映画-Movie Walker > 人物を探す > ウェス・ステューディ

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2019年 まで合計10映画作品)

2019年

荒野の誓い

  • 2019年9月6日(金)
  • 出演(イエロー・ホーク首長 役)

クリスチャン・ベール主演の西部劇。1892年、ニューメキシコ州。かつてインディアンと戦った騎兵隊のジョー・ブロッカーは、シャイアン族の酋長イエロー・ホークの護送任務に就く。途中、コマンチ族に家族を殺された女性ロザリーを加え、旅は続くが……。共演は「プライベート・ウォー」のロザムンド・パイク、「アバター」のウェス・ステューディ、「君の名前で僕を呼んで」のティモシー・シャラメ。監督は「ブラック・スキャンダル」のスコット・クーパー。

監督
スコット・クーパー
出演キャスト
クリスチャン・ベール ロザムンド・パイク ウェス・ステューディ ベン・フォスター
2014年

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて

  • 2014年10月10日(金)
  • 出演(コチース 役)

『テッド』のセス・マクファーレン監督が自ら主人公を演じる、コミカルな西部劇。銃も撃ったことのないオタク青年が、ミステリアスな美女と知り合ったのをきっかけに、悪党に戦いを挑んでいく姿がつづられる。主人公のガールフレンドをアマンダ・サイフリッド、謎の美女をシャーリーズ・セロンが演じるなど豪華女優陣の共演にも注目。

監督
セス・マクファーレン
出演キャスト
セス・マクファーレン シャーリーズ・セロン アマンダ・サイフリッド ジョヴァンニ・リビシ
2010年

アバター 特別編(2009)

  • 2010年10月16日(土)
  • 出演(エイトゥカン 役)

独特の奥行きのある3D映像と深遠なテーマが評判を呼び、世界興収歴代No.1に輝いたジェームズ・キャメロン監督によるSFドラマが9分間の未公開映像を加えて再登場。地球から遠く離れた衛星パンドラを舞台に、“アバター”と呼ばれる肉体を手に入れた青年ジェイクと、その星の先住民の女性ネイティリとの出会いが星の運命を左右する。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ シガニー・ウィーヴァー スティーブン・ラング
2009年

アバター(2009)

  • 2009年12月23日(水)
  • 出演

「タイタニック」のジェームズ・キャメロンの12年ぶりの監督作は、驚異の映像で描く愛と感動の物語。とある星の住人となり、ひとつの文明を救う戦いに挑む青年の姿がつづられる。

監督
ジェームズ・キャメロン
出演キャスト
サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ ミシェル・ロドリゲス スティーブン・ラング
2006年

ニュー・ワールド

  • 2006年4月22日(土)
  • 出演(オペチャンカノフ 役)

「シン・レッド・ライン」の巨匠テレンス・マリック監督最新作。コリン・ファレル扮する英国人冒険家とアメリカの先住民族の娘との運命的な愛の行方を壮大なスケールで描く。

監督
テレンス・マリック
出演キャスト
コリン・ファレル クリスチャン・ベール クオリアンカ・キルヒャー クリストファー・プラマー
2003年

デッドロック

  • 2003年12月20日(土)
  • 出演(Mingo Pace 役)

刑務所を舞台にした硬派なアクション。獄中の天才ボクサー2人の、対決までの過程を熱いタッチで描く。戦いを欲し続ける男たちの切望が結実した壮絶なクライマックスは圧巻!

監督
ウォルター・ヒル
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス ヴィング・レイムス ピーター・フォーク マイケル・ルーカー
1996年

ヒート(1995)

  • 1996年5月25日(土)
  • 出演(Casals 役)

冷徹無比の犯罪組織のボスと鬼刑事の運命的な対決を描いた、骨太のサスペンス・アクション。ハリウッドを代表する2大スター、ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノの初共演、12分間に及ぶ大銃撃戦の迫力などが見どころ。監督・脚本は「ラスト・オブ・モヒカン」やTV『マイアミ・バイス』のマイケル・マン。彼のTV時代の代表作『クライム・ストーリー』で、共同クリエイターの名を冠した元シカゴの潜入捜査官チャック・アダムソンと、そのアダムソンが逮捕に血道を上げたといわれる実在の犯罪者ニール・マッコーリーをモデルに脚本を執筆した。製作はマンとアート・リンソン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「タイ・カップ」のアーノン・ミルチャンと、ピーター・ジャン・ブルッジ。LA市内にオール・ロケを敢行し、シャープな映像を見せた撮影は、監督とは3作目となる「ネル」のダンテ・スピノッティ、音楽は「バットマン・フォーエヴァー」のエリオット・ゴールデンサル、美術は「ディスクロージャー」のニール・スピサック、編集は、監督とは4作目のドヴ・ホウニグと「カジノ」のパスクァーレ・ブバ、「ブラック・レイン」のトム・ロルフ、ウィリアム・C・ゴールデンバーグの共同、衣裳はデボラル・スコットが担当。主演は「カジノ」のロバート・デ・ニーロと「カリートの道」のアル・パチーノ。共演は「バットマン・フォーエヴァー」のヴァル・キルマー、「エタニティ 永遠の愛」のジョン・ヴォイト、「青いドレスの女」のトム・サイズモア、「バード」のダイアン・ヴェノーラ、「キャスパー」のエイミー・ブレネマン、「スモーク」のアシュレイ・ジャッド、「レオン」のナタリー・ポートマンほか。

