TOP > 映画監督・俳優を探す > リチャード・ノード

年代別 映画作品( 1996年 ~ 2018年 まで合計10映画作品)

2018年

ウォーキング・ウィズ・エネミー / ナチスになりすました男

  • 2018年2月17日(土)
  • 編集

第二次大戦下のハンガリーで、仲間の救出に尽力したピンチャス・ローゼンバウムをモデルにした戦争ドラマ。ブダペストに侵攻したナチスはユダヤ人一掃作戦を開始。労働収容所から抜け出したエレクはナチス兵になりすまし、ドイツ軍の活動を阻止しようとする。主演は「オール・ユー・ニード・イズ・キル」や「クライヴ・バーカー 血の本」(未)のジョナス・アームストロング。また、オスカー俳優ベン・キングズレーがハンガリー政府指導者ホルティ執政を演じている。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2018』にて上映。

監督
マーク・シュミット
出演キャスト
ジョナス・アームストロング ベン・キングズレー ハンナ・トイントン チャールズ・ハベル
2007年

キャプティビティ

  • 2007年9月15日(土)
  • 編集

大人気ドラマ「24」で主人公の娘を演じた注目女優、エリシャ・カスバート主演。「ミッション」の名匠ローランド・ジョフィが、彼女の官能的な魅力を引き出した密室スリラー。

監督
ローランド・ジョフィ
出演キャスト
エリシャ・カスバート ダニエル・ギリース プルット・テイラー・ヴィンス マイケル・ハーネイ

ポイント45

  • 2007年3月17日(土)
  • 編集

人気女優ミラ・ジョボビッチが「バイオハザード」シリーズとは異なる魅力を披露する犯罪ドラマ。危険な男を愛したヒロインのタフでしたたかな生きざまを描き出す。

監督
ゲイリー・レノン
出演キャスト
ミラ・ジョヴォヴィッチ アンガス・マクファーデン スティーブン・ドーフ アイシャ・タイラー
2001年

ザ・ウォッチャー

  • 2001年2月3日(土)
  • 編集

キアヌ・リーブス主演による、戦慄と驚愕のクライム・サスペンス。大都会を震撼させるシリアル・キラーと、心に傷を抱えたFBI捜査官の息づまる駆け引きがスリリングに展開。

監督
ジョー・シャーバニック
出演キャスト
キアヌ・リーヴス ジェームズ・スペイダー マリサ・トメイ アーニー・ハドソン
2000年

キャリー2

  • 2000年7月1日(土)
  • 編集

 最新のデジタルSFXを駆使しショッキングな恐怖シーンを連発。前作の物語との意外なつながりのほか、ヒロインの恋愛も盛りこまれ、青春ドラマとしても楽しめる。

監督
カット・シー・ルーベン
出演キャスト
エミリー・バーグル ジェイソン・ロンドン ダイラン・ブルーノ J・スミス=キャメロン
1998年

スピーシーズ2

  • 1998年9月23日(水)
  • 編集

凄まじい生殖能力を持つエイリアンと地球人との死闘を描くSFXアクション「スピーシーズ 種の起源」の続編。今回は凶悪な男性エイリアンと前作のスピーシーズから生まれたクローンの女性エイリアンとの戦いを描く。監督は「蜘蛛女」のピーター・メダック。脚本はTV「X-ファイル」シリーズのクリス・ブランケイト。製作は前作に引き続き「背徳の囁き」のフランク・マンキューソ・Jr.。製作総指揮は前作を製作し、キャラクター創案者でもあるデニス・フェルドマン。撮影は「48時間PART2 帰ってきたふたり」のマシュー・F・レオネッティ。音楽は「妻の友人、夫の愛人」のエド・シアマー。クリーチャーと特殊メイクは「メン・イン・ブラック」のスティーヴ・ジョンソンが担当。そしてクリーチャーとスピーシーズのデザインは「エイリアン」や前作「スピーシーズ」のH・R・ギーガーの考案したものが再び使用された。出演は「フェイク」のマイケル・マドセン、前作のエイリアン役で映画デビューした「マキシマム・リスク」のナターシャ・ヘンドリッジ、「沈黙の断崖」のマーグ・ヘルゲンバーガー。以上3人は前作からの再登板。ほかに「ディープ・インパクト」のジェームズ・クロムウェル、「コン・エアー」のミケルティ・ウィリアムソン、「クリムゾン・タイド」のジョージ・ズンザほか。

