映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・ペルシー

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1977年 まで合計7映画作品)

1977年

新・青い体験

  • 1977年7月2日(土)公開
  • 出演(Miss Larsson 役)

ロンドン留学の女子学生の青春を描く。製作・監督は「試験結婚」のペドロ・マソ、脚本はP・マソとサンチャゴ・モンカダ、撮影はホルヘ・エレラ、音楽はジャン・カルロス・カルダロンが各々担当。出演はアンソニー・アンドリュース、スーザン・プレイヤー、クー・スターク、ビクトリア・ベラ、エドゥアルド・ベア、マリア・ペルシーなど。

監督
ペドロ・マソ
出演キャスト
アンソニー・アンドリュース スーザン・プレイヤー クー・スターク ビクトリア・ベラ
1969年

弾頭 危機一発

  • 1969年公開
  • 出演

ニュー・メキシコの原爆貯蔵庫から盗んだ原爆で、ワシントンへ原爆投下か、10億ドルかをゆする国際陰謀団とCIAの対決--。製作テオ・マリア・ウェルネル、監督は「完全なる結婚」のF・J・ゴットリーブ、撮影はギュンター・コープフ、音楽ジャンニ・マルケティが担当。主演はターザン・スター、最近は「騎兵隊最後の砦」のレックス・バーカー、「男性の好きなスポーツ」のマリア・パーシー、「リーザの恋人」のアメディオ・ナザーリ。他にブラッド・ハリスなど。イーストマンカラー、スタンダード。1969年作品。

監督
F・J・ゴットリーブ
出演キャスト
レックス・バーカー マリア・ペルシー アメディオ・ナザーリ ブラッド・ハリス
1964年

633爆撃隊

  • 1964年7月25日公開
  • 出演(Hilde_Bergman 役)

フレデリック・E・スミスの原作を「大脱走」のジェームズ・クラベルと「カサブランカ」のハワード・W・コッチが共同で脚色、ウォルター・グローマンが演出した戦争ドラマ。撮影はエドワード・スケイフ、音楽は「人間の絆」のロン・グッドウィンが担当した。製作はセシル・F・フォード。出演は「あしやからの飛行」のジョージ・チャキリス、TVのクリフ・ロバートソン、新人マリア・パーシーのほか、ハリー・アンドリュース、ドナルド・ヒューストンなど。

監督
ウォルター・グローマン
出演キャスト
クリフ・ロバートソン ジョージ・チャキリス マリア・ペルシー ハリー・アンドリュース

男性の好きなスポーツ

  • 1964年3月14日公開
  • 出演(Isolde_Easy_Mueller 役)

ジョン・フェントン・マレイとスティーヴ・マックニールの共同脚本をハワード・ホークスが演出したスラップスティック・コメディ。撮影はラッセル・ハーラン、音楽は「シャレード」のヘンリー・マンシーニが担当。出演者は「ミサイル空爆戦隊」のロック・ハドソン、「渚のデイト」のポーラ・プレンティス、新人マリア・パーシー、TVからシャーレン・ホルトのほか、ジョン・マクギバー、ロスコー・カーンス、ノーマン・アルデンなど。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ロック・ハドソン ポーラ・プレンティス マリア・ペルシー ジョン・マクギバー
1963年

合言葉は勇気

  • 1963年7月8日公開
  • 出演(Irena 役)

イギリス軍の軍人がドイツの捕虜収容所から人を食った手口で脱走する冒険活劇。出演は「戦艦デファイアント号の反乱」のダーク・ボガード。監督は「影なき恐怖」のアンドリュー・L・ストーン。

監督
アンドリュー・L・ストーン
出演キャスト
ダーク・ボガード マリア・ペルシー アルフレッド・リンチ ナイジェル・ストック
1962年

危険なデイト

  • 1962年3月24日公開
  • 出演(Claudia 役)

「盛装のジュピター」で脚本家から一本立ちの監督になったダニエレ・ダンツァの第二作。撮影は「最後の楽園」のマルコ・スカルペリ。音楽は、「ふたりの女(1989)」や「ローマ・オリンピック 一九六〇」の作曲をしたアルマンド・トロバヨーリで、モダン・ジャズのトランペットの名手チェット・ベイカー達を使って全篇に現代感を盛り上げている。出演は「危険な関係」のジャンヌ・ヴァレリー、「狂った夜」のエルザ・マルティネッリ、「黒い稲妻」のマリア・ペルシー、「アドリアの女海賊」のシーラ・ガベル、ロベルト・リッソ、ピエール・ブリスなど。

監督
ダニエレ・ダンツァ
出演キャスト
ジャンヌ・ヴァレリー マリア・ペルシー シーラ・ガベル A・パニャーニ
1959年

黒い稲妻

  • 1959年4月1日公開
  • 出演(Gretl Mittermayr 役)

スキー選手として有名なトニー・ザイラーを主演させた、スキーヤーを主人公とするドラマ。ザイラーは一九五六年冬期オリンピックで、アルペン種目に三つの金メダルを独占したオーストリアのスキー・チャンピオンである。監督はハンス・グリム。脚本を担当しているのはフランツ・ガイガー。撮影はアリ・フォン・エルフェルスドル。音楽をフランツ・グローテが受けもっている。出演するのはザイラーの他、マリア・ペルシー、ワルトラウト・ハース、「わたしの可愛い人」のオリーヴ・ムーアフィールド、ディートマール・シェーンヘル等。製作ゲオルク・リヒター。

監督
ハンス・グリム
出演キャスト
トニー・ザイラー マリア・ペルシー ワルトラウト・ハース ディートマール・シェーンヘル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリア・ペルシー