映画-Movie Walker > 人物を探す > ブルース・ペイン

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2006年 まで合計10映画作品)

2006年

ダンジョン&ドラゴン2

  • 2006年10月21日(土)公開
  • 出演(ダモダール 役)

大ヒット・ゲームを映画化した冒険ファンタジーの続編。凶悪な竜と共に蘇った悪の魔術師と、再び彼を倒さんとする勇士たちが魔法や剣を交わして激突する。

監督
ゲリー・ライヴリー
出演キャスト
マーク・ダイモンド クレメンシー・バートン=ヒル ブルース・ペイン エリー・チドゼイ
2005年

1.0 ワン・ポイント・オー

  • 2005年6月18日(土)公開
  • 出演(隣人 役)

アパートで暮らす男に送られ続ける謎の箱が引き金となって、不可解な出来事が発生する不条理スリラー。主人公サイモンを演じるのは「MAY‐メイ-」「クライモリ」の若手実力派ジェレミー・シスト。同じアパートの住人たちには、デボラ・カーラ・アンガー、怪優ウド・キア、そして「エイリアン」シリーズのビショップ役でおなじみのランス・ヘンリクセン。本作は2004年のサンダンス映画祭で好評を博した。

監督
ジェフ・レンフロー マーティン・トーソン
出演キャスト
ジェレミー・シスト デボラ=カーラ・アンガー ウド・キアー ランス・ヘンリクセン
2003年

スティール

  • 2003年12月6日(土)公開
  • 出演(Lt. Macgruder 役)

「TAXi」のジェラール・ピレス監督が放つ犯罪アクション。知力と体力、チームワークを武器に、困難な計画に挑む若き強盗たちの奔走が、スピード感とスリルたっぷりに展開する。

監督
ジェラール・ピレス
出演キャスト
スティーブン・ドーフ ナターシャ・ヘンストリッジ ブルース・ペイン スティーヴン・バーコフ
2001年

ダンジョン&ドラゴン

  • 2001年7月14日(土)公開
  • 出演(Damodar 役)

「ドラゴンクエスト」の原点でもある史上最古のロール・プレイング・ゲームを映画化。剣術と魔法の世界を巡る冒険を、SFX満載で描くアドベンチャー・ファンタジーだ。

監督
コートニー・ソロモン
出演キャスト
ジャスティン・ワーリン ゾー・マクラーレン ジェレミー・アイアンズ ブルース・ペイン
1997年

フル・ブラスト

  • 1997年11月29日(土)公開
  • 出演(Jack 役)

タフでセクシーな女優が犯罪者集団とひとりで対決する姿を描いたアクション、「ハードネス」の続編。前作に続きポール・リンチが監督をつとめた。脚本はリチャード・ビーティ。原案は「アイアン・イーグル4」のマイケル・ストークス。製作は「アイアン・イーグル4」のピーター・R・シンプソン。撮影はバリー・グレイヴル。音楽はポール・J・ザザ。前作のシャノン・トゥイードが引き続きヒロインをつとめ、「エイリアン3」「パウダー」のランス・ヘンリクソンが出演。

監督
ポール・リンチ
出演キャスト
ランス・ヘンリクセン シャノン・トゥイード ブルース・ペイン ジェイン・ハイトマイヤー

マネークラッシュ

  • 1997年11月29日(土)公開
  • 出演(Frankie 役)

偽札をめぐる警察の汚職を描いたアクション。監督はTVシリーズの若手演出家として注目されているジョン・マロリー・アッシャー、製作はランディ・ジェームズ、マイルズ・レヴィ、ケン・ジャコブソン、脚本はジェイ・アーウィンとデイヴィッド・チェイス、撮影は「アメリカの夢」のカール・ハーマン、音楽は「超能力者/ユリ・ゲラー」のボブ・クリスチャンソン、編集はマイケル・アディスがそれぞれ担当。主演は「フル・ブラスト」のブルース・ペイン。共演は「スティーブン・キング/ブロス リターンズ」のヒラリー・スワンク、TVシリーズ『L.A. LAW 七人の弁護士』や「ニュー・エイジ」のコービン・バーンセンほか。

監督
ジョン・マロリー・アッシャー
出演キャスト
ブルース・ペイン マイケル・グロス コービン・バーンセン アンドリュー・ホークス
1994年

シュリンジ

  • 1994年10月22日(土)公開
  • 出演(Adam Garou 役)

