映画-Movie Walker > 人物を探す > ラス・タンブリン

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1990年 まで合計21映画作品)

1990年

未来警察マッドポリス

  • 1990年4月27日(金)公開
  • 出演(Hank Franklin 役)

退廃した未来世界で独裁者に反発する戦士たちの闘いを描くSFアクション。監督はフランク・ハリス、製作はロイ・マクアリー、エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・A・P・スコーディング、脚本はマイケル・スタンディング、撮影はセス・スタンディーノとソーサン・ラーキン、音楽はケヴィン・クリングラーとボブ・マメット、編集はハワード・ハード、美術はブライアン・デンスモアがそれぞれ担当。

監督
フランク・ハリス
出演キャスト
エリザベス・カイタン Jay Roberts クリス・ミッチャム ジョン・サクソン
1966年

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ

  • 1966年7月31日(日)公開
  • 出演(スチュワート博士 役)

「奇厳城の冒険」の馬淵薫と「怪獣大戦争」の監督本多猪四郎が脚本を共同で執筆、本多猪四郎が監督した怪獣映画。撮影は「フランケンシュタイン対・地底怪獣」「怪獣大戦争」でコンビの小泉一、特技監督は円谷英二が担当。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
ラス・タンブリン 佐原健二 水野久美 田崎潤
1965年

最後のガンファイター

  • 1965年11月27日(土)公開
  • 出演(Johnny 役)

「死闘の丘」のクラーク・レイノルズの脚本を「荒野の無頼漢」のポール・ランドレスが監督したアクション西部劇。撮影は、「地球は壊滅する」のマニュエル・ベレングアー、音楽は「カサグランデのガンファイター」のロバート・メリンが担当した。出演は「長い船団」のラス・タンブリン、「大突撃」のジェームズ・フィルブルック、同じくキーロン・ムーア、「竜騎兵総攻撃」のフェルナンド・レイ、ほかにマリア・グラナダ、アルド・サンベル、アントニオ・カサスなど。製作は「カサグランテのガンファイター」のレスター・ウェルチ。

監督
ポール・ランドレス
出演キャスト
ラス・タンブリン キーロン・ムーア ジェームズ・フィルブルック フェルナンド・レイ
1964年

長い船団

  • 1964年4月22日(水)公開
  • 出演(Orm 役)

伝説をもとにしたフランス・ベンツォンの同名小説をバークリー・メイサーとビヴァリー・クロスが脚色、「息子と恋人」のジャック・カーディフが演出したアクション歴史ドラマ。製作はアーヴィング・アレン。撮影は「勝利者(1963)」のクリストファー・チャリス、音楽はデュッシャン・ラディックが担当した。出演は「あしやからの飛行」のリチャード・ウィドマーク、「手錠のままの脱獄」のシドニー・ポワチエ、「勝利者(1963)」のロザンナ・スキャフィーノ、「不思議な世界の物語」のラス・タンブリン、ほかにエドワード・ジャッド、クリフォード・エヴァンズ、コリン・ブレクリーなど。

監督
ジャック・カーディフ
出演キャスト
リチャード・ウィドマーク シドニー・ポワチエ ラス・タンブリン ロザンナ・スキャフィーノ

不思議な世界の物語

  • 1964年3月6日(金)公開
  • 出演(The_Woodsman 役)

ハーマン・ガスナーの「グリム兄弟伝」をデイヴィッド・P・ハーマン、チャールズ・ビューモント、ウィリアム・ロバーツが脚色、「ボーイハント(1961)」のヘンリー・レヴィンが監督した童話ドラマ。グリム兄弟の3作品の部分は「親指トム」の製作者ジョージ・パルが自ら演出した。撮影は「タイム・マシン」のポール・C・ヴォーゲル、音楽は「ガールハント」のリー・ハーラインの担当。出演者は「逃げる男」のローレンス・ハーヴェイ、「翼のリズム」のカール・ベーム、「地球の危機」のバーバラ・イーデン、「戦争と平和」のオスカー・ホモルカ。挿話には「黙示録の4騎士」のイヴェット・ミミュー、「ウエスト・サイド物語」のラス・タンブリンなど。

監督
ヘンリー・レビン
出演キャスト
ローレンス・ハーヴェイ カール・ベーム クレア・ブルーム ウォルター・スレザック
1963年

たたり(1963)

  • 1963年8月25日(日)公開
  • 出演(Luke_Sannerson 役)

