映画-Movie Walker > 人物を探す > ブレンダ・ブレッシン

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2014年 まで合計10映画作品)

2014年

ロンドン・リバー

  • 2014年8月16日(土)公開
  • 出演(エリザベート 役)

2005年に起きたロンドン同時多発テロで、ともに子どもが消息不明になったムスリムの男性とカトリックの女性が、文化的背景の違いを乗り越え、協力して捜索に乗り出す姿を描いたドラマ。2009年のベルリン国際映画祭でソディギ・クヤテ(「薬指の標本」)が男優賞を受賞した。共演は「秘密と嘘」のブレンダ・ブレッシン。

監督
ラシッド・ブシャール
出演キャスト
ブレンダ・ブレッシン ソティギ・クヤテ フランシス・マギー サミ・ブアジラ
2008年

つぐない

  • 2008年4月12日(土)公開
  • 出演(グレイス・ターナー 役)

人気女優キーラ・ナイトレイが「プライドと偏見」の監督と再び組み、ベストセラー「贖罪」の映画化に挑んだ大河ロマン。戦争によって翻弄される男女3人の痛切な運命が展開。

監督
ジョー・ライト
出演キャスト
キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マカヴォイ シーアシャ・ローナン ロモーラ・ガライ
2006年

プライドと偏見

  • 2006年1月14日(土)公開
  • 出演(ベネット夫人 役)

ジェーン・オースティンの名作小説をキーラ・ナイトレイ主演で映画化した恋愛劇。英国の上流社会を背景に、“結婚”という切実な問題に直面したヒロインの葛藤をつづる。

監督
ジョー・ライト
出演キャスト
キーラ・ナイトレイ タルラ・ライリー ロザムンド・パイク ジェナ・マローン
2005年

ビヨンド the シー 夢見るように歌えば

  • 2005年2月26日(土)公開
  • 出演(ポリー・カソット 役)

37歳で他界した人気歌手ボビー・ダーリンの生涯を描くドラマ。短くも激しいその生きざまと、監督&主演のケビン・スペイシーが自らこなす歌や踊りも圧巻の感動作。

監督
ケヴィン・スペイシー
出演キャスト
ケヴィン・スペイシー ケイト・ボスワース ジョン・グッドマン ボブ・ホスキンス
2004年

ソニー

  • 2004年4月17日(土)公開
  • 出演(Jewel Phillips 役)

「アダプテーション」の人気俳優ニコラス・ケイジが初監督に挑んだ人間ドラマ。体を売るせつな的な日々から抜け出そうとする青年の苦難の道のりを、シリアスな語り口で描く。

監督
ニコラス・ケイジ
出演キャスト
ジェームズ・フランコ ミーナ・スヴァーリ ブレンダ・ブレッシン ハリー・ディーン・スタントン
2003年

スリーピング・ディクショナリー

  • 2003年3月1日(土)公開
  • 出演(Aggie 役)

ジェームズ・キャメロン監督によるテレビドラマ「ダーク・エンジェル」の、ジェシカ・アルバ主演によるラブ・ロマンス。20年代インドネシアを舞台に英国人青年と現地人妻の禁断の恋を描く。

監督
ガイ・ジェンキン
出演キャスト
ヒュー・ダンシー ジェシカ・アルバ ボブ・ホスキンス ブレンダ・ブレッシン
1999年

リトル・ヴォイス

  • 1999年9月11日(土)公開
  • 出演(Mari Hoff 役)

無口な少女の秘めた才能が一気に開花するさまを、スタンダードナンバーに乗せて描いたドラマ。監督は「ブラス!」のマーク・ハーマン。脚本はジム・カートライトの戯曲『The Rise avd Fall of Little Voice』を基にマーク・ハーマンとジム・カートライトが脚色。製作は「ネオン・バイブル」のエリザベス・カールセン。製作総指揮は「トゥエンティフォー・セブン」のニック・パウエル、スティーヴン・ウーリー。撮影は「ブラス!」のアンディ・コリンズ。音楽は「恋はワンダフル!?」のジョン・アルトマン。編集は「ブルー・ジュース」のマイケル・エリス。衣裳は「フォー・ウェディング」のリンディ・ヘミング。出演は「セカンド・ベスト 父を探す旅」のジェイン・ホロックス、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」のユアン・マクレガー、「沈黙の要塞」のマイケル・ケインほか。