特殊な液体を注射され、狼男へと変貌を遂げた刑事の苦悩と戦いを描く、異色のホラー・アクション。従来の狼男映画にない斬新な解釈や発想と、スタイリッシュなアクション演出が特徴。監督は「ワックス・ワーク」「サンダウン」のアンソニー・ヒコックス。脚本は「ビルとテッドの大冒険」「同・地獄旅行」のリチャード・クリスチャン・マシスン(エグゼクティヴ・プロデューサー補も兼任)と、マイケル・リーヴスの共同。製作はピーター・エイブラムスとロバート・レヴィー。撮影は「山猫は眠らない」のサンディ・シセル、音楽も同作のゲイリー・チャン。特殊メイクは「ダークマン」のトニー・ガードナーが担当。出演は「ガンメン」「黒豹のバラード」のマリオ・ヴァン・ピーブルズ、「ブロンドの標的」のパッツィ・ケンジット、「ネクロノミカン」のブルース・ペイン、「ハーヴェスト」のアンソニー・ジョン・デニソンら。

監督
アンソニー・ヒコックス
出演キャスト
マリオ・ヴァン・ピーブルズ ブルース・ペイン ショーン・ヤング パッツィ・ケンジット

ネクロノミカン

  • 1994年8月13日(土)公開
  • 出演(Edward DeLapoer 役)

独自の宇宙観に基づく暗黒神話体系『クトゥルー神話』を創出し、後世に多大な影響を与えた20世紀最大の怪奇幻想作家、H・P・ラヴクラフトの世界に、日・仏・米の映画人が挑んだホラー・オムニバス。ラヴクラフトが創造した書物『ネクロノミカン』を彼自身が読むという設定で、3つの物語が展開する。作品全体の製作は「トゥルー・ロマンス」のサミュエル・ハディダと「ミクロキッズ」のブライアン・ユズナ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「帝都大戦」「屋根裏の散歩者」(92)の一瀬隆重が担当。 〈ザ・ドラウンド〉古びたホテルを相続した男が体験する恐怖を描く、ゴシック調の挿話。監督はフランスの新鋭クリストフ・ガンズで、脚本は『壁の中の鼠』など、ラヴクラフトの小説数編の要素を混ぜたガンズとブレント・V・フリードマンのオリジナル。撮影は『バタリアン リターンズ』(V)のラス・ブラント、SFXは「ゾンビ」のトム・サヴィーニ。出演は「パッセンジャー57」のブルース・ペイン、「ロボコップ2」のベリンダ・バウアーら。 〈ザ・コールド〉不老不死を研究する博士と若い娘の悲劇的な恋を綴る。監督は「毎日が夏休み」の金子修介。脚本は、ラヴクラフトの『冷気』を「機動警察パトレイバー」シリーズの伊藤和典とブレント・V・フリードマンが共同で脚色。SFXはスクリーミング・マッド・ジョージ。出演は「オーメン」のデイヴィッド・ワーナー、「ヘザース ベロニカの熱い日」のベス・メイヤーほか。 〈ウィスパーズ〉人間を食らって増殖を続ける怪物たちの魔窟に迷い込んだ男女の恐怖を、バイオレンスタッチで描く。ラヴクラフトの『闇に囁くもの』をブレント・V・フリードマンが大胆にアレンジした脚本をブライアン・ユズナが得意のスブラッター調で映画化。SFXは「シュワルツェネッガー プレデター」のトッド・マスターズ。出演は「幸福の選択」のシグニー・コールマンほか。

監督
クリストフ・ガンズ 金子修介 ブライアン・ユズナ
出演キャスト
ブルース・ペイン リチャード・リンチ ベリンダ・バウアー マリア・フォード
1993年

パッセンジャー57

  • 1993年5月15日(土)公開
  • 出演(Charles Rane 役)

似た気質を持ったテロリストとテロ対策の専門家が、飛行機という密室の中で知恵比べともいえる戦いを繰り広げる。監督はもともとは俳優であり、のちにTV映画「ルーツ」を監督したケヴィン・フックス。製作はリー・リッチ、ダニエル・L・ポールソン、ダイラン・セラーズ。脚本はダン・ゴードンとデヴィッド・ロフリー。

監督
ケヴィン・フックス
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス ブルース・ペイン トム・サイズモア Alex Datcher
1989年

ビリー・ザ・ハスラー

  • 1989年11月3日(金)公開
  • 出演

ビリヤードの名人の若者と、奇妙な対戦者とのビリヤード対決を、ミュージカル仕立てで描くロック・オペラ。

監督
アラン・クラーク
出演キャスト
フィル・ダニエルス アルン・アームストロング ブルース・ペイン ルーシー・ゴールド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ブルース・ペイン