監督
ピーター・メダック
出演キャスト
マイケル・マドセン ナターシャ・ヘンストリッジ マージ・ヘルゲンバーガー ミケル・T・ウィリアムソン
1996年

ボディ・カウント ヤバい奴ら

  • 1996年
  • 編集

銀行を襲った犯罪者が仲間割れをしていく様を描いたサスペンス。監督はロバート・パットン=スペルイル。脚本はセオドア・ウィッチャー。撮影はチャールズ・マイルス。音楽はカート・ソベル。出演は「死の接吻」のデイヴィッド・カルーソ、「スポーン」のジョン・レグイザモ、「ミッション:インポッシブル」のヴィング・レイムス、「メン・イン・ブラック」のリンダ・フィオレンティノほか。

監督
ロバート・パットン・スペルイル
出演キャスト
デイヴィット・カルーソ リンダ・フィオレンティーノ ジョン・レグイザモ ヴィング・レイムス
1995年

ソルジャー・ゴールド

  • 1995年4月29日(土)
  • 編集

“人間核弾頭”の異名を持つドルフ・ラングレンが初めてプロデュースも手掛け、ネオ・ナチと戦う元ペンタスロン選手として活躍するアクション映画。監督は「ハード・トゥ・キル」のブルース・マルムース、製作はマーティン・E・カーン、ジェイソン・クラーク、エグゼクティヴ・プロデューサーをドルフ・ラングレン、脚本はウィリアム・スタディウム、ゲイリー・マクドナルド、ゲイリー・タヴォアー、撮影はミッシャ・ススロフ、音楽はデイヴィッド・スピアー、編集はリチャード・ノード、ジョセフ・ストウスキー、美術はジェイムス・ヒンクルがそれぞれ担当。出演は「メン・オブ・ウォー」のドルフ・ラングレン、「ダーティハリー2」などのデイヴィッド・ソウルほか。

監督
ブルース・マルムース
出演キャスト
ドルフ・ラングレン デイヴィッド・ソウル Lenny Corlman ロジャー・E・モズレー
1993年

パッセンジャー57

  • 1993年5月15日(土)
  • 編集

似た気質を持ったテロリストとテロ対策の専門家が、飛行機という密室の中で知恵比べともいえる戦いを繰り広げる。監督はもともとは俳優であり、のちにTV映画「ルーツ」を監督したケヴィン・フックス。製作はリー・リッチ、ダニエル・L・ポールソン、ダイラン・セラーズ。脚本はダン・ゴードンとデヴィッド・ロフリー。

監督
ケヴィン・フックス
出演キャスト
ウェズリー・スナイプス ブルース・ペイン トム・サイズモア Alex Datcher
1992年

アフタヌーンティーはベッドで

  • 1992年9月19日(土)
  • 編集

1959年に初演された舞台劇『ティン・ティン』の映画化で、大人の恋の物語を淡々と描く。監督は「おかしな二人」のジーン・サックス、製作はオトゥーロ・ラペーニャ、マッシミリアノ・ラペーニャ、脚本はロナルド・ハーウッド、原作はフランソワ・ビエドー、撮影はフランコ・ディ・ジャコモ、音楽は「ダンサー」のピノ・ドナジオが担当。

監督
ジーン・サックス
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ ジュリー・アンドリュース ジャン・ピエール・カスタルディ Jean Jacques Dulon
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/26更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > リチャード・ノード

ムービーウォーカー 上へ戻る