映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・マッカルパイン

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2017年 まで合計15映画作品)

2017年

否定と肯定

  • 2017年12月8日(金)公開
  • 美術

ナチスによる大量虐殺はなかったと主張するホロコースト否定論者とユダヤ人歴史学者が裁判で争い、世界中の注目を集めた実在の事件を映画化した法廷ドラマ。アメリカの法廷での戦い方との違いに戸惑いながらも、勝利のために歴史の真実に迫っていくヒロインをレイチェル・ワイズが演じる。監督は近年はドキュメンタリーを数多く手がけているミック・ジャクソン。

監督
ミック・ジャクソン
出演キャスト
レイチェル・ワイズ トム・ウィルキンソン ティモシー・スポール アンドリュー・スコット
2016年

世界一キライなあなたに

  • 2016年10月1日(土)公開
  • 美術

世界中でベストセラーとなっているジョジョ・モイーズの恋愛小説を、イギリスの若手俳優の共演で映画化したラブストーリー。田舎町で暮らす平凡な女性と大富豪の青年が出会い、お互いが変わっていく様を、エミリア・クラークとサム・クラフリンが等身大の魅力で演じる。演劇界で活躍するシーア・シェアイックの初長編監督作となる。

監督
シーア・シェアイック
出演キャスト
エミリア・クラーク サム・クラフリン ジャネット・マクティア チャールズ・ダンス
2013年

カルテット!人生のオペラハウス

  • 2013年4月19日(金)公開
  • 美術

現役を引退し、老人ホームで暮らす音楽家たちがホームの存続をかけたコンサートに挑む姿を、笑いや涙を交えて描くヒューマンドラマ。マギー・スミス、トム・コートネイら名優たちが元オペラ歌手役に扮し、歌声を披露する。アカデミー賞主演男優賞に2度輝く名優ダスティン・ホフマンが75歳にして初めて監督に挑戦した。

監督
ダスティン・ホフマン
出演キャスト
マギー・スミス トム・コートネイ ビリー・コノリー ポーリーン・コリンズ
2010年

17歳の肖像

  • 2010年4月17日(土)公開
  • 美術

勉強一筋だった優等生の少女が年上の男性との出会いを経て、大人の階段を昇ってゆくさまを描く青春ドラマ。「プライドと偏見」のキャリー・マリガンが多感な年頃のヒロインを好演。

監督
ロネ・シェルフィグ
出演キャスト
キャリー・マリガン ピーター・サースガード ドミニク・クーパー ロザムンド・パイク
2006年

ザ・センチネル 陰謀の星条旗

  • 2006年10月7日(土)公開
  • プロダクション・デザイナー

テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」のキーファー・サザーランド主演最新作。製作にも参加したマイケル・ダグラスとの共演も話題に。同業の師弟対決を描いたクライム・アクション。

監督
クラーク・ジョンソン
出演キャスト
マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド エヴァ・ロンゴリア マーティン・ドノヴァン

イーオン・フラックス

  • 2006年3月11日(土)公開
  • 美術

シャーリーズ・セロンが体当たりのアクションで魅せるSFアクション。近未来を舞台に、独裁者暗殺に挑む美人エージェントの孤独な戦いをスタイリッシュに活写する。

監督
カリン・クサマ
出演キャスト
シャーリーズ・セロン マートン・コーカス ジョニー・リー・ミラー ソフィー・オコネド
2004年

リクルート

  • 2004年1月17日(土)公開
  • プロダクション・デザイン

CIAの非情なルールに揺さぶられる青年の運命を描いたサスペンス。緊迫した展開に加え、若手注目株コリン・ファレルと名優アル・パチーノの火花散る演技合戦も見ものだ。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
アル・パチーノ コリン・ファレル ブリジット・モイナハン ガブリエル・マクト
2000年

ザ・ビーチ

  • 2000年4月22日(土)公開
  • 美術

現代の若者の倦怠と狂気を美しいリゾート地を舞台に描いたサスペンス・ロマン。アレックス・ガーランドの同名ベストセラー小説の映画化。監督は「普通じゃない」のダニー・ボイル。脚本は「普通じゃない」のジョン・ホッジ。撮影は「エビータ」のダリアス・コンジ。音楽は「隣人は静かに笑う」のアンジェロ・バラメンティ。出演は「仮面の男」のレオナルド・ディカプリオ、「愛の悪魔」のティルダ・スウィントン、「プレイバック」のヴィルジニー・ルドワイヤンほか。

