映画-Movie Walker > 人物を探す > レスリー・マン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2019年 まで合計10映画作品)

2019年

マーウェン

ロバート・ゼメキス監督が、スティーヴ・カレルを主演に迎えて描く、実話をべースにしたヒューマンドラマ。暴行を受け、心身共に大きな傷を負った男が、リハビリの一環で始めたフィギュアの撮影を通し、回復していく姿がつづられる。ゼメキス監督が、主人公の空想の世界と現実が入り混じったファンタジー的な映像で魅せる。

監督
ロバート・ゼメキス
出演キャスト
スティーヴ・カレル レスリー・マン ダイアン・クルーガー メリット・ウェヴァー
2016年

リトル・バード 164マイルの恋

  • 2016年1月9日(土)公開
  • 出演(Margaret Hobart 役)

「マレフィセント」のジュノー・テンプルなど若手女優が共演した青春映画。田舎町で退屈な毎日を過ごす2人の少女が、都会の少年に恋したことをきっかけに、自動車で旅に出る。特集上映「未体験ゾーンの映画たち2016」にて上映。「ビッグ・アイズ」で製作総指揮を担当したジェイミー・パトリコフがプロデュース。

監督
エルジン・ジェームス
出演キャスト
ジュノー・テンプル ケイ・パナベイカー ケイト・ボスワース レスリー・マン
2009年

セブンティーン・アゲイン

  • 2009年5月16日(土)公開
  • 出演(スカーレット・オドネル(成人) 役)

「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」のザック・エフロン主演の青春コメディ。パッとしない中年男性が、ひょんなことから17歳に若返って人生の軌道修正を開始!

監督
バー・スティアーズ
出演キャスト
ザック・エフロン レスリー・マン トーマス・レノン ミシェル・トラクテンバーグ
2008年

無ケーカクの命中男 ノックトアップ

  • 2008年12月20日(土)公開
  • 出演(デビー 役)

全米初登場第2位のヒットを記録したコメディ。モテ度ゼロの冴えないオタク男が、奇跡的に美女のナンパに成功したうえに妊娠させてしまったことから起きる大騒動を描く。

監督
ジャド・アパトウ
出演キャスト
セス・ローゲン キャサリン・ハイグル ポール・ラッド レスリー・マン
2006年

40歳の童貞男

  • 2006年9月2日(土)公開
  • 出演(ニッキー 役)

全米で爆発的ヒットを記録したロマンチック・コメディ。40歳になっても女性経験ゼロの主人公が心温まる愛を獲得するまでを、珍妙な爆笑シーン満載でつづる。

監督
ジャド・アパトウ
出演キャスト
スティーヴ・キャレル キャサリン・キーナー ポール・ラッド ロマーニー・マルコ
2003年

キャンパス・クレージー

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 出演(エレイン・ワーナー 役)

「ハートブレイカー」のジェーソン・リーと、コメディアンでドリュー・バリモアの前夫であるトム・グリーン共演で放つ爆笑コメディ。トム・グリーンお得意の破壊的で過激なギャグが炸裂!

監督
ブルース・マックロー
出演キャスト
ジェイソン・リー トム・グリーン レスリー・マン ミーガン・マレリー
1998年

ジャングル・ジョージ

  • 1998年11月7日(土)公開
  • 出演(Ursula Stanhope 役)

67年に誕生して大ヒットしたディズニー製作のアニメーション「ジャングル・ジョージ」の実写版リメイク。監督は「D2 マイティ・ダック」のサム・ワイスマン。キャラクター原案はジェイ・ウォード。脚本は「透明人間」のデイナ・オルセンの原案を基に、オルセンとオードリー・ウェルズが共同。製作はデイヴィッド・ホッバーマン、ジョーダン・カーナー、「フライド・グリーン・トマト」の監督でもあるジョン・アヴネットの共同。製作総指揮はC・タッド・デヴリン。撮影は「ジュマンジ」のトーマス・アッカーマン。音楽は「ファースト・ワイフ・クラブ」のマーク・シャイマン。美術はスティーヴン・マーシュ。編集はスチュアート・パッペとロジャー・ボンデッリ。衣裳はリサ・ジェンセン。動物の特殊効果はジム・ヘンソン・クリーチャーショップ、視覚効果はドリームクエスト・イメージズがそれぞれ担当。主演は「原始のマン」のブレンダン・フレイザー。共演は「ラストマン・スタンディング」のレスリー・マンのほか、「危険な動物たち」のジョン・クリーズがゴリラの声を担当。「Mr.マグー」と2本立て公開された。

