TOP > 映画監督・俳優を探す > ロザリオ・ドーソン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2019年 まで合計24映画作品)

2019年

ゾンビランド:ダブルタップ

  • 2019年11月22日(金)
  • 出演(ネバダ 役)

2010年に日本公開された人気ホラーコメディ『ゾンビランド』の続編。前作から10年が経過し、さらにゾンビ化が進んだ地球を舞台に、4人の男女の生き残りを懸けた戦いを描く。ジェシー・アイゼンバーグをはじめ、ウディ・ハレルソン、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリンらメインキャスト4人が再集結し、『ヴェノム』を手掛けたルーベン・フライシャー監督が再びメガホンをとった。

監督
ルーベン・フライシャー
出演キャスト
ウッディ・ハレルソン ジェシー・アイゼンバーグ エマ・ストーン アビゲイル・ブレスリン
2017年

レゴバットマン ザ・ムービー

  • 2017年4月1日(土)
  • 出演(声)(バットガール/バーバラ・ゴードン 役)

スーパーヒーローのバットマンだけでなく、人気キャラクターたちがおもちゃのレゴ(R)になって、騒動を繰り広げるコミカルなアクション。世界を乗っ取ろうと、悪の軍団を結成したジョーカーに対し、バットマンも最強チームを結集して戦いに挑む。キングコングや人気作のあの悪役や怪獣といった豪華な顔ぶれが登場。

監督
クリス・マッケイ
出演キャスト
ウィル・アーネット マイケル・セラ ロザリオ・ドーソン レイフ・ファインズ
2015年

白い沈黙

  • 2015年10月16日(金)
  • 出演(ニコール・ダンロップ 役)

カナダの名匠アトム・エゴヤンによるサスペンス・ミステリー。ある日突然失踪してしまった9歳の娘を捜し続ける父親が、8年後に、何者かから突きつけられた娘の生存を示す手がかりに翻弄されていく姿を描く。体を張ったアクションからコメディまで幅広い役柄をこなすライアン・レイノルズが娘を捜し続ける父親を熱演する。

監督
アトム・エゴヤン
出演キャスト
ライアン・レイノルズ スコット・スピードマン ロザリオ・ドーソン ミレイユ・イーノス

インフェクション 感染

  • 2015年1月6日(火)
  • 出演(ミア 役)

生物兵器の使用により、終末を迎えようとする世界で、運命に抗うように生きる人々の姿を豪華キャストで描いたスリラー。出演は「ブラックホーク・ダウン」のジョシュ・ハートネット、「トランス」のロザリオ・ドーソン、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のフランク・ランジェラ、「きみに読む物語」のジーナ・ローランズ。

監督
ブライアン・ホリウチ
出演キャスト
ジョシュ・ハートネット ロザリオ・ドーソン ジーナ・ローランズ フランク・ランジェラ

シン・シティ 復讐の女神

  • 2015年1月10日(土)
  • 出演(ゲイル 役)

“罪の街”を舞台に繰り広げられる物語を描いたグラフィック・ノベルを、ロバート・ロドリゲスと原作者のフランク・ミラーのコンビが映画化したクライム・アクションの第2弾。ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスらが前作と同じキャラクターに扮し、映画オリジナルの2エピソードを含む4つのエピソードがつづられる。

監督
ロバート・ロドリゲス フランク・ミラー
出演キャスト
ミッキー・ローク ジェシカ・アルバ ジョシュ・ブローリン ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
2013年

トランス

  • 2013年10月11日(金)
  • 出演(エリザベス 役)

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督が、盗み出した絵画に関する記憶を巡り、攻防を繰り広げる人々の姿を描くスタイリッシュなサスペンス。『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』のジェームズ・マカヴォイが記憶を失い、記憶の中とも現実とも見分けのつかない不思議な世界を行きかう主人公に扮する。

監督
ダニー・ボイル
出演キャスト
ジェームズ・マカヴォイ ロザリオ・ドーソン ヴァンサン・カッセル ダニー・スパーニ

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い

  • 2013年2月2日(土)
  • 出演(タリア・ダラム 役)

殺人事件の重要証人が、“証人保護プログラム”適用中に犯人のギャングから命を狙われた事をきっかけに、逆襲に出る姿を描いたサスペンス・アクション。出演は「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」のジョシュ・デュアメル、「アンストッパブル」のロザリオ・ドーソン、「エクスペンダブルズ2」のブルース・ウィリス。

監督
デイヴィッド・バレット
出演キャスト
ジョシュ・デュアメル ロザリオ・ドーソン ブルース・ウィリス ジュリアン・マクマホン
2011年

アンストッパブル(2010)

  • 2011年1月7日(金)
  • 出演(コニー 役)

2001年にアメリカで起きた列車暴走事故を基に、大災害を阻止すべく立ち上がる2人の鉄道員の奮闘を描いたアクション。トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンが、「サブウェイ123 激突」に続き5度目のタッグを組む。CGの使用を抑えたリアルなアクションの連続はもちろん、仲間や家族との絆を描いた感動のドラマにも注目。

監督
トニー・スコット
出演キャスト
デンゼル・ワシントン クリス・パイン ロザリオ・ドーソン ケヴィン・ダン
2010年

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

  • 2010年2月26日(金)
  • 出演(ペルセポネ 役)

「ハリー・ポッター」シリーズのクリス・コロンバス監督が、人気ファンタジー小説を映画化。ギリシャ神話の神の血をひく少年パーシーの冒険の旅を幻想的な映像で描き出す。

監督
クリス・コロンバス
出演キャスト
ローガン・ラーマン ブランドン・T・ジャクソン アレクサンドラ・ダダリオ ジェイク・アベル
2009年

7つの贈り物

  • 2009年2月21日(土)
  • 出演(エミリー・ポーサ 役)

ウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と再びコンビを組んだ人間ドラマ。謎めいた男の“贈り物”をめぐる意外なドラマが衝撃と感動を呼ぶ。

監督
ガブリエレ・ムッチーノ
出演キャスト
ウィル・スミス ロザリオ・ドーソン ウディ・ハレルソン バリー・ペッパー

関連ニュース

最新作で催眠療法をテーマにしたダニー・ボイルが自身の記憶喪失体験を暴露
ダニー・ボイル監督が衝撃の告白!アカデミー賞授賞式を覚えていない!? 10月11日 14:00

盗まれた約40億円の名画を探すため、催眠療法によって失われた記憶を探る心理スリラー『トランス』(10月11日公開)。現実と妄想が交錯し、男女3人の関係も次第に入り乱れていく様子が鮮烈に描かれる。映画のタイトルにもなってい…

会見中、終始ふざけっぱなしのウィル・スミス
あのウィル・スミスがラブシーンで緊張!? 2月10日 15:14

「神は7日間で世界を創造した。僕は7秒間で人生を叩き壊した」――そんな主人公の謎めいたセリフでスタートするのは、2/21(土)に公開を控えているウィル・スミス主演の『7つの贈り物』。謎の男・ベン・トーマスは、“ある計画”…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロザリオ・ドーソン

ムービーウォーカー 上へ戻る