映画-Movie Walker > 人物を探す > デヴィッド・クラムホルツ

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2016年 まで合計10映画作品)

2016年

ソーセージ・パーティー

  • 2016年11月4日(金)
  • 出演(声)(Lavash 役)

ソーセージやパンなど食材たちが、待ち受ける過酷な運命と戦う姿を過激かつ下品な笑いと共に描き、話題を呼んだ大人向けのコメディ。コメディを得意とするセス・ローゲンが主人公フランクの声に加え、脚本を手がけ、『マダガスマル3』のコンラッド・ヴァーノンと『きかんしゃトーマス』のグレッグ・ティアナンが監督を務める。

監督
コンラッド・ヴァーノン グレッグ・ティアナン
出演キャスト
セス・ローゲン クリステン・ウィグ ジョナ・ヒル ビル・ヘイダー
2007年

ボビー

  • 2007年2月24日(土)
  • 出演(フィル 役)

アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーンら豪華キャストが集結した群像劇。1968年のロバート・F・ケネディ大統領候補暗殺事件が発生した、とあるホテルの出来事を追う。

監督
エミリオ・エステヴェス
出演キャスト
ハリー・ベラフォンテ ジョイ・ブライアント ニック・キャノン エミリオ・エステヴェス
2002年

サンタクロース・リターンズ! クリスマス危機一髪

  • 2002年12月7日(土)
  • 出演(Bernard 役)

サンタクロースとして契約させられた男の騒動を描いたヒット・コメディの続編が登場。今回はサンタの失業という危機を回避するために、愛する女性を探して大奮闘!

監督
マイケル・レムベック
出演キャスト
ティム・アレン ジャッジ・ラインホルド ウェンディ・クルーソン エリザベス・ミッチェル
2003年

サイドウォーク・オブ・ニューヨーク

  • 2003年4月26日(土)
  • 出演(Benjamin 役)

美男俳優としての人気も高い俊英エドワード・バーンズが手掛けたロマンチック・コメディ。男女6人のもつれた恋の成りゆきを、大都会NYの街角を舞台に小粋なタッチでつづる。

監督
エドワード・バーンズ
出演キャスト
エドワード・バーンズ ロザリオ・ドーソン デニス・ファリーナ ヘザー・グラハム
2001年

ザ・メキシカン

  • 2001年4月21日(土)
  • 出演(Beck 役)

2大トップスター、ブラッド・ピット&ジュリア・ロバーツ共演によるラブ・サスペンス。世界一美しい伝説の拳銃をめぐる争奪戦に巻き込まれたカップルの危険な旅を、スリリングに描く。

監督
ゴア・ヴァービンスキー
出演キャスト
ブラッド・ピット ジュリア・ロバーツ ジェームズ・ガンドルフィーニ ボブ・バラバン
2004年

舞台よりすてきな生活

  • 2004年12月11日(土)
  • 出演(Brian Sellars 役)

英国の才人ケネス・ブラナーが、売れっ子劇作家に扮して七転八倒の熱演を披露。子作り問題で悩む夫婦と隣家の孤独な少女の交流をつづるハートフルなコメディだ。

監督
マイケル・カレスニコ
出演キャスト
ケネス・ブラナー ロビン・ライト・ペン スージー・ホフリヒター リン・レッドグレーヴ
1998年

アイス・ストーム

  • 1998年9月26日(土)
  • 出演(Francis Davenport 役)

70年代半ば、ウォーターゲート事件当時のニューヨーク郊外を舞台に、ある中流一家の不安な日々を描いた一編。監督は「恋人たちの食卓」「いつか晴れた日に」のアン・リー。94年に出版された作家リック・ムーディの同名小説(邦訳・新潮文庫)の映画化で、脚本はアン・リーのデビュー作「推手」以来の製作者としてもコンビを組むジェームズ・シェイマス。アン・リー、シェイマスと共に名を連ねるテッド・ホープ、編集のティム・スクワイアズはアン・リー作品の常連。撮影は「ナイト・オン・ザ・プラネット」のフレデリック・エルムス。音楽は「スウィート ヒアアフター」はじめアトム・エゴヤン作品で知られるマイケル・ダンナ。音楽監修は「ボクサー」のアレックス・ステイヤーマークで、時代設定を反映してフランク・ザッパ、ニルソン、ボビー・ブルーム、トラフィックなどの曲が劇中で使用され、エンディングの主題歌をデイヴィッド・ボウイが歌う。美術は「カーマ・スートラ 愛の教科書」のマーク・フリードバーグ。衣裳は「ティン・カップ」のキャロル・オディッツ。出演は「危険な動物たち」のケヴィン・クライン、「エイリアン4」のシガーニー・ウィーヴァー、「フェイス/オフ」のジョアン・アレン、「キャスパー」のクリスティーナ・リッチ、「エンパイア レコード」の新星トビー・マグアイア、「ディープ・インパクト」のイライジャ・ウッド、「ジュマンジ」のアダム・ハン=バード、「刑事エデン 追跡者」のジェイミー・シェリダン、「ミッション:インポッシブル」のヘンリー・ツァーニーほか。97年カンヌ国際映画祭脚本賞受賞。

