映画-Movie Walker > 人物を探す > スキート・ウーリッチ

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2010年 まで合計12映画作品)

2010年

アーマード 武装地帯

  • 2010年3月27日(土)公開
  • 出演(ドブス 役)

装甲現金輸送車の警備員たちが企てた完全犯罪が予期せぬアクシデントによって、壮絶なサバイバル劇に転じるサスペンス・アクション。マット・ディロンらベテラン俳優たちが豪華共演。

監督
ニムロッド・アーントル
出演キャスト
マット・ディロン ジャン・レノ ローレンス・フィッシュバーン アマウリー・ノラスコ
2002年

ミッション・ブルー

  • 2002年11月16日(土)公開
  • 出演(ケビン 役)

オランダの異国情緒あふれる風景を背景にしたサスペンス。スピーディーな展開や青を基調にしたスタイリッシュな映像に引き込まれ、意外な結末まで目が離せない!

監督
ローレンス・マルキン
出演キャスト
スキート・ウーリッチ クリスティ・スワンソン デレク・デ・リント レナ・オーウェン
2001年

チルファクター

  • 2001年10月27日(土)公開
  • 出演(Tim Mason 役)

究極の化学兵器を死守するはめになった若者2人の運命を描くアクション。追いすがる武装集団との闘いが、主演コンビのコミカルな掛け合いとスリル満載で展開する。

監督
ヒュー・ジョンソン
出演キャスト
スキート・ウーリッチ キューバ・グッディング・ジュニア ピーター・ファース デイヴィッド・ペイマー

楽園をください

  • 2001年2月3日(土)公開
  • 出演(Jack Bull Chiles 役)

「グリーン・デスティニー」のアン・リー監督が、ハリウッドの若手男優たちを起用。戦争によって運命を狂わされながらも、友情や自由を追い求める若者の姿を見すえていく。

監督
アン・リー
出演キャスト
トビー・マグワイア スキート・ウーリッチ ジョナサン・リース・マイヤーズ ジム・カヴィーゼル
1999年

ニュートン・ボーイズ

  • 1999年5月15日(土)公開
  • 出演(Joe Newton 役)

20世紀初頭に実在した銀行強盗4兄弟の生きざまを描いた青春ドラマ。監督は「恋人たちの距離」のリチャード・リンクレイター。脚本は『死のロデオ』(52、ロバート・ミッチャム主演、ニコラス・レイ監督、テレビ放映のみ)の脚本も手掛けた作家クロード・スタヌッシュの原作を元に、スタヌッシュ、リンクレイターと彼とコンビを組むクラーク・リー・ウォーカーが共同で担当。製作のアン・ウォーカー=マクベイ、製作総指揮のジョン・スロス、編集のサンドラ・アデアーは「恋人たちの距離」に続く参加。撮影は「悪魔のような女」のピーター・ジェームズ。音楽はテキサス出身のバンド、バッド・リヴァーズで、スコアはリーダーのエドワード・D・バーンズが担当。美術は「マッド・シティ」のキャサリン・ハードウィック。衣裳は「ピースメーカー」のシェリー・コマロフ。出演は「アミスタッド」のマシュー・マコナヘイ、「恋人たちの距離」「大いなる遺産」のイーサン・ホーク、「TOUCH タッチ」のスキート・ウーリッチ、「草の上の月」のヴィンセント・ドノフリオ、『ER 緊急救命室』のレギュラーであるジュリアナ・マルグリーズ、「シーズ・ソー・ラヴリー」のクロエ・ウェッブ、「スリング・ブレイド」のカントリーの人気歌手ドワイト・ヨーカム、「ミッドナイト・エクスプレス」のボー・ホプキンスほか。

監督
リチャード・リンクレイター
出演キャスト
マシュー・マコノヒー イーサン・ホーク スキート・ウーリッチ ヴィンセント・ドノフリオ
1998年

Uターン

  • 1998年6月13日(土)公開
  • 出演(Juvenal 役)

マフィアに追われる男が砂漠の町で奇妙な人間関係に巻き込まれていくサスペンス。監督は「ニクソン」のオリバー・ストーン。製作総指揮・脚本・原案はジョン・リドリー。製作は「ブラックアウト」のクレイトン・タウンゼントと「復讐のハイウェイ」で製作総指揮を務めたダン・ハルステッド。撮影は「カジノ」のロバート・リチャードソン。音楽は「記憶の扉」のエンニオ・モリコーネ。出演は「シーズ・ソー・ラブリー」のショーン・ペン、「アナコンダ」のジェニファー・ロペスほか。

監督
オリヴァー・ストーン
出演キャスト
ショーン・ペン ジェニファー・ロペス スキート・ウーリッチ ニック・ノルティ

恋愛小説家

  • 1998年4月11日(土)公開
  • 出演(Vincent 役)

