映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャレッド・ハリス

年代別 映画作品( 2020年 ~ 2018年 まで合計26映画作品)

1996年

I SHOT ANDY WARHOL

  • 1996年12月14日(土)
  • 出演(Andy_Warhol 役)

68年のアンディ・ウォーホル狙撃事件を主題に、その犯人でフェミニスト運動家・劇作家・作家ヴァレリー・ソラナスの半生を描く実録もの。監督はBBCのドキュメンタリー出身で、これが長編劇映画デビュー作となるメアリー・ハロンで、本作の製作にはBBCの著名なドキュメンタリー番組シリーズ“アリーナ”も参加している。製作は「恍惚」など監督作もあるトム・ケイリンと、「KIDS」のクリスティン・ヴァション。エグゼクティヴ・プロデューサーはアメリカン・プレイハウスの総帥として、エロール・モリス監督『The Thin Blue Line』など数々のインディペンデント映画を支えてきたリンゼイ・ロウと、BBCアリーナのアンソニー・ウォール。また脚本はドキュメンタリー作家のダニエル・ミンハン、撮影は「アンジップト」のエレン・クルスと、ドキュメンタリー出身者が主要スタッフを固めている。音楽はウォーホルとはなじみ深いヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルがオリジナル・スコアを書き、ラヴィン・スプーンフル、REM 、MC5などのアーティストの曲が使用されている。美術は「ドゥーム・ジェネレーション」のテレーズ・デプレ。編集はキース・リーマー。主演は「ミセス・パーカー ~ジャズエイジの華~」のリリ・テイラー。名優リチャード・ハリスの息子で「スモーク」「デッドマン」のジャレッド・ハリスがウォーホルに扮し、「バック・ビート」のスティーヴン・ドーフがウォーホルに可愛がられたドラッグ・クイーンのキャンディ・ダーリングの役で怪演。ほかに「ビューティフル・ガールズ」のマーサ・プリンプトン、「ブラック・ローブ」のロテール・ブリュトーらの共演。

監督
メアリー・ハロン
出演キャスト
リリ・テイラー ジャレッド・ハリス スティーブン・ドーフ マーサ・プリンプトン

ブルー・イン・ザ・フェイス

  • 1996年3月2日(土)
  • 出演(Jimmy Rose 役)

香港出身の監督ウェイン・ワンと現代アメリカ文学の旗手の作家ポール・オースターの協力から生まれた映画「スモーク」の姉妹編的作品。本作では二人が共同で監督にあたり、ビデオ撮影したブルックリンの町のドキュメンタリー映像も挿入。「スモーク」の監督・脚本コンビである「ジョイ・ラック・クラブ」の監督ウェイン・ワンと作家ポール・オースターが共同で監督するとともに、劇部分の基本的な設定を俳優たちと一緒に決め、即興的に演出。製作は「スモーク」のグレッグ・ジョンソンとピーター・ニューマン、ダイアナ・フィリップス、エグゼクティヴ・プロデューサーは主演のハーヴェイ・カイテルとミラマックス・フィルムのボブ&ハーヴェイのウェインスタイン兄弟。撮影のアダム・ホレンダー、美術のカリーナ・イワノフは共に「スモーク」から引き続きの参加。音楽プロデューサーは『愛されちゃってマフィア』(V)などのデイヴィッド・バーン(元トーキング・ヘッズ)、編集はクリストファー・テレフセンが担当。ビデオ撮影のドキュメンタリー部分はハーヴェイ・ワンが監督。共演は「デッドマン」のジャレッド・ハリス、「キング・オブ・ニューヨーク」のヴィクター・アーゴ、「マルコムX」のジャンカルロ・エスポジートらが「スモーク」から続投。また、ゲストとしてリリー・トムリン、マイケル・J・フォックス、マドンナ、人気コメディエンヌのロザンヌ、監督ジム・ジャームッシュ、ジャームッシュ作品で知られるジョン・ルーリーが自身のバンド“ジョン・ルーリー・ナショナル・オーケストラ”を率いて顔を出し、そしてルー・リードが煙草とブルックリンへの愛着などを語るあたりが見どころ。

監督
ウェイン・ワン ポール・オースター
出演キャスト
ハーヴェイ・カイテル ジャレッド・ハリス ヴィクター・アルゴ メル・ゴーラム
1995年

デッドマン

  • 1995年12月23日(土)
  • 出演(Benmont Tench 役)

