映画-Movie Walker > 人物を探す > レニー・ゼルウィガー

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2020年 まで合計23映画作品)

1997年

ザ・エージェント

  • 1997年5月17日(土)公開
  • 出演(Dorothy Boyd 役)

理想主義のスポーツ・エージェントが挫折のどん底で愛する人に出会い、本当に大切なものに気づく姿を描く、ハートフルなサクセス&ラブ・ストーリー。製作・監督・脚本は「シングルス」のキャメロン・クロウ。製作はクロウ、「愛と追憶の日々」の監督ジェームズ・L・ブルックス、同作を手掛けたローレンス・マーク、リチャード・サカイの共同。撮影は「キルトに綴る愛」のヤヌス・カミンスキー。音楽は元『ローリング・ストーン』誌の編集者だった監督らしく、ダニー・ブラムソンの監修の下、ブルース・スプリングスティーン、ザ・フー、ポール・マッカートニー、ボブ・ディラン、エルヴィス・プレスリー、そして監督夫人のナンシー・ウィルソン(オリジナル・スコアも)らの多彩な楽曲が劇中に使用されている。美術は「シングルス」のスティーヴン・ラインウィーヴァー、編集は「JFK」のジョー・ハッシング、衣裳は「パルプ・フィクション」のベッツィ・ハイマン。主演は「ミッション:インポッシブル」のトム・クルーズと「エンパイア レコード」のレニー・ゼルウィガー。共演は「アウトブレイク」のキューバ・グッディングJr.、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」のケリー・プレストン、「ジュマンジ」のボニー・ハントほか。96年度(第54回)ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)受賞(トム・クルーズ)、96年度(第69回)アカデミー賞助演男優賞受賞(キューバ・グッディングJr.)。

監督
キャメロン・クロウ
出演キャスト
トム・クルーズ キューバ・グッディング・ジュニア レニー・ゼルウィガー ケリー・プレストン
1996年

エンパイア レコード

  • 1996年8月24日(土)公開
  • 出演(Gina 役)

買収の危機にさらされた老舗のレコード店を舞台に、個性的すぎる店員たちが巻き起こす騒動を描いた青春コメディ。監督は「タイムズ・スクエア」「今夜はトーク・ハード」のアラン・モイル。脚本はキャロル・ヘッキニン、製作は「ヒート」のアーノン・ミルチャンと、マイケル・ネイサンソン、アラン・リッチー、トニー・ラドウィグの共同。撮影は「ショート・カッツ」のウォルト・ロイド、美術はピーター・ジェイミソン、編集はマイケル・チャンドラー、衣裳はスーザン・ライヤル。ミッチェル・リーブの音楽監修の下、ジム・ブロッサムズ、クランベリーズなどオルタナティヴ・ロック系のミュージシャンの曲が全編に流れる。出演は「魅せられて」のリヴ・タイラーほかの若手陣に、「依頼人」のアンソニー・ラパグリアなどが脇を固める。

監督
アラン・モイル
出演キャスト
アンソニー・ラパグリア マックスウェル・コールフィールド デビー・マザール ローリー・コックレイン
1995年

悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス

  • 1995年10月21日(土)公開
  • 出演(Jenny 役)

ホラー映画に金字塔を打ち立てた第1作「悪魔のいけにえ」(74)から20年。人の頭の皮で作った仮面を被り、愛用のチェーンソーで人肉を切り刻む猟奇殺人鬼、レザーフェイスの恐怖を描くシリーズ第4作。今回は、第1作や「悪魔の沼」で監督のトビー・フーパーと共同で脚本を書いたキム・ヘンケルが初監督と脚本を担当。前2作とは異なりオリジナルにこだわり、設定や荒れた感触の画質、カット割りなどそのムードを忠実に再現した演出が特色。製作はロバート・J・クーン、撮影はレヴィ・アイザックス、音楽はウェイン・ベル。出演は「リアリティ・バイツ」のレニー・ゼルウェッガー、新星マシュー・マクノウジー、そして4代目レザーフェイスにロバート・ジャックス。加えて第1作でヒロインを演じたマリリン・バーンズ、殺人鬼一家の祖父役のジャック・ドゥガンらオリジナル・キャストがカメオ出演している。

監督
キム・ヘンケル
出演キャスト
レニー・ゼルウィガー マシュー・マコノヒー ロバート・ジャックス トニー・ペレンスキー

関連ニュース

ブリジット・ジョーンズの新恋人役、パトリック・デンプシーがモテ男の秘訣を語る
ブリジット・ジョーンズの新恋人役、パトリック・デンプシーがモテ男の秘訣を語る(2016年10月29日)

人気医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」の天才外科医デレク・シェパード役で絶大な人気を得たパトリック・デンプシーが、『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後…

レニー・ゼルウィガー、ブリジット・ジョーンズと歩んだ15年を語る
レニー・ゼルウィガー、ブリジット・ジョーンズと歩んだ15年を語る(2016年10月28日)

おかえりなさい、ブリジット・ジョーンズ!レニー・ゼルウィガー主演の人気ラブコメディが11年ぶりに公開。『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(…

キアヌ・リーヴス「人生ってタフだよね」人生と映画への情熱を語る
キアヌ・リーヴス「人生ってタフだよね」人生と映画への情熱を語る(2016年3月24日)

51歳となったハリウッド俳優キアヌ・リーヴス。今なお、アクションから人間ドラマまで幅広い役どころにチャレンジし、観客を喜ばせている。彼が私たちを魅了するのは、い…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レニー・ゼルウィガー