映画-Movie Walker > 人物を探す > 奥山和由

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2020年 まで合計111映画作品)

2020年

海辺の映画館-キネマの玉手箱

  • 4月10日(金)
  • エグゼクティブプロデューサー

閉館を迎えた映画館を舞台に銀幕の世界へタイムリープする若者を描いた大林宣彦監督作

監督
大林宣彦
出演キャスト
細山田隆人 吉田玲 常盤貴子 厚木拓郎
2019年

エリカ38

  • 2019年6月7日(金)
  • 製作総指揮

樹木希林が企画を手がけ、浅田美代子が45年ぶりの主演を果たした、実話をベースにした犯罪劇。実年齢を20歳以上詐称し、何億円ものお金を搾取した女性“エリカ”が欲望の深みに堕ちていくさまが描かれる。樹木希林が主人公の母親を演じるほか、平岳大、木内みどり、小松政夫、古谷一行など演技派・個性派が脇を固める。

監督
日比遊一
出演キャスト
浅田美代子 平岳大 窪塚俊介 山崎一
2018年

  • 2018年11月17日(土)
  • 企画、製作

芥川賞作家・中村文則のデビュー作を若手実力派の村上虹郎主演で映画化したサスペンス。ある日、銃を拾ったことから、運命を狂わせていく大学生の姿を描く。『百円の恋』の武正晴監督が、モノクロの映像(一部カラー)で原作の独特な世界観を壊すことなく映像化。第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で監督賞に輝いた。

監督
武正晴
出演キャスト
村上虹郎 広瀬アリス 日南響子 新垣里沙

熱狂宣言

  • 2018年11月4日(日)
  • 監督、製作

「ソナチネ」「GONIN」「うなぎ」など数々の名作を生み出してきたプロデューサー奥山和由が監督を務めるドキュメンタリー。若年性パーキンソン病を抱えながら、会社を東証一部上場企業にまで押し上げた経営者・松村厚久をひたすら観察する奥山流ダイレクトシネマ。音楽は「クロス」の木下航志。

監督
奥山和由
出演キャスト
松村厚久

サムライと愚か者 -オリンパス事件の全貌-

  • 2018年5月19日(土)
  • エグゼクティブ・プロデューサー

老舗光学機器メーカーのオリンパスによる巨額の損失隠しと不透明な企業買収工作が明るみになった、オリンパス事件の内幕に迫るドキュメンタリー。不当解雇された英国人元社長の体験談や記者ら当事者のインタビューを交え、全貌を浮かび上がらせる。監督は短編「わたしが沈黙するとき」の山本兵衛。本作が初長編作品となる。イギリスのBBCなど5ヶ国の放送局の協力のもと制作され、「マン・オン・ワイヤー」を手がけたBBCのプロデューサー、ニック・フレイザーや、「地雷を踏んだらサヨウナラ」ほか数々の映画を製作してきた奥山和由らがエグゼクティブ・プロデューサーとして参加している。

監督
山本兵衛
出演キャスト
マイケル・ウッドフォード 山口義正 阿部重夫 ジョナサン・ソーブル
2017年

クロス

  • 2017年7月1日(土)
  • 監督

宍戸英紀による第39回城戸賞受賞作を映画化。あるジャーナリストによって白日の下に晒された集団リンチ殺人事件。その犯人グループの一人であった知佳の夫・孝史は、愛する人の妻を殺めてしまった過去に苦悩しながらも歯科医院の受付として働く真理子と出会う。出演は「娚(おとこ)の一生」の紺野千春、「恋人たち」の山中聡、「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」のちすん、「赤々煉恋」の秋本奈緒美。監督は「その男、凶暴につき」「うなぎ」など数々の作品をプロデュースしてきた奥山和由と、「蝉しぐれ」「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」などの撮影を手がけ、本作でも撮影を兼任する釘宮慎治。2017年4月21日「島でぜんぶおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」にてワールドプレミア上映。

監督
奥山和由 釘宮慎治
出演キャスト
紺野千春 山中聡 Sharo ちすん

残されし大地

  • 2017年3月11日(土)
  • 配給プロデューサー

福島第一原発から約12キロ離れた富岡町で動物保護活動を続ける男性など、福島の土地と寄り添いながら生きる3組の家族を追ったドキュメンタリー。第36回アミアン国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞、第10回マルセイユ国際科学映画祭最優秀映画賞受賞。監督は、本作が初監督作品にして遺作となったジル・ローラン。

監督
ジル・ローラン
出演キャスト
松村直登 松村代祐 半谷信一 半谷トシ子
2016年

火 Hee

  • 2016年8月20日(土)
  • エグゼクティブ・プロデューサー

女優・桃井かおりの監督第2作は、海外でも高い評価を受ける芥川賞作家・中村文則の短編を映画化したミステリアスなドラマ。日本人精神科医の前に現れる初老の娼婦を桃井自らが演じ、その呪われた生涯を独白する独特な物語の中で、圧倒的な存在感を見せつける。奥山和由が製作総指揮を務める。

監督
桃井かおり
出演キャスト
桃井かおり

時代劇は死なず ちゃんばら美学考

  • 2016年12月3日(土)
  • 製作総指揮

半世紀を越えるキャリアを持つ映画監督の中島貞夫が、様々な角度から時代劇を考察したドキュメンタリー。中島と女優・山本千尋の対談、東映剣会による殺陣の実演、俳優や映画監督へのインタビューに加え、新たに製作した映像を通して、作り手の想いを伝える。証言者として、「真田幸村の謀略」など多数の作品で活躍した松方弘樹も出演。

監督
中島貞夫
出演キャスト
中島貞夫 山本千尋 栗塚旭 山根貞男

追憶

  • 2016年11月5日(土)
  • 製作

太平洋戦争時、日本軍、米国軍を含む1万人が命を失った地・ペリリュー島の真実を映したドキュメンタリー。

監督
小栗謙一
出演キャスト
升本喜年 土田喜代一 大谷清明 大谷慶明

関連ニュース

「牧野省三没後90年」を大々的に取り上げる今年の京都国際映画祭
「京都国際映画祭2019」発表会見が開催!目玉は「牧野省三没後90年」プログラムの数々 2019年9月19日 07:00

前身の「京都映画祭」の伝統と志を引き継ぎ、2014年から行われてきた「京都国際映画祭」は、6回目となる今年もこれまで以上にパワーアップ。9月17日には、京都・よしもと祇園花月で開催概要発表会見が行われた。まずはMCの千原…

『ギャングース』の加藤諒、渡辺大知、入江悠監督が舞台挨拶に登壇
加藤諒がモヒカン頭、渡辺大知が金髪に初挑戦した『ギャングース』を語る 2018年11月1日 20:56

漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画を実写映画化した『ギャングース』(11月23日公開)が、第31回東京国際映画祭の特別招待作品として11月1日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映。加藤諒、渡辺大知…

『銃』で共演した村上虹郎と広瀬アリス
村上虹郎の熱演に広瀬アリスがうなる「虹郎くんがどんどん飲み込まれていく感じがした」 2018年11月1日 20:35

芥川賞作家・中村文則の処女小説を映画化した『銃』(11月17日公開)が、第31回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門作品として11月1日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで上映。主演の村上虹郎、広瀬アリス、武正晴監督、奥…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 奥山和由