映画-Movie Walker > 人物を探す > ロン・チャニー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1981年 まで合計55映画作品)

1952年

真昼の決闘

  • 1952年9月16日公開
  • 出演(Martin_Howe 役)

「シラノ・ド・ベルジュラック」のスタンリー・クレイマーが、1952年に製作した西部劇で、監督は「暴力行為」のフレッド・ジンネマン。ジョン・W・カニンガムの短編小説に基づいて「シラノ」のカール・フォアマンが脚色した。音楽の作曲と指揮はディミトリ・ティオムキン「井戸」で、主題のバラード『ハイ・ヌーン』はティオムキン作曲、ネッド・ウォシントン作詞。撮影はフロイド・クロスビーの担当。主演は「誰が為に鐘は鳴る」のゲイリー・クーパーで、トーマス・ミッチェル「風と共に去りぬ」、ロイド・ブリッジス「拳銃45」、メキシコ出身のカティ・フラドー、テレビ・スターから映画入りした新進グレイス・ケリー、オットー・クルーガー「ヴァレンチノ」、ロン・チャニイ、ヘンリー・モーガン、アイアン・マクドナルドらが助演。

監督
フレッド・ジンネマン
出演キャスト
ゲイリー・クーパー トーマス・ミッチェル ロイド・ブリッジス カティ・フラード
1951年

勇者のみ(1951)

  • 1951年公開
  • 出演(Trooper_Kebussyan 役)

チャールズ・マーキス・ウォーレンの同名小説を「地球の静止する日」のエドモント・H・ノースと「怒涛の果て」のハリー・ブラウンが脚色、「剣侠ロビン」のゴードン・ダグラスが監督した西部軍事劇。「いちごブロンド」のウィリアム・キャグニーが製作する1951年作品で、撮影はライオネル・リンドン(「腰抜けと原爆娘」)、音楽はフランツ・ワックスマン(潜行者)の担当。「拳銃王」のグレゴリー・ペックと「ダラス」のバーバラ・ペイトンが主演し、他に「愛と血の大地」のワード・ボンド、「秘境」のギグ・ヤング、「南支那海」のロン・チャニーらが共演。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
グレゴリー・ペック バーバラ・ペイトン ワード・ボンド ギグ・ヤング

南支那海

  • 1951年5月1日公開
  • 出演(Red_Lynch 役)

ジョン及びグウェン・バーニ兄弟の原案を、グウェンが監督者のルイス・R・フォスター「ボートの八人娘」と協同脚色した1950年映画。「燃える密林」と同じくウィリアム・H・パインとウィリアム・C・トマスの協同製作になるもので、撮影はジョン・アルトン、音楽はルシアン・カイリエ。「センチメンタル・ジャーニー」のジョン・ペイン、「密林空路」のゲイル・ラッセルをめぐって、ジェフリー・リン、ロン・チャニー、エドガー・バーゲンらが出演する。

監督
ルイス・R・フォスター
出演キャスト
ジョン・ペイン ゲイル・ラッセル ジェフリー・リン ロン・チャニー

死闘の銀山

  • 1951年2月20日公開
  • 出演(Murkil 役)

クラリオン・プロ製作になる1947年度シネカラー西部劇。「西部の裁き」と同じくリューク・ショートの原作をレイ・エンライトが監督、ランドルフ・スコットが主演し、フレッド・ジャックマン・ジュニア、デヴィド・チャドナウが夫々撮影、音楽を担当している。脚本は「拳銃街道」のジーン・ルイスと、クラレンス・アプスン・ヤング。スコットを中心に「新モンテ・クリスト」のバーバラ・ブリトン、「西部の嵐」のジョージ・ギャビー・ヘイズ、「夜の悪魔」のロン・チャニー、ラッセル・ヘイドン、キャスリン・クレイグらが共演する。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ランドルフ・スコット バーバラ・ブリトン ジョージ・ギャビー・ヘイス ロン・チャニー
1950年

夜の悪魔

  • 1950年1月14日公開
  • 出演(Count_Dracula 役)

吸血鬼ドラキュラ物の続編で、「らせん階段(1946)」「暗い鏡」のロバート・シオドマクが渡米後まもなく監督した1943年作品。原作は在ドイツ時代「FP1号応答なし」等を書き、渡米後は怪奇物を手がけているカート・シオドマク執筆、「フランケンシュタインの幽霊」の原作者エリック・テイラーが脚色した。主役は「フランケンシュタインの幽霊」のロン・チャニーで、B級映画に多く出演しているロバート・ペイジ、「卵と私」のルイズ・オルブリットン、「フランケンシュタインの幽霊」のイヴリン・アンカース、「我等の町」のフランク・クレイヴン、「快傑ゾロ(1940)」のJ・エドワード・ブロムバーグ等が共演する。撮影は「歌は星空」のジョージ・ロビンスンの担当。

