映画-Movie Walker > 人物を探す > キャスリン・ウィリアムス

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1933年 まで合計19映画作品)

1933年

濡れた拳銃

  • 1933年公開
  • 出演

「速成成金」を監督し「地方検事」を脚色したローランド・ブラウンが原作脚色監督した映画である。脚色にはハル・ロングが共同し、カメラは「餓ゆるアメリカ」「紅唇罪あり」のジェームズ・ヴァン・ツリースが担当している。主役は「鉄壁の男」「歓呼の涯」のジョージ・バンクロフトで、「六月十三日の夜」「夫を殺すまで」のフランセス・ディー、アメリカ劇壇の明女優ジュディス・アンダーソン、「レヴュー艦隊」のチック・チャンドラー、「キャバレエの鍵穴」のブロッサム・シーリー、「ケンネル殺人事件」のエティエンヌ・ジラルドオその他で助演している。20世紀映画車作品である。

監督
ローランド・ブラウン
出演キャスト
ジョージ・バンクロフト フランセス・ディー チック・チャンドラー ジュディス・アンダーソン
1931年

船出の朝

  • 1931年公開
  • 出演(Mrs.Glendenning 役)

「野性の蘭」「恋多き女」と同じくグレタ・ガルボが主演する映画である。原作はアデラ・ロジャース・セント・ジョンの小説から取材したもので脚色には「踊る娘達」「喇叭手クーガン」のジョセフィン・ラヴェット、監督には「上海夜話」「夜襲」のジョン・S・ロバートスンがあたった。助演者は「野性の蘭」のマルス・アスター、「踊る娘達」のジョン・マック・ブラウン、「踊る娘達」のドロシー・セバスティアン、ジョエル・マクリー、レーン・チャンドラー、マーロン・ハミルトン、キャスリン・ウィリアムスその他でカメラは「悪魔の仮面」「大自然の惑乱」のオリヴァー・T・マーシュが担任している。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ニルス・アスター ドロシー・セバスチャン ジョン・マック・ブラウン
1929年

開放娘

  • 1929年公開
  • 出演(Agatha 役)

「マネキンの夢」「高速度尖端娘」と同じくウィリアム・ボーディン氏監督作品で、アーネスト・パスカル氏作の小説を「野球王」「青春狂想曲」のレイ・ハリス氏が脚色した。主演者は「医者の秘密」「情炎の美姫」のH・B・ワーナー氏、「世話女房」「ローンウルフ」のロイス・ウィルソン嬢、「ギャング・ワー」「寝巻」のオリーヴ・ボーデン嬢で、ハラム・クーリー氏、ジェームズ・フォード氏、キャスリン・ウィリアムス嬢、アイリーン・マニング嬢等が助演している。キャメラは「愛の曳綱」「闇の巷」のアーネスト・ホーラー氏担当。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
H・B・ワーナー ロイス・ウィルソン オリーヴ・ボーデン ハラム・クーリー
1928年

新人の天地輝く

  • 1928年公開
  • 出演(Mrs._Bradleigh 役)

ミルトン・ハーバート・グロッパー氏とマックス・シーゲル氏との合作した舞台劇を「我れ世に誇る」「降伏」と同じくエドワード・スローマン氏が監督した映画。エドワード・ジェー・モンターニュ氏監修の下にアルフレッド・A・コーン氏が脚色しあわせて撮影台本をつくった。「法螺吹き靴屋大当り」出演のジョージ・ルイス氏、「南京豆小僧大空の巻」のパッシー・ルス・ミラー嬢、「與太成功記」のジョージ・シドニー氏、「五つの魂を持つ女」のジョン・ボールズ氏、その他エディ・フィリップス氏、ジョセフィン・ダン嬢、キャスリン・ウィリアムス嬢、エドワード・マーティンデル氏などが出演している。ちなみにこの映画は米国では「我等アメリカ人」We Americansで発表された。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ジョージ・シドニー ベリル・マーサー ジョージ・ルイス パッシー・ルス・ミラー

踊る娘たち

  • 1928年公開
  • 出演(Anne's_Mother 役)

「ボー・ブラムメル」「本町通り」をものしたハリー・ボーモン氏の監督作品で、脚本は「アンニー・ローリー」「風雲愈々急」のジョセフィン・ラヴェット女史が書き下ろした。主役は「知られぬ人」「パリ」のジョーン・クローフォード嬢が選ばれて演じ、「虹晴」「幽霊船」のドロシー・セバスチャン嬢、「世界に告ぐ」「大飛行艦隊」のアニタ・ペイジ嬢、「コケット」のジョン・マック・ブラウン氏、「ダニューブの漣」「女優情史」のニルス・アスター氏、エドワード・ヌージェント氏、カスリン・ウィリアム嬢等が助演しハントリー・ゴードン氏、ドロシー・カミングス嬢、サム・ド・グラッス氏も出演している。撮影は「海のロマンス」「スペインの花」のジョージ・バーンズ氏が 担当している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ジョーン・クロフォード ジョン・マック・ブラウン ドロシー・セバスチャン アニタ・ペイジ

