映画-Movie Walker > 人物を探す > ギャヴィン・ゴードン

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1955年 まで合計18映画作品)

1933年

肉の蝋人形(1933)

  • 1933年当年公開
  • 出演(Harold Winton 役)

「ドクターX」「春なき二万年」のマイケル・カーティズが監督した恐怖映画で、チャールズ・S・ベルドン作の舞台劇の基づいて、ドン・マラリーとカール・エリクソンが共同して台本を作った。撮影は「ドクターX」のレイ・レナハンの担当。主演者は「ドクターX」「動物園の殺人」のライオネル・アトウィルで「キング・コング(1933)」のフェイ・レイ、「仮面の米国」「生の創め」のグレンダ・ファレル、「犯罪都市(1931)」「落下傘」のフランク・マクヒュー、「海底マラソン」のエドウィン・マクスウェル、「ドクターX」のアーサー・エドモンド・カリューおよびトーマス・ジャックソン、「ロマンス」のギャヴィン・ゴードン、アレン・ヴィンセント、マシュー・ベッツ等が共演。全編テクニカラーの極彩色を施したもの。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ライオネル・アトウィル フェイ・レイ グレンダ・ファレル アレン・ヴィンセント

僕はカウボーイ

  • 1933年当年公開
  • 出演(Jim_Weston 役)

「僕の武勇伝」「僕の自叙伝」と同じくジャッキー・クーパーが主演する映画で、ウィル・メームス作の小説に基づいて「荒浪越えて」「空の花嫁」のアグネス・ブランド・リーがボビー・ヴァーノンと共同改作し「追いつめられた女」「恐怖の甲板」のポール・H・スローンが脚色監督したもの。カメラは「唄へ!踊れ!(1933)」「深夜の紳士」のテオドル・スパークールが担当。助演者は映画所出演の舞台俳優アディスン・リチャーズ、「六月十三日の夜」「監視装甲車」のレイレ・リー、「狂乱のアメリカ」のギャヴィン・ゴードン、「ドクターX」のジョン・レイ、「青春の頬杖」のバートン・マクレーン、「春を讃えよ」のJ・M・ケルガン等。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ジャッキー・クーパー ライラ・リー アディスン・リチャーズ ジュン・ゴードン
1931年

戦時特務機関

  • 1931年当年公開
  • 出演(Arelsford 役)

「シマロン(1931)」「ドノヴァン・キッド」と同じくリチャード・ディックス主演映画でウィリアム・ジレット作の舞台劇をバーナード・シューバートが脚色し、脚色者だったJ・ウォルター・ルーベンが監督に当たったもの。助演者は新進のシャーリー・グレイ、「ロマンス」「燃ゆる海原」のギャヴィン・ゴードン、ウィリアム・ポスト・ジュニア、ハロルド・キニー、クラレンス・ミューズ等で撮影はディクス映画専属のエド・クロンジェガーの担当である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
リチャード・ディックス シャーリー・グレイ ウィリアム・ポスト・ジュニア ギャヴィン・ゴードン

緑の処女地

  • 1931年当年公開
  • 出演(Evan_Muir 役)

エリザベス・M・ロバーツの小説からエディス・エリスの助力を得て「肉体の呼ぶ声」の監督者チャールズ・ブレイビンが脚色し、メガフォンをとり、「接吻」のウィリアム・ダニエルス、「異教徒」のクライド・デ・ヴィナが撮影したもので主なる出演者は「船出の朝」のジョン・マック・ブラウン、「彼女は戦いに行く」のエリナー・ボードマン、ルシル・ラ・ヴァーン、アニタ・ルイズ、ギャヴィン・ゴードンなどである。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン エリナー・ボードマン ルシル・ラ・ヴァーン アニタ・ルイズ

燃ゆる海原

  • 1931年当年公開
  • 出演(Mike 役)

