティーヴン・ケイ
出演キャスト
トーマス・ジェイン キアヌ・リーヴス エイドリアン・ブロディ ジョン・ドー

バスキア

  • 1997年6月7日(土)
  • 出演(Gina Cardinale 役)

多くの人に愛されながら、27歳の若さで他界した天才画家ジャン=ミシェル・バスキアの生涯を、彼が駆け抜けた80年代のホットなNYアートシーンを背景に描いた伝記映画。レヒ・マジュースキーの原案にマイケル・トーマス・ホールマンが手を加え、バスキアの親友で、本作が初の映画となるアート界のスター、ジュリアン・シュナーベルの監督・脚本で映画化。製作は「デッドマン・ウォーキング」のジョン・キリク、「ザ・ファーム/法律事務所」のランディ・オストロウ、「水曜日に抱かれる女」のジョニー・サイヴァッソン。製作総指揮はピーター・ブラント、ジョゼフ・アレン、ミチヨ・ヨシザキ。撮影はロン・フォーチュナト、音楽はジョン・ケイルがスコアを書き、彼やデイヴィッド・ボウイ、PIL、PJ・ハーヴェイ、ローリング・ストーンズ、ブライアン・イーノ、ポーグスら多彩な楽曲全35曲を挿入歌として使用。美術はダン・リー、編集はマイケル・ベレンボウム、衣裳はジョン・ダンが担当。出演は、バスキア役に舞台出身でこれが初の映画主演作となるジェフリー・ライト。ほかにロック歌手で「ツイン・ピークス/ローラ・パーマー最期の7日間」のデイヴィッド・ボウイ、「フランキー・ザ・フライ」のデニス・ホッパー、「スカーレット・レター」のゲイリー・オールドマン、「ラストマン・スタンディング」のクリストファー・ウォーケン、「イングリッシュ・ペイシェント」のウィレム・デフォー、「ネゴシエーター」のマイケル・ウィンコット、「ザ・ファン」のベニチオ・デル・トロ、「ザ・ロック」のクレア・フォーラニ、「フラート」のパーカー・ポージーとエリナ・レーヴェンソン、「がんばれ!ベアーズ」のテイタム・オニール、「フィーリング・ミネソタ」のコートニー・ラヴほか、豪華キャストが共演。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
ジェフリー・ライト マイケル・ウィンコット ベニチオ・デル・トロ クレア・フォラーニ
1996年

ザ・ロック

  • 1996年9月14日(土)
  • 出演(Jade Angelou 役)

猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。「ホーリー・ウェディング」のデイヴィッド・ウェイスバーグとダグラス・S・クックの原案を基に、彼らとこれがデビューとなるマーク・ロスナーが共同で脚本を執筆。監督に前作「バッドボーイズ(1995)」でデビューし、注目されたマイケル・ベイが抜擢された。製作は「クリムゾン・タイド」「バッドボーイズ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマーで、95年に他界したシンプソンの遺作となった。エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・スチュアート、ルイス・A・ストローサー、主演のショーン・コネリーの共同。撮影は「ハードロック・ハイジャック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「9か月」のニック・グレニー・スミスと「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のハンス・ジマー、美術は「クリムゾン・タイド」のマイケル・ホワイト、編集は「セブン」のリチャード・フランシス・ブルース、衣裳は「バッドボーイズ」のボビー・リード。特殊効果コーディネーターは「ツイスター」のマイケル・メイナーダス、特殊視覚効果はドリーム・クエスト・イメージスが担当。主演は「理由」のショーン・コネリー、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「ニクソン」のエド・ハリス。共演は「トゥームストーン」のマイケル・ビーン、「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス、「彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー、共に舞台で活躍し、これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニとヴァネッサ・マーシルほか。

監督
マイケル・ベイ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ショーン・コネリー エド・ハリス マイケル・ビーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・フォラーニ