潔癖家で毒舌の変人小説家が、なじみのウェイトレスや隣人との交流を通して人並みの愛を知るまでを描いたラヴ・ロマンス。主演のジャック・ニコルソン(「ブラッド&ワイン」など)、ヘレン・ハント(「ツイスター」)がそれぞれ97年度(第70回)アカデミー賞で最優秀主演男優賞・同女優賞を受賞したことでも話題に。監督は「愛と追憶の日々」でニコルソンと組んだ「ブロードキャスト・ニュース」のジェームズ・L・ブルックス。脚本は「レイト・フォー・ディナー」のマーク・アンドラスの原案を基に、アンドラスとブルックスが執筆。製作はブルックスと、「ザ・エージェント」のブリジット・ジョンソン、「ブロード~」「スリーパーズ」のクリスティン・ズィー。製作総指揮は「ザ・エージェント」のリチャード・サカイとローレンス・マーク、「靴をなくした天使」のローラ・ズィスキン。撮影は「ボディ・バンク」のジョン・ベイリー。音楽は「草の上の月」のハンス・ズィマー。美術のビル・プルゼスキ(「マチルダ」)、編集のリチャード・マークス(「愛と追憶の日々」)、衣裳のモリー・マギニス(「ジキル&ハイド」)は「ブロードキャスト・ニュース」でもブルックスと組んだスタッフ。共演は「ザ・エージェント」のキューバ・グッディング・Jr.、「TOUCH タッチ」のスキート・ウールリッチ、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイトほか。特別出演で監督のハロルド・ライミス、ローレンス・カスダンが顔を見せる。

監督
ジェームズ・L・ブルックス
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ヘレン・ハント グレッグ・キニア キューバ・グッディング・ジュニア

Touch タッチ(1996)

  • 1998年3月28日(土)公開
  • 出演(Juvenal 役)

ひとりの奇蹟を起こす青年を巡って、詐欺師、狂言師、ゴシップを好むマスコミらが騒動を巻き起こすブラック・コメディ。「ジャッキー・ブラウン」のエルモア・レナードの同名小説の映画化で、監督・脚本は「ライトスリーパー」のポール・シュレーダーがあたった。製作は「リービング・ラスベガス」のリラ・カゼス。撮影は「ミ・ファミリア」のエドワード・ラックマン。音楽はアメリカの人気バンド、フィー・ファイターズのデイヴィット・グロール。出演は「恋愛小説家」のスキート・ウーリッチ、「グレース・オブ・マイ・ハート」のブリジット・フォンダほか。

監督
ポール・シュレイダー
出演キャスト
ブリジット・フォンダ クリストファー・ウォーケン スキート・ウーリッチ トム・アーノルド

アルビノ・アリゲーター

  • 1998年2月28日(土)公開
  • 出演(Danny Boudreaux 役)

警察に包囲された極限状態の中、3人の強盗と5人の人質の心理戦を描いた密室サスペンス。監督は「ユージュアル・サスペクツ」「セブン」の名演で一躍注目された個性派俳優ケヴィン・スペイシーで、彼の監督デビュー作。脚本は本作がデビューとなるクリスチャン・フォルテ。製作は「ジム・キャリーはMr.ダマー」のブラッド・クレヴォイ、スティーヴン・ステイブラー、ブラッド・ジェンケル。撮影は「アフター・ダーク」のマーク・プラマー。音楽は異能派ギタリストでもあるマイケル・ブルック。美術はネルソン・コーツ。編集は「クロッシング・ガード」のジェイ・キャシディ。衣裳はイシス・ムセンデン。出演は「誘う女」のマット・ディロン、「ドンファン」のフェイ・ダナウェイ、「身代金」のゲイリー・シニーズ、「アンダーワールド」のジョー・マンテーニャ、「クリムゾン・タイド」のヴィーゴ・モーテンセン、「評決のとき」のM・エメット・ウォルシュほか新旧の個性派が顔をそろえる。

監督
ケヴィン・スペイシー
出演キャスト
マット・ディロン フェイ・ダナウェイ ゲイリー・シニーズ ウィリアム・フィクナー
1997年

スクリーム

  • 1997年8月23日(土)公開
  • 出演(Billy 役)

正体不明の殺人鬼が引き起こした連続殺人事件の顛末を描くホラー・サスペンス。最後まで結末が読めない展開、ホラー映画というジャンルに言及し再構築したシナリオ、恐怖と笑いをブレンドした演出の妙が見もの。神戸の小学生連続殺傷事件の影響で公開が延期になったのも話題に。幼い頃から恐怖映画マニアで、これが初の映画となる新鋭ケヴィン・ウィリアムソンの脚本を、「ヴァンパイア・イン・ブルックリン」のウェス・クレイヴンが監督。製作は「KIDS」のケイリー・ウッズとキャシー・コンラッド、製作総指揮は「ゾンビ伝説」などクレイヴンのパートナーであるマリアンヌ・マッダレーナと、「イングリッシュ・ペイシェント」のボブとハーヴェイのワインステイン兄弟。撮影は「キングピン/ストライクへの道」のマーク・アーウィン、美術は「フェノミナン」のブルース・ミラー、編集は「ヴァンパイア・イン・ブルックリン」のパトリック・ルシアー、衣裳は「殺しの前に口づけを」のシンシア・バーグストロム、特殊効果は「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のKNBエフェクツ・グループが担当。出演は「ザ・クラフト」のネーヴ・キャンベルとスキート・ウールリッチ、「ビューティフル・ガールズ」のデイヴィッド・アークエット、「マッド・ラブ」のドリュー・バリモアとマシュー・リラード、「エース・ベンチュラ」のコートニー・コックス、「ヴァンパイア・イン・ブルックリン」のW・アール・ブラウン、「ラブINニューヨーク」のヘンリー・ウィンクラーほか。97年ジェラルメ国際ファンタスティカ映画祭グランプリと観客賞を受賞。

監督
ウェス・クレイヴン
出演キャスト
デイヴィッド・アークエット ドリュー・バリモア ネーヴ・キャンベル コートニー・コックス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スキート・ウーリッチ