「ダウン・バイ・ロー」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のジム・ジャームッシュ監督が独特のオフビートなタッチで描く、滑稽にして冷酷で、やがて幻想的に転じる西部劇調のロードムービー。製作はこの映画のためにジャームッシュが設立した12ゲージ・プロで、日本ビクターをはじめ米・日・独の出資をうけて、「ミステリー・トレイン」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のディミートラ・J・マクブライドが製作。脚本はジャームッシュのオリジナル、撮影はヴィム・ヴェンダース作品で知られ、ジャームッシュとは「ダウン・バイ・ロー」「ミステリー・トレイン」で組んだ、「豚が飛ぶとき」のロビー・ミュラー。音楽は米国を代表するロック・アーティスト、ニール・ヤング。美術はボブ・ジンビッキ。編集はジャームッシュの常連で「豚が飛ぶとき」のジェイ・ラビノウィッツ。主演は「エド・ウッド」「ドン・ファン(1995)」のジョニー・デップ。共演は『Dark Wind』に出演、先住民運動家でもあるゲイリー・ファーマー、「欲望(1993)」「若草物語(1994)」のガブリエル・バーン、「スターゲイト」のミリ・アヴィタル、「クイック&デッド」のランス・ヘンリクセン、「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のジョン・ハート、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「女神たちの季節」のクリスピン・グローヴァー、「マーヴェリック」のアルフレッド・モリーナ、ロック・アーティストで「タンク・ガール」にも出演したイギー・ポップほか。特別出演で「狩人の夜」「エル・ドラド」などの名優ロバート・ミッチャムが顔を見せる。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ジョニー・デップ ゲイリー・ファーマー ロバート・ミッチャム ガブリエル・バーン

スモーク

  • 1995年10月7日(土)
  • 出演(Jimmy Rose 役)

ニューヨーク、ブルックリンの街角の煙草屋に集う三人の男を巡るさまざまな物語を綴る、ユーモアと人情味あふれる人間ドラマ。香港出身の監督ウェイン・ワン(「ジョイ・ラック・クラブ」)と現代アメリカ文学を代表する小説家の一人ポール・オースターの協力から生まれた映画で、脚本はオースターの短編『オーギー・レーンのクリスマス・ストーリー』(邦訳は新潮文庫『スモーク&ブルー・イン・ザ・フェイス』に所収)をモチーフに彼自身が執筆。日本の配給会社ユーロスペースと海外向け映画企画開発会社で「ハワーズ・エンド」などに参加しているNDFの製作で、エクゼクティヴ・プロデューサーにミラマックス・フィルムズのボブ&ハーヴェイ・ウェインスタイン(「プレタポルテ」)とNDFの井関惺、製作はユーロスペースの堀越謙三(「コシュ・バ・コシュ/恋はロープウェイに乗って」)、黒岩久美、ピーター・ニューマン、グレッグ・ジョンソン。撮影は「真夜中のカーボーイ」でアカデミー撮影賞を受賞した「フレッシュ」のアダム・ホレンダー、音楽は「ジョイ・ラック・クラブ」のレイチェル・ポートマン、美術は『ネイキッド・イン・ニューヨーク』(V)のカリナ・イワノフ、編集は「ジョイ・ラック・クラブ」のメイジー・ホイ。出演は「ピアノ・レッスン」のハーヴェイ・カイテル、「最高の恋人」のウィリアム・ハート、新人ハロルド・ペリノー・ジュニア、「プレタポルテ」のフォレスト・ウィテカー、「私に近い6人の他人」のストッカード・チャニングほか。挿入曲はスタンダード・ナンバー『煙が目に染みる』のカバー・ヴァージョンとトム・ウェイツの『Downtown Train』『Innocent When You Dream』。95年ベルリン映画祭金獅子賞受賞。95年度キネマ旬報外国映画ベストテン第2位。2016年12月17日よりデジタルリマスター版が上映された(配給:アークエンタテインメント)。

監督
ウェイン・ワン
出演キャスト
ハーヴェイ・カイテル ウィリアム・ハート ハロルド・ペリノー ストッカード・チャニング
1993年

パブリック・アイ

  • 1993年9月18日(土)
  • 出演(Danny 役)

