映画-Movie Walker > 人物を探す > ドン・ルース

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

ガーンジー島の読書会の秘密

  • 2019年8月30日(金)公開
  • 脚本

マイク・ニューウェルがメアリー・アン・シェイファーの同名小説を映画化した心温まるミステリー。1946年、終戦直後のロンドン。作家ジュリエットは、エリザベスという女性が創設した“ガーンジー島の読書会”に関する記事を書こうと、島を訪れるが……。出演は「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、『ゲーム・オブ・スローンズ』のミキール・ハースマン。

監督
マイク・ニューウェル
出演キャスト
リリー・ジェームズ ミキール・ハースマン グレン・パウエル ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ
2011年

水曜日のエミリア

  • 2011年7月2日(土)公開
  • 監督、脚本

『ブラック・スワン』でアカデミー賞主演女優賞に輝いた、ナタリー・ポートマンが製作総指揮、主演を務める人間ドラマ。妻子ある男性に恋をし、結婚を果たした女性が、自分に心を開かない彼の子どもと向き合い、次第に心を通わせてゆく。自身も婚約、妊娠を発表し、女性としての人生の転機を迎えたナタリーの意欲作だ。

監督
ドン・ルース
出演キャスト
ナタリー・ポートマン スコット・コーエン チャーリー・ターハン ローレン・アンブローズ
2009年

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

  • 2009年3月27日(金)公開
  • 脚本

全米で大ヒットを記録した動物コメディ。型破りなほどヤンチャな犬を家族として迎え入れた夫婦の奮闘が爆笑を誘い、人生のすばらしさをうたう物語が感動を呼ぶ。

監督
デヴィッド・フランケル
出演キャスト
オーウェン・ウィルソン ジェニファー・アニストン エリック・デイン キャスリーン・ターナー
2001年

偶然の恋人

  • 2001年3月3日(土)公開
  • 監督、脚本

偶然から始まる男女の恋を描く恋愛ドラマ。心に傷を持つ男女の葛藤と再生、新たな恋の行方をロマンチックにつづり、感動をよぶ。

監督
ドン・ルース
出演キャスト
ベン・アフレック グウィネス・パルトロウ ジョー・モートン ナターシャ・ヘンストリッジ
1996年

悪魔のような女(1996)

  • 1996年7月13日(土)公開
  • 脚本

暴力的な男を妻と愛人が共謀して殺した事件の顛末を、二転三転するプロットとショック演出の多用で綴ったサスペンス・スリラー。アルフレッド・ヒッチコックと並ぶサスペンス映画の巨匠、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督で55年に映画化されたフランス推理小説界の重鎮、ピエール・ボワロー&トマ・ナルスジャックの小説『悪魔のような女』(ハヤカワ・ミステリ文庫刊)を、米仏の3大女優の共演で再映画化。監督には「ナショナル・ランプーン クリスマス・バケーション」「妹の恋人」の新鋭ジェレマイア・S・チェチック。脚本は「ルームメイト」のドン・ルース。製作は「マルコムX」のマーヴィン・ワースと、モーガン・クリークの主宰者で「メジャーリーグ」シリーズのジェームズ・G・ロビンソン。エクゼクティヴ・プロデューサーは、ゲイリー・バーバー、ビル・トッドマン・ジュニア、ジェリー・オフセイ、チャック・ビンダーの共同。撮影は「ブラック・ローブ」のピーター・ジェームズ、音楽は「エンジェルス」のランディ・エデルマン、美術は「キルトに綴る愛」のレスリー・ディリー。主演は「カジノ」のシャロン・ストーン、「王妃マルゴ」のイザベル・アジャーニ、「どんな時も」のキャシー・ベイツ。共演は「ユージュアル・サスペクツ」のチャズ・パルミンテリ、「ザ・ペーパー」のスポルディング・グレイ、TVドラマ『シカゴ・ホープ』のアラン・ガーフィールドほか。

監督
ジェレマイア・S・チェチック
出演キャスト
シャロン・ストーン イザベル・アジャーニ チャズ・パルミンテリ キャシー・ベイツ
1995年

ボーイズ・オン・ザ・サイド

  • 1995年9月2日(土)公開
  • 製作総指揮、脚本

ドロップ・アウトした女性3人組が旅を続けるうちに女ならではの友情に目覚めていく姿を描いたロード・ムービー。監督は「マグノリアの花たち」のハーバート・ロス、製作はアーノン・ミルチャン、スティーヴン・ルーサー、ハーバート・ロス、エグゼクティヴ・プロデューサーはドン・ルースとパトリシア・カーラン、脚本はドン・ルース、撮影はドナルド・ソーリン、音楽はデイヴィッド・ニューマン、編集はマイケル・R・ミラー、美術は「007」シリーズなどで知られる名匠ケン・アダム、衣装はグロリア・グレシャムがそれぞれ担当。主演は「コリーナ、コリーナ」のウーピー・ゴールドバーグ、「バッド・ガールズ」のドリュー・バリモア、「ブロードウェイと銃弾」のメアリー・ルイーズ・パーカー。共演は「ディック・トレイシー」のエステル・パーソンズほか。

監督
ハーバート・ロス
出演キャスト
ウーピー・ゴールドバーグ メアリー・ルイーズ・パーカー ドリュー・バリモア マシュー・マコノヒー
1993年

ルームメイト(1992)

  • 1993年1月23日(土)公開
  • 脚本

ニューヨークの高級アパートで暮らす女性が、ルームメイトの一見平凡な娘の狂気に追いつめられていく姿を描いたサイコ・スリラー。監督・製作は、エリック・ロメール監督作品のプロデューサーを務め、69年「モア」で監督デビューし、ゴリラの生態などのドキュメンタリー映画作家としても知られ、87年の「バーフライ」でアメリカに進出し、前作「運命の逆転」でアカデミー賞にノミネートされたバーベット・シュローダー。エグゼクティヴ・プロデューサーは「バーフライ」のジャック・バラン。ジョン・ラッツのミステリー「同居人を求む」を原作に、ドン・ルースが脚色。撮影は「運命の逆転」のルチアーノ・トボリ、音楽は「裸のランチ」のハワード・ショアが担当。主演は俳優ピーター・フォンダの娘であるブリジット・フォンダと、名性格俳優だった故ヴィック・モローを父に持つジェニファー・ジェイソン・リー。

監督
バーベット・シュローダー
出演キャスト
ブリジット・フォンダ ジェニファー・ジェイソン・リー スティーヴン・ウェバー ピーター・フリードマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドン・ルース