映画-Movie Walker > 人物を探す > 柳下毅一郎

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2009年 まで合計11映画作品)

2009年

あんにょん由美香

  • 2009年7月11日(土)公開
  • 出演

2005年に急逝した女優、林由美香が出演した韓国産ビデオをめぐるドキュメンタリー。彼女と親交の深かった「童貞。をプロデュース」の松江哲明監督の想いが込められた好編だ。

出演キャスト
林由美香 ユ・ジンソン 入江浩治 キム・ウォンボギ
2005年

やら犯

  • 2005年12月11日(日)公開
  • 出演

作家、ミュージシャンなど数々の顔をもつ鬼才・戸梶圭太が自身の原作を自らの手で映画化した3作品を公開した「トカジゴク映画祭」の中の一作。失笑もののチンケな犯罪をテーマにした作品集。

監督
戸梶圭太
出演キャスト
柳下毅一郎
2003年

帰ってきた 刑事まつり「発情女刑事」

  • 2003年3月22日(土)公開
  • 出演

「主人公は女刑事」「完成尺は10分以内」「1分につき最低1回はギャグを入れる」という条件で競作したオムニバス「刑事まつり」シリーズ第2弾「帰ってきた!刑事まつり」内の作品。監督は「せつなく求めて 人妻編」の吉行由実。

監督
吉行由実
出演キャスト
林由美香 堀江慶 岡田智宏 柳下毅一郎
2002年

血を吸う宇宙 外伝 変身

  • 2002年3月9日(土)公開
  • 出演(三輪ひとみの新たな犠牲者 役)

SFコメディ「血を吸う宇宙」の公開を記念して、上映ラスト1週間特別上映された短篇。監督は「血を吸う宇宙」の佐々木浩久。脚本は「血を吸う宇宙」の高橋洋。撮影を佐々木監督自身が担当している。主演は「血を吸う宇宙」の三輪ひとみ。DV作品。ビデオプロジェクターによる上映。

監督
佐々木浩久
出演キャスト
三輪ひとみ 諏訪太朗 吉行由実 柳下毅一郎
1998年

オースティン・パワーズ

  • 1998年8月1日(土)公開
  • 字幕監修

60年代の花形スパイが90年代に復活して大騒動を繰り広げるナンセンス・コメディ。主演(スパイと悪の帝王の二役)・脚本は「ウェインズ・ワールド」のマイク・マイヤーズ。監督は「ブローン・アウェイ 復讐の序曲」の脚本などを担当した新鋭のジェイ・ローチで、本作が長編劇映画デビュー作。製作はマイヤーズ、「G.I.ジェーン」の女優デミ・ムーア、本作の製作会社ムーヴィング・ピクチャーズを設立したスザンヌ・トッド、「Dear フレンズ」のジェニファー・トッドの共同。撮影は「ロスト・ハイウェイ」のピーター・デミング。音楽は「モータル・コンバット」「フランキー・ザ・フライ」のジョージ・S・クリントン。美術は「スクリーム」のシンシア・K・シャレット。衣裳は「ホーリー・ウェディング」のディーナ・アッペル。共演は「ボディ・バンク」のエリザベス・ハーレイ、「三銃士」のマイケル・ヨーク、「誰かに見られてる」のミミ・ロジャース、『スパイのライセンス』のロバート・ワグナーほか。「ザ・ステューピッド」のトム・アーノルド、「スター・ウォーズ」のキャリー・フィッシャー、「ジュリアン・ポーの涙」のクリスチャン・スレーター、「ウェインズ・ワールド」のロブ・ロウ、作曲家のバート・バカラックが特別出演。

監督
ジェイ・ローチ
出演キャスト
マイク・マイヤーズ エリザベス・ハーレイ マイケル・ヨーク ミミ・ロジャース

ユナイテッド・トラッシュ

  • 1998年7月4日(土)公開
  • 字幕

アフリカを舞台に、国際的な軍事支配と支配地における政治的暴力を露悪的で悪夢的なタッチで描き出した怪作。監督・原案・撮影は「ドイツ・チェーンソー大虐殺」「テロ2000年 集中治療室」のクリストフ・シュリンゲンズィーフ。脚本はグールドン・ヴィルドッグ。音楽はビベル・グラッツ、エッケス・マルツ、ワイゼマン・シャンパレ、レビアス・ルチブ。出演はシュリンゲンズィーフ作品の常連のウド・キアー(「キングダムII」)、「ウルトラ・ヴィクセン 大巨乳たち」のキトゥン・ナディヴィダッドほか。