「結婚双紙」「ビッグ・ハウス」のローバート・モンゴメリーのスター昇進第1回作品で、アーネスト・ペインターの小説マスキー」から「エロチック艦隊」「若殿頑張る」のレイモンド・L・シュロック、デルマー・エイヴス、ルウ・エデルマン、マルカム・スチュアート・ポインラン、海軍少佐ウイード等が協力して脚本に組み立て「ショウ・ボート(1929)」「妻呼ぶ怒涛」のハリー・ポラードが監督し「異教徒」「トレンデー・ホーン」のリカルド・デ・ヴァンナがクランクしたもので、助演者「惨劇の波止場」「肉体の呼ぶ声」のドロシイー・ジョーダン「大飛行船」「悪魔の日曜日」のホバート・ポスウォース、「肉体の呼ぶ声」「戦う隊商」のアーネスト・トーレンス、「モンタナの月」のクリフ・エドワーズ、ギャヴィン・ゴードン、エドワード・ヌージェント、ジョーン・マーシュ等々である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー アーネスト・トーレンス ドロシー・ジョーダン ホバート・ボスウォース
1930年

ロマンス(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Tom_Armstrong 役)

「インスピレーション」「船出の朝」と同じくグレタ・ガルボの主演映画である。エドワード・シェルダンの筆になる舞台劇から「海魔」「月光の曲」のベス・メレディス、エドウィン・ジャスタス・メイヤーが協力して撮影台本を作り上げ、台詞を書き、「インスピレーション」「アンナ・クリスティ」のクラレンス・ブラウンが監督し、「緑の処女地」「仮染の唇」のウィリアム・ダニエルスがクランクしたもので助演者として「街の令嬢」「インスピレーション」のルイス・ストーン、「緑の処女地」のギャヴィン・ゴードン、「スポーツ王国」のエリオット・ニュージェント、フローレンス・レイク、クララ・ブランディックその他がつき合っている。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ルイス・ストーン ギャヴィン・ゴードン エリオット・ニュージェント

銀鱗に躍る

  • 1930年当年公開
  • 出演(Fred_Marsh 役)

かつても映画化されたことのあるレックス・ビーチ原作のアラスカ小説「白銀の魚群」のトーキー化で、「火の翼」と同じくウォーレス・スミスが脚色して台詞を書き、ジョージ・アーチェンボードが監督に当たり、レオ・トーヴァーがカメラを受け持っている。出演者は「桃色の盗賊」「暗い部屋」のイヴリン・ブレント、「南海の却火」「火の翼」のジョエル・マクリー、「西部戦線異状なし」のルイス・ウォルハイム、「珍暗黒街」のジーン・アーサー、「戦時特務機関」のギャヴィン・ゴードン、「西部鉄拳王」のレイモンド・ハットン等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
イヴリン・ブレント ルイス・ウォルハイム ジョエル・マクリー レイモンド・ハットン
1929年

ヨーロッパ突進

  • 1929年当年公開
  • 出演(Don_Merrill 役)

「娘乱暴記」「空中サーカス」等のスー・キャロル嬢と「大河の奇賊」「娘乱暴記」のニック・スチュアート氏とが共演する喜劇で「空中サーカス」「名物3羽烏」のアンドリュー・ベニンソン氏が書却した台本により「モダーン三銃士」「青春謳歌」のデヴィット・バトラー氏と「青空」「キット・カーソン」のアルフレッド・L・ワーカー氏とが共同監督したもの。助演者は「思い出」「バラ・ウー」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏で、撮影は「クリスティナ」「大河の奇賊」のルシエン・アンドリオ氏と、「モダーン三銃士」「ニュース前進曲」のシドニー・ワグナー氏とが共同で当たった。

監督
デイヴィッド・バトラー アルフレッド・L・ワーカー
出演キャスト
スー・キャロル ニック・スチュアート グスタフ・フォン・セイファーティッツ ギャヴィン・ゴードン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギャヴィン・ゴードン