監督
マーク・ハーマン
出演キャスト
ジェーン・ホロックス ユアン・マクレガー ブレンダ・ブレッシン マイケル・ケイン

ガールズナイト(1997)

  • 1999年2月27日(土)公開
  • 出演(Dawn 役)

親友同士の二人の中年婦人の友情を描いたハートフルなヒューマンドラマ。監督はテレビ界出身のニック・ハラン。脚本は英国のテレビで注目されたケイ・メラー。製作はビル・ボイス。製作総指揮は「マイ・レフト・フット」のピッパ・クロス。撮影はデイヴィッド・オッド。音楽はエド・シェアマー。美術はタフ・バトリー。編集はジョン・リチャーズ。出演は「秘密と嘘」のブレンダ・ブレッシン、「ステッピン・アウト」のジュリー・ウォルターズ、「ペイバック」のクリス・クリストファーソン、「旅する女 シャーリー・バレンタイン」のジョージ・コスティガン、「ブラス!」のフィリップ・ジャクソンほか。

監督
ニック・ハラン
出演キャスト
ブレンダ・ブレッシン ジュリー・ウォルターズ クリス・クリストファーソン ジェームズ・ガッダス
1996年

秘密と嘘

  • 1996年12月21日(土)公開
  • 出演

養子として育てられた女性が実の親を探し、その家族の中に入っていくことから明かされる、家族をめぐる“秘密と嘘”……そこから生まれる新しい家族の姿と和解を描くヒューマン・ドラマ。監督は「ネイキッド」のマイク・リー。いわゆる脚本はなく、シチュエーションとシーンの羅列を記した簡素なメモから、俳優たちとの長期リハーサルでドラマが作られた。製作はリーの製作会社シンマン・フィルムのプロデューサーとして『High Hopes』以来その全作を手掛けるサイモン・チャニング=ウィリアムズ。撮影はリーとは『ライフ・イズ・スイート』(V)以来のパートナーである、「アメリカン・ダンク」などのディック・ポープ。美術のアリソン・シティ、録音のジョージ・リチャーズ、編集のジョン・グレゴリーは「ネイキッド」に引き続いての参加。出演は「リバー・ランズ・スルー・イット」のブレンダ・ブレッシン、『ライフ・イズ・スウィート』(V)に続いて3作目のリー作品への出演となる「シェルタリング・スカイ」のティモシー・スポールほか。96年カンヌ映画祭パルム・ドール、主演女優賞(シンシア・パーリー)、国際批評家連盟賞の三冠を獲得した。

監督
マイク・リー
出演キャスト
ブレンダ・ブレッシン ティモシー・スポール フィリス・ローガン クレア・ラッシュブルック
1993年

リバー・ランズ・スルー・イット

  • 1993年9月4日(土)公開
  • 出演(Mrs Maclean 役)

1920年代のモンタナを舞台に、フライフィッシングで結ばれた兄弟と父親の家族の絆を描く人間ドラマ。監督・製作は「ミラグロ 奇蹟の地」のロバート・レッドフォード、共同製作はパトリック・マーキー、エクゼクディヴ・プロデューサーは「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」のジェイク・ノーマン・マクリーンの自伝的小説『マクリーンの川』(集英社)をもとに、「愛の選択」のリチャード・フリーデンバーグが脚本を執筆。撮影は「ジャック・サマースビー」のフィリップ・ルースロ、音楽は「二十日鼠と人間」のマーク・アイシャムが担当。出演は「ジョニー・スエード」のブラッド・ピット、「恋しくて」のクレイグ・シェーファー、「マグノリアの花たち」のトム・スケリット、「イン・カントリー」のエミリー・ロイドなど。第65回アカデミー撮影賞受賞。

監督
ロバート・レッドフォード
出演キャスト
ブラッド・ピット クレイグ・シェファー トム・スケリット ブレンダ・ブレッシン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブレンダ・ブレッシン