映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・ハロン

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2019年 まで合計4映画作品)

2019年

チャーリー・セズ/マンソンの女たち

  • 2019年9月6日(金)公開
  • 監督

カルト集団の首領チャールズ・マンソンとそのファミリーによる女優シャロン・テート惨殺から半世紀。悪魔マンソンによる洗脳と狂信への過程を女性実行犯たちを中心に描いたドラマ。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019参加作品。

監督
メアリー・ハロン
出演キャスト
ハンナ・マリー ソシー・ベーコン マリアンヌ・レンドン スキ・ウォーターハウス
2007年

ベティ・ペイジ

  • 2007年12月15日(土)公開
  • 監督、脚本

伝説のピンナップ・ガール、ベティ・ペイジの知られざる人生を映画化。保守的な道徳観が強く残る1950年代を背景に、天真爛漫なヒロインの夢と挫折をつづる。

監督
メアリー・ハロン
出演キャスト
グレッチェン・モル クリス・バウアー ジャレッド・ハリス サラ・ポールソン
2001年

アメリカン・サイコ

  • 2001年5月3日(木)公開
  • 監督、脚本

社会問題まで巻き起こし、映画化不可能と言われた伝説的ベストセラーを完全映画化。二面性を持つ青年の姿をとおし、現代人の心の空白感、その奥底を鋭く暴く衝撃作。

監督
メアリー・ハロン
出演キャスト
クリスチャン・ベール ウィレム・デフォー ジャレッド・レト ジョシュ・ルーカス
1996年

I SHOT ANDY WARHOL

  • 1996年12月14日(土)公開
  • 監督

68年のアンディ・ウォーホル狙撃事件を主題に、その犯人でフェミニスト運動家・劇作家・作家ヴァレリー・ソラナスの半生を描く実録もの。監督はBBCのドキュメンタリー出身で、これが長編劇映画デビュー作となるメアリー・ハロンで、本作の製作にはBBCの著名なドキュメンタリー番組シリーズ“アリーナ”も参加している。製作は「恍惚」など監督作もあるトム・ケイリンと、「KIDS」のクリスティン・ヴァション。エグゼクティヴ・プロデューサーはアメリカン・プレイハウスの総帥として、エロール・モリス監督『The Thin Blue Line』など数々のインディペンデント映画を支えてきたリンゼイ・ロウと、BBCアリーナのアンソニー・ウォール。また脚本はドキュメンタリー作家のダニエル・ミンハン、撮影は「アンジップト」のエレン・クルスと、ドキュメンタリー出身者が主要スタッフを固めている。音楽はウォーホルとはなじみ深いヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルがオリジナル・スコアを書き、ラヴィン・スプーンフル、REM 、MC5などのアーティストの曲が使用されている。美術は「ドゥーム・ジェネレーション」のテレーズ・デプレ。編集はキース・リーマー。主演は「ミセス・パーカー ~ジャズエイジの華~」のリリ・テイラー。名優リチャード・ハリスの息子で「スモーク」「デッドマン」のジャレッド・ハリスがウォーホルに扮し、「バック・ビート」のスティーヴン・ドーフがウォーホルに可愛がられたドラッグ・クイーンのキャンディ・ダーリングの役で怪演。ほかに「ビューティフル・ガールズ」のマーサ・プリンプトン、「ブラック・ローブ」のロテール・ブリュトーらの共演。

監督
メアリー・ハロン
出演キャスト
リリ・テイラー ジャレッド・ハリス スティーブン・ドーフ マーサ・プリンプトン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メアリー・ハロン