監督
アン・リー
出演キャスト
ケヴィン・クライン シガニー・ウィーヴァー ジョアン・アレン ジェイミー・シェリダン
1995年

サンタクローズ

  • 1995年10月28日(土)
  • 出演(Bernard 役)

ひょんなことからサンタクロースの仕事を引き継ぐことになった男の姿を描いたファンタジー・コメディ。全米の人気テレビ番組『Home Improvement』の看板コメディアン、ティム・アレンのデビュー作で、監督も同番組で製作・監督を務め、これが初の映画となるジョン・パスキン。脚本はコメディアンから脚本家に転身したレオ・ベンヴェヌッティとスティーヴ・ルードニック。製作はブライアン・ライリー、ジェフリー・シルヴァー、ロバート・ニューマイヤーの共同。撮影は「ショート・カッツ」のウォルト・ロイド、音楽は「不機嫌な赤いバラ」のマイケル・コンヴァーティノ、美術は「裸のランチ」のキャロル・スパイアー。特殊造形スーツは「ミセス・ダウト」のリンダ・ノターロ、特殊メイクは「エイリアン3」のアレック・ギリスとトム・ウッドルーフが担当。共演は「愛が微笑む時」の子役エリック・ロイド、「ビバリーヒルズ・コップ3」のジャッジ・ラインホールド、「コリーナ、コリーナ」のウェンディ・クルーソンほか。

監督
ジョン・パスキン
出演キャスト
ティム・アレン ジャッジ・ラインホルド ウェンディ・クルーソン エリック・ロイド
1993年

ライフwithマイキー

  • 1993年11月20日(土)
  • 出演(Barry Corman 役)

三流タレントエージェントと彼が売り出そうとした少女の交流を描いたコメディ。監督は舞台演出家出身のジェームズ・ラパイン、製作はテリー・シュワルツとスコット・ルーディン、脚本は、主演のマイケル・J・フォックスが出演したテレビシリーズ「ファミリー・タイズ」のマーク・ローレンス、撮影はロブ・ハーンが担当。音楽は「アラジン」のアラン・メンケンで、彼が作曲した主題歌をジェニファー・ウォーンズが歌っている。主演は「ドク・ハリウッド」のマイケル・J・フォックス、共演に本作が映画初出演のクリスティーナ・ヴィダル、「黄昏に燃えて」のネイサン・レイン、シンガーで「マイアミ・ムーン」などで女優としても活躍するシンディ・ローパーなど。

監督
ジェームズ・ラパイン
出演キャスト
マイケル・J・フォックス クリスティーナ・ヴィダル ネイサン・レイン シンディ・ローパー

アダムス・ファミリー2

  • 1993年12月25日(土)
  • 出演(Joel Glicker 役)

オバケ一家の奇想天外な日常を描いたホームコメディの続編。原作は『アダムスのオバケ一家』のタイトルでTVシリーズ化もされたチャールズ・アダムスの同名漫画。監督はカメラマン出身で前作で監督デビューした「バラ色の選択」のバリー・ソネンフェルド。製作は前作に続き、「ザ・ファーム 法律事務所」のスコット・ルーディン。撮影はドナルド・ピーターマン。音楽はマーク・シャイマンで主題歌はラップ・デュオのPM・ドーン。美術は「ロシア・ハウス」のケン・アダム。SFX はアラン・ムンローが担当。主要キャストも前作同様で、「推定無罪」のラウル・ジュリア、「グリフターズ 詐欺師たち」のアンジェリカ・ヒューストン、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのクリストファー・ロイド、「恋する人魚たち」のクリスティーナ・リッチなど。

監督
バリー・ソネンフェルド
出演キャスト
アンジェリカ・ヒューストン ラウル・ジュリア クリストファー・ロイド ジョーン・キューザック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デヴィッド・クラムホルツ