映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・セルツァー

年代別 映画作品( 1972年 ~ 2006年 まで合計13映画作品)

2006年

オーメン

  • 2006年6月6日(火)公開
  • 脚本

「エクソシスト」と共に1970年代を代表する名作ホラーを完全リメイク。体のどこかに“666”という不吉な数字が刻まれた悪魔の子ダミアンがもたらす惨劇を描く。

監督
ジョン・ムーア
出演キャスト
リーヴ・シュレイバー ジュリア・スタイルズ ミア・ファロー デイヴィッド・シューリス
2003年

コーリング

  • 2003年5月31日(土)公開
  • 脚本

ケビン・コスナー主演によるオカルト風ファンタジー。愛妻に先立たれた医師の周囲で起こる超常現象の謎を描く。スリリングなドラマの果てにはロマンチックな感動が!

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ケヴィン・コスナー スザンナ・トンプソン ジョー・モートン ロン・リフキン
1997年

オーメン18エンジェル

  • 1997年12月6日(土)公開
  • 脚本、エグゼクティブプロデューサー

「オーメン」の姉妹篇ともいうべき一編。監督はウィリアム・ビンドリー。脚本は70年代にホラー映画ブームを起こした「オーメン」シリーズのデビット・セルツァー(ジム・ハークとともに製作総指揮も)。撮影は「ジュマンジ」のトーマス・H・アッカーマン。出演は新星レイチャル・リー・クック、「アンフォゲタブル」のクリストファー・マクドナルド、「リトル・オデッサ」のヴェテラン、マクシミリアン・シェルほか。

監督
ウィリアム・ビンドリー
出演キャスト
レイチェル・リー・クック クリストファー・マクドナルド マクシミリアン・シェル スタンリー・トゥッチ
1992年

嵐の中で輝いて

  • 1992年4月11日(土)公開
  • 監督、製作総指揮、脚本

自らスパイを志願した女性が、ナチの台頭するドイツで愛する者のために生き抜く大河ロマン。監督・脚本は『パンチライン』(V)のデイヴィッド・セルツァー、エグゼクティヴ・プロデューサーはセルツァーとサンディ・ガリン、製作はハワード・ローゼンマン、キャロル・バウム、原作はスーザン・アイザックス、撮影は「氷の微笑」のヤン・デ・ボン、音楽は「レネゲイズ」のマイケル・ケイメンが担当。

監督
デイヴィッド・セルツァー
出演キャスト
マイケル・ダグラス メラニー・グリフィス リーアム・ニーソン ジョン・ギールグッド
1990年

バード・オン・ワイヤー

  • 1990年9月14日(金)公開
  • 脚本

女性弁護士が15年前に事故死した恋人に再会したことから巻き起こる事件を描くアクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはテッド・フィールド、ロバート・W・コート、製作はロブ・コーエン、監督は「張り込み」のジョン・バダム、脚本はルイス・ヴェノスタ、エリック・レーナーの原案を基にヴェノスタ、レーナーとデイヴィッド・セルツァーの共同、撮影はロバート・プライムス。音楽はテッド・フィールドが担当。出演はメル・ギブソン、ゴールディ・ホーンほか。

監督
ジョン・バダム
出演キャスト
メル・ギブソン ゴールディ・ホーン デイヴィッド・キャラダイン ビル・デューク
1989年

ルーカスの初恋メモリー

  • 1989年3月11日(土)公開
  • 監督、脚本

4人の高校生たちの甘くせつない初恋と青春を描く。製作はデイヴィッド・ニクセイ、監督・脚本、デイヴィッド・セルツァーで本作品が監督デビュー作になる。撮影はレイナルド・ヴィラロボス、音楽は「ミラグロ 奇跡の地」のデーヴ・グルーシンが担当。出演は「ロストボーイ」のコリー・ハイム、ケリー・グリーン、チャーリー・シーンほか。