1942年のニューヨークを舞台に、マフィアの抗争に巻き込まれていくフリー・カメラマンの姿を描くフィルム・ノワール。監督・脚本は「誰かに見られてる」の脚本家ハワード・フランクリン、製作は「ラジオ・フライヤー」のスー・バーデン・パウエル、エグゼクディブ・プロデューサーは「トレスパス」のロバート・ゼメキス、撮影は「裸のランチ」のピーター・サシツキー、音楽は「ボディ・ターゲット」のマーク・アイシャムが担当。主演は「いとこのビニー」のジョー・ペシ、「ディフェンスレス 密会」バーバラ・ハーシー。他に「ラスト・オブ・モヒカン」のジャレッド・ハリス、「ビリー・バスゲイト」のスタンリー・タチが共演。

監督
ハワード・フランクリン
出演キャスト
ジョー・ペシ バーバラ・ハーシー ジャレッド・ハリス ゲリー・ベッカー
2020年

モービウス

  • キャスト

スパイダーマンの宿敵で天才的な頭脳を持つドクター、モービウスを主人公に描く物語

監督
ダニエル・エスピノーサ
出演キャスト
ジャレッド・レト マット・スミス アドリア・アルホナ ジャレッド・ハリス

関連ニュース

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』で来日を果たしたジュード・ロウに直撃インタビュー!
ジュード・ロウ、クールな中に秘めた情熱「語るべき物語にどれだけ情熱を注げるかが重要」 2012年3月7日 11:45

頭脳と推理力はそのままに、タフでユニークなホームズが活躍する人気シリーズ第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』が3月10日(土)より公開! いよいよホームズの宿敵にして悪の天才、モリアーティ教授が登場し、アク…

『シャーロック・ホームズ』に引き続き『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』でメガホンを取ったガイ・リッチー監督
『シャーロック・ホームズ』ガイ・リッチー監督「コナン・ドイルのビジョンを映画化する機会に飛びついた」 2012年3月6日 18:40

ロバート・ダウニーJr.×ジュード・ロウ共演で、全世界5億ドルを超えるヒットを記録、日本でも21億円を超える大ヒットとなった『シャーロック・ホームズ』(10)の続編『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(3月10日…

『シャーロック・ホームズシャドウゲーム』ジャパンプレミアに登壇したジュード・ロウ
ジュード・ロウが小雪舞う中、レッドカーペットで「日本が大好き!」とファンに感謝 2012年2月16日 19:52

名探偵の活躍を描くアクションエンタテインメント第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』(3月10日公開)のジャパンプレミアが、2月16日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、小雪が舞う中、ホームズの相棒ジョン…

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』で2年ぶりの来日を果たしたジュード・ロウ
ジュード・ロウ『シャーロック・ホームズ』で来日!「どんどん成長していきたい」続編への意欲明かす 2012年2月15日 15:05

コナン・ドイルの小説をアクション満載のエンタテインメントにアレンジした人気シリーズ第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(3月10日公開)でジョン・ワトソン役を演じるジュード・ロウが来日し、2月15日にパーク…

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』にジェームズ・モリアーティ教授役で出演するジャレッド・ハリス
シャーロック・ホームズの宿敵モリアーティ教授は、物語を終わらせるためのキャラクターだった 2012年2月9日 15:00

全世界で5億ドルを記録した『シャーロック・ホームズ』(10)の続編『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(3月10日公開)で、シャーロック・ホームズのライバルにして悪名高く、原作ファンからも高い人気を誇る“もう一人…

弾けたジュード・ロウと真面目なロバート・ダウニーJr.
『シャーロック・ホームズ』UKプレミアでジュード・ロウ「2月に日本に行くよ!」 2011年12月10日 06:00

全世界で5億ドルを記録した『シャーロック・ホームズ』(10)の続編『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(2012年3月10日公開)の英米公開を前に、12月8日、ロンドンでヨーロッパプレミアが開催された。出演のロバ…

全世界で5億ドルを超えるヒットを記録した『シャーロック・ホームズ』の続編『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』
『シャーロック・ホームズ』第二弾の日本公開が2012年3月に決定! 2011年9月13日 05:00

アーサー・コナン・ドイルが生んだ世界一有名な名探偵の姿を描き、全世界で5億ドルを記録した『シャーロック・ホームズ』(10)。その続編となる『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』の日本公開が2012年3月に決まった。…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャレッド・ハリス