モダン新世帯

  • 1928年公開
  • 出演(Mrs._Garland 役)

「大学生活」「法螺吹き靴屋大当り」等出演のジョージ・ルイス氏と「大学生活」「珍サーカス王」等出演のドロシー・ガリヴァー嬢との共演する映画で、アール・ディア・ビッガース氏の原作によったものである。脚色したのはモートン・ブルーメンストック氏で、それを「海の野獣」「紅草紙」「最後の一蹴」等と同じくミラード・ウェッブ氏が監督した。「我等のサリー」出演のカスリン・ウィリアムス嬢「法螺吹き靴屋大当り」出演のエディ・フィリップス氏、「太平洋横断」出演のジェーン・ウィントン嬢、古顔のブライアント・ウォッシュバーン氏、ワード・クレーン氏などが助演している。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ジョージ・ルイス ドロシー・ガリヴァー キャスリン・ウィリアムス ワード・クレーン
1927年

我等のサリー

  • 1927年公開
  • 出演(Mrs._Gordon_Mansfield 役)

流行唄「サリー・イン・アワー・アリィ」に基いてエドワード・クラーク氏が書いたものを、ドロシー・ホウェル女史が脚色し、ウォルター・ラング氏がコロムビア入社第一回作品として監督したものである。主役は「出世水兵」「花嫁歓迎」等出演のシャーリー・メイスン嬢で、相手役は特にパラマウントから借りて来た「ブラッド・シップ」出演のリチャード・アーレン氏である。そのほかアレック・B・フランシス氏、カスリン・ウィリアムス嬢、ポール・パンザー氏、ウィリアム・ストラウス氏等が助演している。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
シャーリー・メイスン リチャード・アーレン アレック・B・フランシス ポール・パンザー
1926年

漂泊い人(1926・アメリカ)

  • 1926年公開
  • 出演(Hulddah _the_mother 役)

モオリス・サミュエルス氏の舞喜劇をジェームズ・T・オドノヒュー氏脚色し「バグダッドの盗賊(1924)」等と同じくラウール・ウォルシュ氏が監督したパラマウント社特作映画である。ニューヨーク劇壇に於てはフロレンス・リード嬢が大当たりだったティッシャの役はパ社が諾威から招いた新進のグレタ・ニッセン嬢が演じ「猛襲一騎打ち」等出演のウィリアム・コリアー・ジュニア氏「人生の舞台裏」等出演のアーネスト・トーレンス氏「紅百合」等出演のウォーレス・ビアリー氏及び映画初出演のキャスリン・ヒル嬢が出演する他タイロン・パワー氏、キャスリン・ウィリアムス嬢も助演するという壮観である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
グレタ・ニッセン ウィリアム・コリアー・ジュニア アーネスト・トーレンス ウォーレス・ビアリー
1924年

厚化粧の浮れ女

  • 1924年公開
  • 出演(Isabel_Whitney 役)

アラン・パール原作の舞台劇を脚色したものを、ジョン・ゴーマンが監督。主役は「疑惑の夜」「人類の破滅」のジェームズ・カークウッドと、「アダムス・リブ」「ソニー」のポーリン・ギャロンで、その他「荒野の放浪者」のキャスリン・ウィリアムス、「火焔の船」のジョン・ハロンをはじめ、アルバート・ロスコー、クロフォード・ケント、クレア・アダムス、ハル・クーリーが顔を見せる、現代流行のジャズ劇である。

監督
ジョン・ゴーマン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド ポーリン・ギャロン クロフォード・ケント キャスリン・ウィリアムス

恋は強し

  • 1924年公開
  • 出演(Helen 役)

「虚栄に勝てり」を監督製作したヴィクター・ユーゴー・ホルベリン氏が原作を書き監督したもので「禁断の果実」「幽明界」等出演のアグネス・エイアース嬢と「天界へ挑戦」「疑問のK」等出演のパーシー・マーモント氏主演し、ロバート・マッキム氏、キャスリン・ウィリアムス嬢、メアリー・アルデン嬢、ジョージ・シーグマン氏等腕利き連が助演する。

監督
ヴィクター・ユーゴー・ホルペリン
出演キャスト
アグネス・エイアース パーシー・マーモント ロバート・マッキム キャスリン・ウィリアムス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > キャスリン・ウィリアムス