監督
ダニー・ボイル
出演キャスト
レオナルド・ディカプリオ ティルダ・スウィントン ヴィルジニー・ルドワイヤン ギヨーム・カネ
1998年

フラバー

  • 1998年3月28日(土)公開
  • 美術

うっかり者の天才科学者が発明した夢の物質をめぐって巻き起こる騒動を描いたファンタスティック・コメディ。61年のディズニー映画「うっかり博士の大発明 フラバァ」(ロバート・スティーヴンソン監督)のリメイク。監督は「34丁目の奇跡」のレス・メイフィールド。製作は「101」(製作・脚本)のジョン・ヒューズと、「ジャック」のリカルド・メストレス。製作総指揮は「アダムス・ファミリー2」のデイヴィッド・ニックセイ。サミュエル・W・テイラーの短編『A Situation of Gravity』を原作に、脚本はヒューズが執筆(オリジナルにほぼ忠実な再映画化のため、クレジットは75年に亡くなった旧作の脚本家ビル・ウォルシュと連名)。撮影は「ミクロ・キッズ3」で監督デビューを果たした「アポロ13」のディーン・カンディ。音楽は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のダニー・エルフマン。美術は「ホーム・フォー・ザ・ホリディ」のアンドリュー・マッカルパイン。編集は「グレース・オブ・マイ・ハート」のハーヴェイ・ローゼンストックと「ジャングル2ジャングル」のマイケル・A・スティーヴンソン。衣裳はエイプリル・フェリー。SFXはフラバー関連をインダストリアル・ライト&マジック(ILM)、63年型サンダーバードが空を飛ぶシーンはドリーム・クエストがそれぞれ担当。主演は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のロビン・ウィリアムス。共演は「この森で、天使はバスを降りた」のマルシア・ゲイ・ハーデン、「アンフォゲッタブル」のクリストファー・マクドナルド、「デッドマン・ウォーキング」のレイモンド・J・バリーほか。ちなみに旧作「うっかり博士の大発明 フラバァ」とその続編「フラバァ・デラックス」でヒロインを演じたナンシー・オルソンがフォード社の秘書役でカメオ出演。日本語吹き替え版も同時公開された。

監督
レス・メイフィールド
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ マーシャ・ゲイ・ハーデン クリストファー・マクドナルド レイモンド・J・バリー
1996年

ホーム・フォー・ザ・ホリデイ

  • 1996年11月23日(土)公開
  • 美術

感謝祭で故郷の家に集まった家族のそれぞれの問題が吹き出す様をコミカルに描くファミリー・ドラマ。「ネル」の女優ジョディ・フォスターの、「リトルマン・テイト」に続く監督第2作。製作はフォスターとは「リトルマン・テイト」でも組んだ「迷子の大人たち」のペギー・ライスキー。エグゼクティヴ・プロデューサーはスチュアート・クレインマン。クリス・ラダントの家族にまつわる同名短編小説集(邦訳・徳間文庫)を基に「ニードフル・シングス」のW・D・リクターが脚本を執筆。撮影は「メフィスト」「理由」のラヨシュ・コルタイ。音楽は「クイズ・ショウ」のマーク・アイシャム。美術は「クロッカーズ」のアンドリュー・マッカルパイン。編集はリンジー・クリングマン。出演は「コピーキャット」のホリー・ハンター、「ショート・カッツ」のロバート・ダウニー・ジュニア、「ザ・シークレット・サービス」のディラン・マクダーモット、「キルトに綴る愛」のアン・バンクロフト、「未来は今」などの名バイプレイヤー、チャールズ・ダーニング、「ジェイン・エア」のジェラルディン・チャップリン、「スリーメン&ベビー」のスティーヴ・グッテンバーグほか個性派ぞろいのキャスト。

監督
ジョディ・フォスター
出演キャスト
ホリー・ハンター ロバート・ダウニーJr. アン・バンクロフト ディラン・マクダーモット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・マッカルパイン