映画-Movie Walker > 人物を探す > エイブラハム・ポロンスキー

年代別 映画作品( 1968年 ~ 1989年 まで合計4映画作品)

1989年

バチカンの嵐

  • 1989年1月27日(金)公開
  • 脚本

カトリックの総本山バチカンと暗黒街とのつながりを1人の司祭の実話を通して浮き彫りにしてゆく。製作はフランク・ヤブランスとデイヴィッド・ニーヴン・ジュニア、監督は「ドク・ホリディ」のフランク・ペリー、ジャック・アラン・レガーの原作を基にエイブラハム・ポロンスキーとウェルデル・メイズが脚本、撮影は「容疑者(1987)」のビリー・ウィリアムズ、音楽は「太陽の帝国」のジョン・ウィリアムス(2)が担当。出演は「スーパーマン4 最強の敵」のクリストファー・リーヴ、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルドほか。

監督
フランク・ペリー
出演キャスト
クリストファー・リーヴ ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド フェルナンド・レイ ジェーソン・ミラー
1979年

アバランチ・エクスプレス

  • 1979年6月16日(土)公開
  • 脚本

ミラノからアムステルダムへと疾走するアトランティック急行を舞台にクレムリンの権力の座をめぐる、東西両陣営のそれぞれの思惑を描く。製作はマーブ・アデルソンと「大地震(1974)」の監督マーク・ロブソンで彼は監督も担当しているがこの作品が遺作となった。脚本はエイブラハム・ポロンスキー、撮影はジャック・カーディフ、音楽はアリン・ファーガソン、特殊効果はジョン・ダイクストラが各各担当。出演はロバート・ショー、リー・マーヴィン、マクシミリアン・シェル、リンダ・エバンス、ホルスト・ブッフホルツ、マイク・コナーズ、ジョー・ネイマスなど。

監督
マーク・ロブソン
出演キャスト
ロバート・ショウ リー・マービン マクシミリアン・シェル リンダ・エヴァンス
1970年

夕陽に向って走れ

  • 1970年3月28日(土)公開
  • 監督、脚本

1909年に起きた、インディアン事件の実話をもとに、アメリカの病根を追求した作品。ハリー・ロートンの原作をもとに、「刑事マディガン」などのシナリオ・ライターとして知られているエイブラハム・ポロンスキーが監督・脚本を担当。撮影は「明日に向かって撃て!」のコンラッド・ホール、音楽は「レーサー」のデーヴ・グルーシン、編集はメルビン・シャピロがそれぞれ担当。出演は「冷血」のロバート・ブレーク、「明日に向かって撃て!」のキャサリン・ロスとロバート・レッドフォード、「マンハッタン無宿」のスーザン・クラーク、「地獄の逢びき」のバリー・サリヴァン、「スパルタカス」のチャールズ・マッグロー、「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のジョン・ヴァーノンなど。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

監督
エイブラハム・ポロンスキー
出演キャスト
ロバート・レッドフォード キャサリン・ロス ロバート・ブレーク スーザン・クラーク
1968年

刑事マディガン

  • 1968年4月5日(金)公開
  • 脚色

リチャード・ダワティの小説『コミッショナー』を、ヘンリー・シムーンとエイブラハム・ポロンスキーが脚色、「殺人者たち」のドン・シーゲルが監督したハードボイルド・アクション。撮影は「誇り高き戦場」のラッセル・メティ、音楽は「ジェリコ」のドン・コスタが担当した。出演は「大西部への道」のリチャード・ウィドマーク、「テキサスの五人の仲間」のヘンリー・フォンダ、「プレイラブ48章」のインガー・スティーヴンス、カナダ生まれの新星スーザン・クラークほか。製作はフランク・P・ローゼンバーグ。

監督
ドン・シーゲル
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク ヘンリー・フォンダ インガー・スティーヴンス ハリー・ガーディノ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エイブラハム・ポロンスキー