「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズが制作並びに監督にあたったスリラー、もしくは恐怖映画である。原作はシャーリー・ジャックソン女史のベスト・セラー小説「丘の家の怪」で「私は死にたくない」などワイズ作品に協力したネルソン・ギディングが脚色した。撮影はデイヴィス・ボウルトン、音楽はハンフリー・シアール、特殊効果は「バグダッドの盗賊」のトム・ハワード。出演者はブロードウェイの舞台女優で、「エデンの東」やTVで活躍しているジュリー・ハリス、「チャップマン報告」のクレア・ブルーム、「戦雲」のリチャード・ジョンソン、「渚のデイト」のラス・タンブリンなど。

監督
ロバート・ワイズ
出演キャスト
ジュリー・ハリス クレア・ブルーム リチャード・ジョンソン ラス・タンブリン

渚のデイト

  • 1963年7月17日(水)公開
  • 出演(Lieut._Smith(smitty) 役)

製作者のローレンス・P・バックマンのオリジナル・ストーリーを「ネバダの決闘」のデイヴィッド・T・チャントラー、デイヴィッド・オスボーンが脚色し、「戦略泥棒作戦」のリチャード・ソープが監督したコメディ。撮影は「ライオン」のテッド・スケイフ、音楽はロン・グッドウィンとアレクサンダー・カレッジ。出演者は「ボーイハント(1961)」のコニー・フランシス、「戦略泥棒作戦」のポーラ・プレンティス、「パリジェンヌ=第2話」のダニー・ロバン、「性愛の曲り角」のラス・タンブリン、リチャード・ロング、ロン・ランデルなど。

監督
リチャード・ソープ
出演キャスト
コニー・フランシス ポーラ・プレンティス ダニー・ロバン ラス・タンブリン

アメリカ大学 性愛の曲り角

  • 1963年4月12日(金)公開
  • 出演(Tony_Baker 役)、出演(Mike_Wilson 役)

ロバート・ブリースのオリジナル・ストーリーをブルースとルイス・メルツァーが脚色し、「世界を駈ける恋」のジャック・アーノルドが監督したもの。出演者は「ウエスト・サイド物語」のラス・タンブリン、「金魚鉢の中の恋」のジャン・スターリング、マミー・ヴァン・ドーレン、ジョン・ドルー・バリモアなど。製作はアルバート・ザグスミス。黒白、ビスタビジョンサイズ。1958年作品。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
ラス・タンブリン ジャン・スターリング ジョン・ドリュー・バリモア マミー・ヴァン・ドーレン
1962年

西部開拓史

  • 1962年11月29日(木)公開
  • 出演(Confederate_Soldier 役)

1830年から80年代に至る50年間に、ある開拓一家が3代にわたって経験した西部開拓の物語でシネラマ劇映画第1作である。ライフ誌に連載された絵物語にヒントを得たジェームズ・R・ウェッブが195冊の歴史書をもとに脚本を書いた。監督は第1、第2、第5話が「アラスカ魂(1960)」のヘンリー・ハサウェイ、第3話が「リバティ・バランスを射った男」のジョン・フォード、第4話を「嬉し泣き」のジョージ・マーシャルが担当。出演は「太陽にかける橋」のキャロル・ベイカー、「ママは二挺拳銃」のデビー・レイノルズ、「ロープ」のジェームズ・スチュアート、「恐怖の岬」のグレゴリー・ペック、「ハタリ!」のジョン・ウェイン、「ティファニーで朝食を」のジョージ・ペパード、「フロッグメン」のリチャード・ウィドマーク、「怒りの葡萄」のヘンリー・フォンダ、「終身犯」のカール・マルデン、同じくセルマ・リッターなど。撮影は「黙示録の四騎士(1961)」のミルトン・クラスナー、「硫黄島の英雄」のジョセフ・ラシェル、「ブルー・ハワイ」のチャールズ・ラング、「九月になれば」のウィリアム・ダニエルスの4人が担当。音楽は「偽の売国奴」のアルフレッド・ニューマンである。「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のバーナード・スミスが製作した。

監督
ヘンリー・ハサウェイ ジョン・フォード ジョージ・マーシャル
出演キャスト
キャロル・ベイカー リー・J・コッブ ヘンリー・フォンダ キャロリン・ジョーンズ

ヤング・ガン(1956)

  • 1962年9月1日(土)公開
  • 出演(Tully 役)

ルイス・ガーフィンクルの書き下ろしシナリオをアルバート・バンドが監督した西部劇・撮影は「敵中突破せよ」のエルスワース・フレデリックス、音楽は「第七機動部隊」のマーリン・スカイルズ。出演は「ウエスト・サイド物語」のラス・タンブリンにグロリア・タルボット、ペリー・ロペスなど。

監督
アルバート・バンド
出演キャスト
ラス・タンブリン グロリア・タルボット ペリー・ロペス スコット・マーロウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラス・タンブリン