監督
マイケル・マン
出演キャスト
アル・パチーノ ロバート・デ・ニーロ ヴァル・キルマー ジョン・ヴォイト
1995年

ストリートファイター(1994)

  • 1995年5月6日(土)
  • 出演(Victor Sagat 役)

ゲームソフトの世界的なベストセラー、『ストリートファイターII』をハリウッドで実写映画化したSFアクション。監督・脚本は「ダイ・ハード1、2」「フリント・ストーン モダン石器時代」などの脚本を手掛け、本作が初監督となるスティーヴン・E・デ・スーザ。製作は「運命の逆転」「クロウ 飛翔伝説」のエドワード・R・プレスマンと、『ストリートファイター』シリーズのゲームメーカー、カプコン社長の辻本憲三。撮影は「ローズマリーの赤ちゃん」「透明人間(1992)」の名手ウィリアム・A・フレイカー。音楽は「クロウ 飛翔伝説」「ハード・ターゲット」のグレアム・レヴェルがスコアを書き、ハマー、アイス・キューブ、パブリック・エネミーら豪華アーティストが楽曲を提供。美術は「タワーリング・インフェルノ」「ポセイドン・アドベンチャー」のウィリアム・J・クレバー、アクション場面の擬斗は「ダイ・ハード1、2」のチャーリー・ピサーニがそれぞれ担当。出演は「ハード・ターゲット」「タイムコップ」の活劇スター、ジャン・クロード・ヴァン・ダム。本作が遺作となった「蜘蛛女のキス」「プレイグ」のラウル・ジュリアを始め、「ジョイ・ラック・クラブ」のミンナ・ウェン、「ジェロニモ(1994)」のウェス・ステューディ、オーストラリア出身のポップシンガーのカイリー・ミノーグ、「モーリス」「フォー・ウェディング」のイギリスの名優サイモン・カラウ、日本の新進俳優の沢田謙也ら、国際色豊かな顔触れが脇を固める。日本公開ではオープニング・フィルムとしてCHAGE&ASKAが歌う挿入歌『Something There』(ランディ・セント・ニコラス演出)のプロモーション・フィルムが上映された。

監督
スティーヴン・E・デ・スーザ
出演キャスト
ジャン=クロード・ヴァン・ダム ラウル・ジュリア ミンナ・ウェン ダミアン・チャパ
1994年

ジェロニモ(1993)

  • 1994年5月21日(土)
  • 出演(Geronimo 役)

合衆国騎兵隊を相手に抵抗した伝説のアパッチ族の戦士ジェロニモの人間像を描き、アメリカの歴史の暗部に光を投げかけた西部劇。名作「駅馬車(1939)」をはじめ、過去16作で描かれてきたジェロニモ像と異なり、誇り高く時に猛々しい戦士として描いた点が注目される。「ビッグ・ウェンズデー」などの監督作で知られるジョン・ミリアスの原案を彼自身とラリー・グロスが脚色し、「トレスパス」のウォルター・ヒルが監督。製作はヒルとニール・カントン。撮影にロイド・エイハーン、音楽に監督と8度目のコンビとなるライ・クーダー、編集にフリーマン・デイヴィス、衣装にダン・ムーアと、ヒル作品の常連スタッフ揃い。出演は「ラスト・オブ・モヒカン」のウェス・ステューディ、「アフター・ダーク」のジェイソン・パトリック、「青春の輝き」のマット・ダモンらに加え、ロバート・デュヴァルとジーン・ハックマンのベテラン勢が共演。

監督
ウォルター・ヒル
出演キャスト
ジェイソン・パトリック ジーン・ハックマン ロバート・デュヴァル ウェス・ステューディ
1993年

ラスト・オブ・モヒカン

  • 1993年3月6日(土)
  • 出演(Magua 役)

1825年に発表された、ジェームズ・フェニモア・クーパーの小説『モヒカン族の最後』を原作に、18世紀、建国前夜のアメリカ東部を舞台に、インディアンに育てられた白人青年と、イギリス人大佐令嬢の愛を描く歴史ドラマ。監督・脚本・製作は「刑事グラハム 凍りついた欲望」のマイケル・マン、共同製作はハント・ローリー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「フリージャック」のジェームズ・G・ロビンソン、共同脚本はクリストファー・クロウ、撮影は「恋のためらい フランキーとジョニー」のダンテ・スピノッティ、音楽は「ミシシッピー・バーニング」のトレヴァー・ジョーンズと「キンダガートン・コップ」のランディ・エデルマンが担当。主演は「マイ・レフトフット」のダニエル・デイ・ルイス、「不法侵入」のマデリーン・ストウ。

監督
マイケル・マン
出演キャスト
ダニエル・デイ=ルイス マデリーン・ストウ ジョディ・メイ ラッセル・ミーンズ

関連ニュース

クリスチャン・ベイル、ロザムンド・パイク、ティモシー・シャラメらが豪華共演!
クリスチャン・ベールが闇を抱えた英雄に!『荒野の誓い』日本公開が決定 2019年5月29日 12:00

稀代の演技派俳優として知られ、驚異的な大変身を披露した『バイス』(18)で第91回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたことも記憶に新しいクリスチャン・ベールが主演を務める西部劇『Hostiles(原題)』が、『荒野の…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウェス・ステューディ