映画-Movie Walker > 人物を探す > フランセス・フィッシャー

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2004年 まで合計4映画作品)

2004年

砂と霧の家

  • 2004年11月6日(土)公開
  • 出演(Connie Walsh 役)

アカデミー賞3部門の候補になるなど、全米で絶賛された人間ドラマ。1軒の“家”を心のよりどころにする人々の争いと皮肉な運命を、圧倒的な緊迫感で描く。

監督
ヴァディム・パールマン
出演キャスト
ジェニファー・コネリー ベン・キングズレー ショーレ・アグダシュルー ロン・エルダード
1999年

Born to beワイルド

  • 1999年10月9日(土)公開
  • 出演(Agnes Stouffer 役)

全米ティーンのアイドル3人がみずみずしい少年たちを演じた感動ドラマ。野生動物の優れたドキュメンタリストであり、数々の映画、テレビ番組の監督・プロデューサーでもあるマーク・ストーファーの実体験をもとに映画化。監督は「エンジェルス」のウィリアム・ディア。脚本はストーファーの体験をもとにデイヴィッド・マイケル・ウィーガーが脚色。製作はマーク・ストーファーと「シティスリッカーズ」のアービー・スミス、ジェームズ・G・ロビンソン。製作総指揮は「ディアボリカ」のゲーリー・バーバー、ビル・トッドマン・Jr、「ポストマン」のスティーブ・ティッシュ。撮影は「ザ・ファントム」のデイヴィッド・バー。音楽は「ソルジャー」のジョエル・マクニーリー。美術は「クルーレス」のスティーヴン・ジョーダン。衣裳はマリー・E・マクレオド。主演は「ピノキオ」のジョナサン・テイラー・トーマス、「キャスパー」のデボン・ソーワ、「ポストマン」のスコット・ベアストー、共演は「暗闇のささやき」のジェイミー・シェリダン、「タイタニック」のフランシス・フィッシャーほか。

監督
ウィリアム・ディア
出演キャスト
ジョナサン・テイラー・トーマス デヴォン・サワ スコット・ベアストウ フランセス・フィッシャー
1998年

イヴの秘かな憂鬱

  • 1998年10月10日(土)公開
  • 出演(Annunciata 役)

エリート美女が苦悩や葛藤から自分探しの思索に向かう様を描いた女性映画。監督・脚本はこれがデビュー作となる女性監督スーザン・ストライトフェルド。製作は「スカーレット・レター」のミンディ・J・アフライム。製作総指揮はザルマン・キング、ジーナ・レズニック、レナ・ロンソン。共同脚本はジュリー・ヘバート。原作はフェミニズムの学者、ルイーズ・J・カプランの論文。撮影はテレサ・メディナ。音楽はデビー・ワイズマン。美術は「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のミッシー・スチュワート。編集は「誘う女」のカーティス・クレイトン、そしてレオ・トロンベッタ。以上、スタッフのほとんどは女性。主演は「オルランド」のティルダ・スウィントン。共演は「アリゾナ・ドリーム」のポーリーナ・ポリスコワ、「フィールド・オブ・ドリームス」のエイミー・マディガン、「タイタニック」のフランシス・フィッシャー、「スターシップ・トゥルーパーズ」のクランシー・ブラウンほか。

監督
スーザン・ストライトフェルド
出演キャスト
ティルダ・スウィントン ポーリーナ・ポリスコワ エイミー・マディガン フランセス・フィッシャー
1993年

許されざる者(1992)

  • 1993年4月17日(土)公開
  • 出演(Strawberry Alice 役)

銃を捨て密かに暮らしていた老ガンマンが、賞金稼ぎのために再び銃を取る姿を描く西部劇。92年度アカデミー賞最優秀作品賞、監督賞、助演男優賞、編集賞受賞作。監督・製作・主演は「ルーキー」のクリント・イーストウッド。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ホワイトハンター ブラックハート」のデイヴィッド・ヴァルデス。脚本は「ブレードランナー」のデイヴィッド・ウェップ・ピープルス、撮影は「バード」のジャック・N・グリーン。音楽はレニー・ニーハウスが担当。共演は本作でオスカーを受賞した「ミシシッピー・バーニング」のジーン・ハックマン、「虚栄のかがり火」のモーガン・フリーマン、「ジャガーノート」のリチャード・ハリス、「ピンク・キャデラック」のフランセス・フィッシャーなど。

監督
クリント・イーストウッド
出演キャスト
クリント・イーストウッド ジーン・ハックマン モーガン・フリーマン リチャード・ハリス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フランセス・フィッシャー