映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ミラード

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1959年 まで合計8映画作品)

1959年

第三独房 地獄の待合室

  • 1959年6月27日(土)公開
  • 出演(Fred_Mayor 役)

「殺し屋ネルソン」のミッキー・ルーニーを主演にした、監房の暴動を描く作品。監督は新人ハワード・W・コッチ、脚本をミルトン・サボトスキーが担当している。撮影はジョセフ・ブラン。音楽はヴァン・アレクサンダー。出演するのは他にクリフォード・デイヴィッド、ハリー・ミラード、ジョン・マッカリー、フォード・レイニー、ジョン・セヴン、マイケル・コンスタンチン、ジョン・ヴァリ、ドナルド・バリー、フランク・オバートン、レオン・ジャニー、クリフトン・ジェームズ等。製作はマックス・J・ローゼンバーグとミルトン・ザボトスキー。

監督
ハワード・W・コッチ
出演キャスト
ミッキー・ルーニー クリフォード・デイヴィッド ハリー・ミラード ジョン・マッカリー
1925年

愚者

  • 1925年当年公開
  • 監督

チャニング・ボロック氏作の有名な舞台劇からエドモンド・グールディング氏が脚色し「オーバー・ザ・ヒル」「冬来たりなば」等と同じくハリー・ミラード氏が監督した特作品で主役は「沈黙の命令」主演のエドモンド・ロウ氏が演じ、新進のアン・デール嬢、ブレンダ・ボンド嬢、レイモンド・ブルーマー氏、A・J・ハーバード氏及びメアリー・サーマン嬢が競演しその他の助演者にも有名な人々がいる。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
エドモンド・ロウ ブレンダ・ボンド レイモンド・ブルーマー Downing Clarke
1923年

神を忘れたる町

  • 1923年当年公開
  • 監督

「雷鳴」「銀の翼」等と同じくポール・H・スローンが脚色し、「オーバー・ザ・ヒル」の監督をして有名なハリー・ミラードが監督をした。俳優では名の知られた人は1人も出ないが、バニー・グローアーとウォーレン・クレッチとが素晴らしい演技を見せるという。劇のクライマックスの大洪水が凄まじいとだいぶ評判になったものである。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
バニー・グローアー ウォーレン・クレッチ ジェーン・トーマス Harry Benham

苦闘の栄冠

  • 1923年当年公開
  • 監督

アリス・ブラッドリー女史作のベラスコ当り狂言を映画化したもので「愚者」「冬来りなば」等と同じくハリー・ミラード氏が監督したものである。舞台女優として名声あるジェーン・グレイ嬢と「晩年の誘惑」に出演したロバート・ヘインズ氏とが主演し、「愛の波乱」等に出演したアン・ルーサー嬢や、レスリー・オースティン氏等が助演している。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
ロバート・ヘインズ ジェーン・グレイ アン・ルーサー Frazer Coulter

冬来りなば

  • 1923年当年公開
  • 監督

1922年度において最も多く売れた書物の1つはイギリスの小説家A・S・M・ハッチンスン著の「冬来りなば」であった。フォックスがその映画化権を獲て、イギリスへ出張撮影をした。イギリスではキャンタベリー地方で1922年5月から10月までかかり、10月から23年の5月までフォックス社のロング・アイランド撮影場で室内の場面が撮影された。脚色及び監督は「オーバー・ザ・ヒル」「神を忘れし町」と同じく、ポール・H・スローンと、ハリー・ミラードとがおのおの担当した。主役のマーク・セイバーには「死人無言」「星の歌」等に出演したイギリス生れのパーシー・マーモントが選ばれ、「沈黙の声」等出演のアン・フォレスト、「正道を歩め」のグラディス・レスリー、映画界には新顔のマーガレット・フィールディング等が対手役を勤め、「嵐の孤児」「百万弗の復讐」等のシドニー・ハーバート、「神を忘れし町」「舞姫悲し」等出演のレイモンド・プルーマーその他の人々も主要な役を演じている。文芸作品の完全に映画化されたことの本篇のごとく正確なのは少ない。人道主義高唱の雄大なる筋も、感激深いものである。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
パーシー・マーモント アーサー・メトカーフ シドニー・ハーバート Wallace Kolb
1922年

我が友悪魔よ

  • 1922年当年公開
  • 監督

ジョージ・オーネット原作の小説「ラモー博士」“Dr.Ramenuをポール・H・スローンが脚色し、ハリー・ミラードが監督した社会劇で、「半時間」「戦争?滅亡?」等出演のチャールズ・リッチマン及び「嵐を衝いて」等出演のバーバラ・キャッスルトンの古顔に、新進のペギー・ショウが共演する。宗教的色彩の強い映画である。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
チャールズ・リッチマン バニー・グローアー ウィリアム・トゥーカー アドルフ・ミラー
1920年

あの丘越えて(1920)

  • 1920年当年公開
  • 監督

ウィル・カールトンの詩「あの丘越えて養老院へ」Over the Hill to the Poor Houseおよび「あの丘越えて養老院から」Over the Hill forom the Poor Houseの2篇に基づき、ポール・H・スローンが脚色し、「ホワイト・モール」などを監督したハリー・ミラードが監督した人情劇で、映画界に初めて入ったメアリー・カー夫人が実に洗練された演技を見せる。壮年時代から老年に至るまでの母親を、少しの不自然さもなく確実に表現し、母性の温い愛と絶ゆるなき献身とを極めて自然に演出している。ユ社の「スタンレー阿弗利加探険」でスタンレーに扮したウィリアム・ウェルシュが「父」に、「ファントマ」出演のジョニー・ウォーカーが孝行息子ジョンにそれぞれ扮している。家庭道徳の根本義を宣明し、母愛の深さと孝道の大精神を讚美した人道的の映画で、全米の監獄が囚人教化の目的に使用したとか、あるいはニューヨークで1年以上も大入り満員を取ったとか、2万5千本のプリントを製作したなどという事実に徴しても、いかに人々に多大の感動を与えたかが分かろう。母の愛を取り扱った映画がこの作品の後から雨後の筍のように製作されたことを見ても分かる。原作者は言う―世の中に母の愛ほど、自己を忘れた崇高な精神の発露はない。喜びも悲しみも、母は我が子のために常に涙を流している。母が子供を育てる苦労を知ったらば、成長した子供達が母のことを忘れ去ることの多いのは、何という不思議であろう。ここに述べんとする物語も、世界中のどこへ行っても見い出すことのできる「母」の身の上なのである―と。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
メアリー・カー ウィリアム・ウェルチ Sheridan Tansey Noel Tansey

ホワイト・モール

  • 1920年当年公開
  • 監督

連続映画界を去ってフォックスの特作品のスターとなったパール・ホワイト嬢の第1回作品で、フランク・パッカード氏原作の同名の小説をロイド・シェルドン氏が脚色し、ハリー・ミラード氏が監督したもの。「奇跡の人」に似て宗教の力によって悪人たちが改心し新生涯に就く経路を描いたものである。『ホワイト嬢はホワイト・モールと渾名された女賊ローダに扮して力強い演技を示している。彼女の今までの連続映画界における豊かな経験はホワイト嬢をして完全な技巧の持主たらしめている。佳い作品である。』とニュース誌は言っている。

監督
ハリー・ミラード
出演キャスト
パール・ホワイト リチャード・トラヴァース Thornton Baston Walter Lewis
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハリー・ミラード