監督
サム・ワイスマン
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー レスリー・マン トーマス・ヘイデン・チャーチ リチャード・ラウンドトリー

あなたに言えなかったこと

  • 1998年3月7日(土)公開
  • 出演(Laurie 役)

人生を不器用に生きる男女の姿をハートフルなタッチで描いた一編。監督・脚本は本作が長編劇映画デビューとなるスペインの女性監督イザベル・コヘット。製作はエディ・サエタ。撮影はテレサ・メディーナ。音楽はアルフォンソ・ヴィラロンガ。出演は「身代金」のリリ・テイラー、「狼たちの街」のアンドリュー・マッカーシー、「トゥリーズ・ラウンジ」のシーモア・カッセル、「スリーサム」のアレクシス・アークェットほか。

監督
イザベル・コイシェ
出演キャスト
リリ・テイラー アンドリュー・マッカーシー アレクシス・アークエット デビー・マザール
1997年

彼女は最高(1996)

  • 1997年2月1日(土)公開
  • 出演(Connie 役)

アイルランド系の兄弟の恋愛模様を、軽妙な会話劇でコミカルに綴った一編。監督・脚本・主演は「マクマレン兄弟」で一躍注目されたエドワード・バーンズ。製作はバーンズと、テッド・ホープ、ジェームズ・シェイマスは前作に続いて参加。製作総指揮は「クイズ・ショウ」のロバート・レッドフォードとマイケル・ノジック。撮影は「旅立ちの季節」のフランク・プリンジ。音楽はロック・ミュージシャンのトム・ペティで、映画音楽への挑戦は本作が初となる。共演は前作で兄弟役で共演したマイク・マックグローン、本作でも恋人役のマクシーヌ・バーンズが続いて顔をそろえるほか、『フレンズ』(TVシリーズ)のジェニファー・アニストン、「マスク」のキャメロン・ディアス、「アメリカン・プレジデント」のジョン・マホーニー、「カジノ」のフランク・ヴィンセントほか。

監督
エドワード・バーンズ
出演キャスト
ジョン・マホーニー エドワード・バーンズ マイク・マッグローン Maxine Bahns
1996年

ケーブルガイ

  • 1996年10月5日(土)公開
  • 出演(Robin Harris 役)

ストーカーまがいのケーブルガイ(ケーブルテレビ設置工)につきまとわれるヤッピー青年の悪夢を描いたブラック・コメディ。なお、ケーブルガイとはケーブルテレビ設置工以外に、仕事ぶりの雑さ(部屋を散らかす、時間を守らないなど)から、“いい加減なヤツ”“迷惑なヤツ”の意味もある。監督は「リアリティ・バイツ」のベン・スティラー。製作は主演のジム・キャリーのスタンダップ・コメディアン時代からの盟友のジャド・アパトウと「ウォーターワールド」のアンドリュー・リクトとジェフリー・ミュラーのコンビ、エグゼクティヴ・プロデューサーはブラッド・グレイ、バーリン・ブリスタイン、マーク・ガーヴィッツ。脚本は新鋭のルー・ホルツ・ジュニアの原案を基にアパトウが執筆。撮影は「好きと言えなくて」のロバート・ブリンクマン、音楽は「ユージュアル・サスペクツ」のジョン・オットマン、美術はシャロン・シーモア、編集はスティーヴン・ワイズバーグがそれぞれ担当。主演は「ジム・キャリーのエースにおまかせ!」のジム・キャリー。共演は「ケロッグ博士」のマシュー・ブロデリックほか。

監督
ベン・スティラー
出演キャスト
ジム・キャリー マシュー・ブロデリック レスリー・マン ジョージ・シーガル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レスリー・マン