監督
ロバート・シオドマク
出演キャスト
ロン・チャニー ロバート・ペイジ ルイズ・オルブリットン イヴリン・アンカース
1949年

フランケンシュタインの幽霊

  • 1949年10月公開
  • 出演(The_Monster 役)

「フランケンシュタイン復活」に次ぐフランケンシュタイン・シリーズの第4作で1942年作品。原作は「オペラの怪人(1943)」のエリック・テイラーの書きおろしで、「極楽闘牛士」のW・スコット・ダーリングが脚色し、「凸凹探偵の巻」「凸凹宝島騒動」のアール・C・ケントンが監督し、「暗い鏡」のミルトン・クラスナーと「クリスマスの休暇」のウディ・ブレデルが共同撮影したもので、音楽はハンス・J・サルターが作編曲した。出演俳優は「謎の下宿人」「王国の鍵」のセドリック・ハードウィック、「大平原」のロン・チャニー、「フランケンシュタイン復活」のイヴリン・アンカース及びベラ・ルゴシ、ラルフ・ベラミー、ライオネル・アトウィル及び子役のジャネット・アン・ガロウ等である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
サー・セドリック・ハードウィック ロン・チャニー ラルフ・ベラミー ライオネル・アトウィル
1929年

獣人タイガ

  • 1929年公開
  • 出演(Tiger_Haynes 役)

「鉄路の王者」「ザンジバルの西」と同じく故ロン・チャニーが主演する映画で、トッド・ブラウニングとハリー・シンクレア・ドラゴが合作したストーリーを基に「黎明の剣士」「キートンのエキストラ」のリチャード・スカイヤーが脚色し、「見世物」「知られぬ人」のトッド・ブラウニングが監督し、「スピードウェイ」「鉄路の王者」のヘンリー・シャープが撮影にあたった。助演者は「嵐」「激流恋をのせて」のルーペ・ヴェレス、「ドン・ファン(1926)」のエステル・テイラー、トム・マクガイアー、アリス・モー、ビートリス・バンヤードその他である。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ロン・チャニー ルーペ・ヴェレス エステル・テイラー トム・マクガイアー

鉄路の王者

  • 1929年公開
  • 出演(Grumpy_Anderson 役)

「ザンジバルの西」「知られぬ人」と同じくロン・チャニー氏主演映画で、スピード活劇物の作者として有名なバイロン・モーガン氏が新たに書下した物語を氏自らアン・プライス女史と共同脚色し、「消防隊」「シンガポール」のウィリアム・ナイ氏が監督、「鉄假面」「滑れケリー」のヘンリー・シャープ氏が撮影したものである。助演者は「ローズマリー(1928)」「假の塒」のジェームズ・マレイ氏、「破戒」のジョージ・ダーイー氏、「通り魔」「波乗り越えて」のフィリス・ヘイヴァー嬢、フランセス・モリス嬢等である。音声版9巻、無声版9巻がある。

監督
ウィリアム・ナイ
出演キャスト
ロン・チャニー フィリス・ヘイヴァー ジェームズ・マレイ ジョージ・ダーイー
1928年

ザンジバルの西

  • 1928年公開
  • 出演(Phroso 役)

「見世物」「黒い鳥」と同じくトッド・ブラウニング氏の監督作品でチェスター・デボンド氏とキルバーン・ゴードン氏合作のストーリーより「マンダレイの道」「オペラの怪人(1925)」のエリオット・J・クローソン氏が脚色したもの、主役を演ずるは「マンダレイの道」「黒い鳥」のロン・チェニイ氏で助演者として「愛の太鼓」「港の女」のライオネル・バリモア氏、「天晴れ名騎手」「情熱の砂漠」のメリイ・ノーラン嬢、「リンダ」「懐しのアリゾナ」のワーナー・バクスター氏、ジャクリーン・ガズドン嬢、カラ・パシャ氏その他が顔を見せている。撮影者は「バレンシア」「コサック(1928)」と同じくパーシー・ヒルバーン氏が担任している。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ロン・チャニー ライオネル・バリモア メアリー・ノーラン ワーナー・バクスター
1927年

知られぬ人

  • 1927年公開
  • 出演(Alonzo 役)

「三人」「法の外(1921)」等と同じくロン・チャニー氏が主演し、トッド・ブラウニング氏が監督した映画である。原作はブラウニング氏が映画様にと書卸したストーリで、それをウォルデマー・ヤング氏が脚色している。主役チェニー氏を助けて「密輸入者の恋」「三人の踊子」等主演のーン・クロウフォード嬢ト「アニー・ローリー」「君が為め命捧げん」のモーマン・ケリー氏とが主演するほか、ニック・デ・ルイス氏、ジョン・ジョージ氏、フランク・ラニング氏、等も顔を見せている。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ロン・チャニー ノーマン・ケリー ジョーン・クロフォード ニック・デ・ルイス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロン・チャニー