TOP > 映画監督・俳優を探す > ロブ・コーワン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2016年 まで合計9映画作品)

2016年

死霊館 エンフィールド事件

  • 2016年7月9日(土)
  • 製作

アメリカを中心に数々の心霊事件を解決に導いてきた実在の心霊研究家、ウォーレン夫妻。彼らが遭遇した事件を映画化した『死霊館』の続編。1970年代にロンドン北部の町、エンフィールドのとある家で起きた怪奇現象から家族を救うため、恐怖の元凶に立ち向かうウォーレン夫婦の姿を描く。監督は『ソウ』シリーズのジェイムズ・ワン。

監督
ジェームズ・ワン
出演キャスト
ヴェラ・ファーミガ パトリック・ウィルソン フランシス・オコナー マディソン・ウルフ
2013年

死霊館

  • 2013年10月11日(金)
  • 製作

『ソウ』シリーズのジェームズ・ワン監督が、71年にアメリカのロードアイランド州で実際に起きた奇怪な事件を基に描くサスペンス・ホラー。人里離れた地に立つ一軒家に引っ越してきた7人家族が、その土地にまつわる恐ろしい事象に巻き込まれていくさまがつづられる。一家の夫婦を演じるのはヴェラ・ファーミガとパトリック・ウィルソン。

監督
ジェームズ・ワン
出演キャスト
ヴェラ・ファーミガ パトリック・ウィルソン ロン・リヴィングストン リリ・テイラー
2010年

クレイジーズ

  • 2010年11月13日(土)
  • 製作

「ゾンビ」のジョージ・A・ロメロ監督が手がけ、“感染パニック映画の原点”とも言われる73年の同名ホラーをリメイク。ウイルスの感染により、家族や知人が突然発狂し、パニックに陥る人々と、事件を未然に防ごうとする者たちとの攻防が描かれる。監督は「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のブレック・アイズナー。

監督
ブレック・アイズナー
出演キャスト
ティモシー・オリファント ラダ・ミッチェル ジョー・アンダーソン ダニエル・パナベイカー

ボーダー

  • 2010年4月24日(土)
  • 製作

ハリウッドを代表するスター、ロバート・デ・ニーロ&アル・パチーノ共演のクライム・アクション。2人が長年コンビを組んできたベテラン刑事に扮し、社会の悪に立ち向かう。

監督
ジョン・アヴネット
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ アル・パチーノ カーティス・ジャクソン カーラ・グギーノ
2004年

五線譜のラブレター DE-LOVELY

  • 2004年12月11日(土)
  • 製作

「夜も昼も」などの名曲を手掛けた作曲家コール・ポーターの伝記映画。有名ミュージシャンも出演する華麗なステージを交え、ポーターと妻の固い絆をつづる。

監督
アーウィン・ウィンクラー
出演キャスト
ケヴィン・クライン アシュレイ・ジャッド ジョナサン・プライス ケヴィン・マクナリー
2003年

イナフ

  • 2003年1月25日(土)
  • 製作

映画女優にして人気アーティストのジェニファー・ロペス主演のサスペンス・スリラー。暴力夫と化した男から執拗に追われる女性の戦いを、緊迫感たっぷりに描き出す話題作だ。

監督
マイケル・アプテッド
出演キャスト
ジェニファー・ロペス ビリー・キャンベル テッサ・アレン ジュリエット・ルイス
2002年

海辺の家

  • 2002年7月20日(土)
  • 製作

実力派ケビン・クライン&新星ヘイデン・クリステンセン共演の心温まる人間ドラマ。人生最後の夏に息子と家を建てる中年男の姿を見つめ、生きる意味と家族の絆を問う感動作。

監督
アーウィン・ウィンクラー
出演キャスト
ケヴィン・クライン クリスティン・スコット・トーマス ヘイデン・クリステンセン ジェイミー・シェリダン
1996年

陪審員

  • 1996年5月18日(土)
  • 製作

マフィアに脅迫され、陪審員を務める法廷で虚偽の証言を強いられた女性の危難と闘いを描いたサスペンス・スリラー。「ザ・インターネット」などの監督作でも知られるプロデューサーのアーウィン・ウィンクラーが雑誌『ニューヨーカー』に載った実録記事にヒントを得、同じテーマだったジョージ・ドーズ・グリーンの同名小説を発売前に映画化権を取得。「羊たちの沈黙」のテッド・タリーが脚色し、「TINA/ティナ」のブライアン・ギブソンが監督に当たった。N.Y.郊外からメキシコのインディオ村までの多彩なロケを展開した撮影は、「不法侵入」「TINA/ティナ」のジェイミー・アンダーソン、音楽は「ウォーターワールド」のジェームズ・ニュートン・ハワード、美術はヤン・ロールフス、編集はロバート・ライターノ、衣裳はコリーン・エイトウッドが担当。主演は「スカーレット・レター」のデミ・ムーア。共演は「ゲッタウェイ」のアレック・ボールドウィン、「エンジェルス」の子役ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、「ミルク・マネー」のアン・ヘッチ、「ニクソン」のトニー・ロー・ビアンコほか。

監督
ブライアン・ギブソン
出演キャスト
デミ・ムーア アレック・ボールドウィン ジョゼフ・ゴードン=レヴィット アン・ヘッシュ

ザ・インターネット

  • 1996年1月20日(土)
  • 製作

世界最大のコンピューター・ネットワーク、インターネットをテーマにしたサスペンス・スリラー。監督は「グッドフェローズ」などの名プロデューサーで、「ナイト・アンド・ザ・シティ」に次ぐ監督作となるアーウィン・ウィンクラー。脚本はジョン・ブランカートとマイケル・フェリス。製作はウィンクラーと彼のパートナーであるロブ・コーワン。撮影は「マディソン郡の橋」ほかクリント・イーストウッド作品で知られるジャック・N・グリーン、音楽は「ネル」のマーク・アイシャム、美術はデニス・ワシントン、編集は「ロッキー」(アカデミー賞受賞)「ゲッティング・イーブン」のリチャード・ハルシー。主演は「スピード」「あなたが寝てる間に…」のサンドラ・ブロックで、コンピューターを自在に操るために3か月も特訓し、アクション場面も自身でこなす熱演を見せている。共演は、英国の舞台俳優ジェレミー・ノーザム、スタンダップ・コメディアン出身で「ディスクロージャー」のデニス・ミラー、「羊たちの沈黙」のベテラン、ダイアン・ベーカーほか。

監督
アーウィン・ウィンクラー
出演キャスト
サンドラ・ブロック ジェレミー・ノーザム デニス・ミラー ダイアン・ベーカー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロブ・コーワン

ムービーウォーカー 上へ戻る