映画-Movie Walker > 人物を探す > カール・フランクリン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2004年 まで合計4映画作品)

2004年

タイムリミット

  • 2004年4月10日(土)公開
  • 監督

名優デンゼル・ワシントン主演のノンストップ・サスペンス。何者かの犯罪の罠にはまった警察署長が、次々と降りかかる災難を切り抜けていく様をスリルの連続で描き出す。

監督
カール・フランクリン
出演キャスト
デンゼル・ワシントン エヴァ・メンデス サナ・ラッサン Dean Cain
2002年

ハイ・クライムズ

  • 2002年6月15日(土)公開
  • 監督

ジョセフ・フィンダーの小説「バーニング・ツリー」を映画化した法廷ミステリー。最愛の夫の知られざる過去をめぐり、危険な闘いに挑むことになった女性弁護士の姿を描く。

監督
カール・フランクリン
出演キャスト
アシュレイ・ジャッド モーガン・フリーマン ジム・カヴィーゼル アダム・スコット
1999年

母の眠り

  • 1999年11月13日(土)公開
  • 監督

 人生の深さや命の重みを問いかける心温まる人間ドラマ。正反対な道を歩みなぞの死をとげた母の生き方を通し、親子の関係と家族のきずなを娘の視点で見つめた感動作。

監督
カール・フランクリン
出演キャスト
メリル・ストリープ レニー・ゼルウィガー ウィリアム・ハート トム・エヴェレット・スコット
1996年

青いドレスの女

  • 1996年2月10日(土)公開
  • 監督、脚本

人捜しの依頼を引き受けた素人探偵が、血生臭い殺人事件に巻き込まれる往年のフィルムノワールのムードを漂わせたハードボイルド・サスペンス。クリントン米大統領の愛読書としても知られる、推理作家ウォルター・モズレイの初長編小説『ブルー・ドレスの女』(邦訳・ハヤカワ文庫)の映画化(原作は、同じ主人公が登場する〈イージー・ローリング・シリーズ〉として書き継がれている)。監督・脚本は、俳優から監督に転じ、『運命の引き金』(V、92)で注目されたカール・フランクリン。製作はジェシー・ビートンとゲイリー・ゴーツマン、エクゼクティヴ・プロデューサーは「羊たちの沈黙」「フィラデルフィア」の監督ジョナサン・デミとその盟友エドワード・サクソン。撮影はデミ作品の常連のタク・フジモト、音楽は「サーチ&デストロイ」のエルマー・バーンスタインで、全編に流れるR&Bやジャズのヒットナンバーがノスタルジックな雰囲気を醸し出す。40年代のL.A.の町並みを完璧に再現した美術はゲイリー・フラットコフ。主演は「クリムゾン・タイド」のデンゼル・ワシントン。「フォー・ルームス」のジェニファー・ビールス、「カラーズ 天使の消えた街」のドン・チードル、「ストレンジ・デイズ ―1999年12月31日―」のトム・サイズモアら個性派俳優が脇を固めている。

監督
カール・フランクリン
出演キャスト
デンゼル・ワシントン トム・サイズモア ジェニファー・ビールス ドン・チードル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カール・フランクリン