監督
クリストフ・シュリンゲンズィーフ
出演キャスト
ウド・キアー キトゥン・ナディヴィダッド ジョーンズ・ムギュス ジョアチム・トマシュウィスキ
1997年

ピンク・フラミンゴ<特別篇>

  • 1997年当年公開
  • 字幕監修

ボルチモアを舞台に、下品世界一をめぐって争うふたつの変態家族を描いたカルト映画の名作の監督自身による特別版。監督・脚本・製作・撮影は本作で一躍売った「シリアル・ママ」のジョン・ウォータースで、彼自身の紹介による未公開秘蔵映像が追加された。出演は本作でウォータースと共に名声を得たディヴァインほか。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
ディヴァイン デイヴィッド・ロチャリー Mary Vivian Pearce ミンク・ストール

テロ2000年 集中治療室

  • 1997年6月7日(土)公開
  • 字幕

西ドイツで実際に起きた少女誘拐事件とネオナチによる外国人排斥事件をモデルに、「愛と恐怖とセックスと死」の狂騒的世界を描き出すドイツ・アヴァンギャルド・ホラー。ニュー・ジャーマン・シネマの後継者として一部に熱狂的な支持者を持つクリストフ・シュリンゲンズィーフが製作・監督・脚本を手がけ、日本での公開は「ドイツチェーンソー 大量虐殺」に続き二作目となる。共同脚本にオスカー・ロエラーとウリ・ハニッシュ。撮影はラインハルト・ケシェル、美術はウリ・ハニッシュ、音楽はカムビズ・ジアヒとジャック・アルル、編集はベティーナ・ベーラー。衣裳はタベア・ブラウンとジュリア・コープ。主演のペーター・カーンをはじめ、マルギット・カルステンセン、「エピデミック」のウド・キアーなどはいずれもライナー・W・ファスビンダー作品の常連としても知られる。

出演キャスト
マルギット・カルステンセン ペーター・カーン ウド・キアー スザンヌ・ブレイドホフト
1996年

死の王

  • 1996年9月28日(土)公開
  • 字幕

死体性愛というタブーを描いた問題作『ネクロマンティック1、2』(V)で悪名高きドイツの映画作家、ユルゲ・ブットゲライトが『ネクロマンティック1』に続いて自殺と死をテーマに描いた1編。監督のブットゲライト、製作・撮影のマンフレッド・オー・イェリンスキー以下、スタッフのほとんどが『ネクロマンティック』と同じメンバー。音楽は『ネクロマンティック』の主演俳優でもあるダクタリ・ロレンツと、“月曜日の男”として出演もしているヘルマン・コプ、ジョン・ボーイ・ウォルトンの共同。89年に製作されたが、ベルリン裁判所から「国内での上映禁止」ばかりか「作品のネガはもちろん、その映画の製作に関わった全ての素材の廃棄処分」、さらに「ドイツ国外持ち出し禁止例」という前代未聞の裁判命令を発令された。日本での劇場公開に当たっては、監督自らニュープリント作成のためにネガを海外に持ち出し、国外の現像所で作業の後、再びドイツ国内にネガを密輸するという手段を経て、ドイツ映画配給協会の協力で「日本国内のみ限定上映」という条件で公開された。

監督
ユルゲ・ブットゲライト
出演キャスト
ニコラス・ペッチェ マイケル・クラウス ハインリッヒ・エッベール エヴァ・クルツ

クリーン,シェーブン

  • 1996年9月21日(土)公開
  • 字幕

一人の精神分裂症患者の不安定な内面に鋭くメスを入れた異色作。ニューヨーク大学で映画製作を学び、卒業後は数々のCM、ミュージック・ビデオ、短編映画を手掛けるかたわら、撮影監督としての顔も持つ映像作家ロッジ・ケリガンが監督・脚本・製作を務めた初長編。撮影は「スモーク」のテオドロ・マニアチ、音楽はN.Y.を拠点に活躍するギタリストのハーン・ロウ、音響はトニー・マルティネス、美術はタニア・フェリアー、編集は「ナイト・オン・ザ・プラネット」のジェイ・ラビノヴィッツ。主演は「ユージュアル・サスペクツ」の怪優ピーター・グリーン。93年度シカゴ映画祭シルバー・ヒューゴ最優秀デビュー作品賞受賞。

監督
ロッジ・ケリガン
出演キャスト
ピーター・グリーン ジェニファー・マクドナルド ロバート・アルバート ミーガン・オーウェン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 柳下毅一郎