監督
デイヴィッド・セルツァー
出演キャスト
コリー・ハイム ケリー・グリーン チャーリー・シーン コートニー・ソーン・スミス
1983年

オータム・ストーリー

  • 1983年9月10日(土)公開
  • 脚本

白血病のため残り数週間しかない人生を精一杯に生きようとする少女。彼女と彼女の母親、政治家の三人が織りなすドラマ。製作は「フラッシュダンス」のコンビ、ビーター・グーバーとジョン・ピータース。監督は「マイ・ボディガード」のトニー・ビル。フレッド・マスタード・スチュワートの原作をデイヴィッド・セルツァーが脚色。撮影はマイケル・マーギュリース。振付は「ふたりでスローダンスを」(78)に出演したアン・ディッチバーンが手掛け、彼女自身も振付助手の役で出演している。出演は音楽も担当したダドリー・ムーアを始め、メアリー・タイラー・ムーア、キャサリン・ヒーリー、シャノン・ウィルコックスなど。この映画の企画は最初、75年にスタンリー・ジャフィがコロムビアで撮ると発表し、翌年ピーター・グーバーのプロデュース、アーサー・ヒラーの監督、ポール・ニューマン、フェイ・ダナウェイ、テイタム・オニールの出演に変更。その後、政治家役にジョージ・シーガル、バート・レイノルズ、ニック・ノルテイ、シルヴェスター・スタローン、母親役にオードリー・ヘプバーン、ジャクリーン・ビセット、少女役にクィン・カミングス、エリザベス・マクガヴァンとさまざまな俳優が候補にあがったりしたものだった。なお、アメリカでは、ユニヴァーサルが配給。

監督
トニー・ビル
出演キャスト
ダドリー・ムーア メアリー・タイラー・ムーア キャサリン・ヒーリー シャノン・ウィルコックス

5人のテーブル

  • 1983年3月19日(土)公開
  • 脚本

離婚によってできた溝を埋めようとする父親と子供たちの心の交流を描く。ロバート・シャッフェルとジョン・ヴォイトが、CBSシアトリカル・フィルムズのために作った。製作はロバート・シャッフェル。監督はCM出身のロバート・リーバーマン、脚本はデイヴィッド・セルツァー、撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はジョン・モリスが担当。出演はジョン・ヴォイト、リチャード・クレンナ、ミリー・パーキンス、マリー=クリスチーヌ・バロー、ロクサーナ・ザル、ロビー・カイガー、ソン・ホアン・ブイなど。

監督
ロバート・リーバーマン
出演キャスト
ジョン・ヴォイト リチャード・クレンナ ミリー・パーキンス マリー・クリスティーヌ・バロー
1981年

オーメン 最後の闘争

  • 1981年5月23日(土)公開
  • キャラクター創造

ロンドンで生まれた悪魔の子ダミアンが周囲にもたらす恐ろしい現象を描いた「オーメン」「オーメン2 ダミアン」に続くシリーズ3作目で32歳になったダミアンの悪魔的使命と、それに挑戦する神父たちとの闘いを描くオカルト映画。製作総指揮は1作目の監督リチャード・ドナー、製作はハーベイ・バーンハード、監督はTV・CM界出身でこれが劇場用長篇の1作目になるグレアム・ベイカー。デイヴィッド・セルツァーが創作した登場人物を基にアンドリュー・バーキンが脚色。撮影はロバート・ペインターとフィル・メヒュー。音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集はアラン・ストラッチャン、製作デザインはハーバート・ウェストブロック、特殊効果はイアン・ウィングローヴが各々担当。出演はサム・ニール、ロッサノ・ブラッツィ、ドン・ゴードン、リサ・ハロー、バーナビー・ホルム、メイスン・アダムス、ロバート・アーデン、トミー・ダガン、ルイーン・ウィロビー、ルイス・マホーニー、マーク・ボイルなど。

監督
グレアム・ベイカー
出演キャスト
サム・ニール ロッサノ・ブラッツィ ドン・ゴードン リザ・ハーロー
1980年

プロフェシー 恐怖の予言

  • 1980年2月2日(土)公開
  • 脚本

カナダと国境を接するメイン州の山岳地帯を舞台に製紙工場から投入され続けたメチル水銀が原因で誕生したモンスターの恐怖を描くサスペンス映画。製作はロバート・L・ローゼン、監督は「フレンチ・コネクション2」のジョン・フランケンハイマー、脚本はデイヴィッド・セルツァー、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、音楽はレナード・ローゼンマン、編集はトム・ロルフ、製作デザインはウィリアム・クレイグ・スミス、特殊撮影はロバート・ドーソンが各々担当。出演はタリア・シャイア、ロバート・フォックスワース、アーマンド・アサンテ、リチャード・ダイサート、ヴィクトリア・ラチモ、ジョージ・クルテーシ、トム・マクファデンなど。日本語版監修は金田文夫。カラー、パナビジョン。1979年作品。

監督
ジョン・フランケンハイマー
出演キャスト
タリア・シャイア ロバート・フォックスワース アーマンド・アサンテ リチャード・ダイサート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィッド・セルツァー