映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・シーモア・ホフマン

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2015年 まで合計32映画作品)

2015年

ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション

  • 2015年11月20日(金)公開
  • 出演(プルターク 役)

近未来の地球を舞台に、戦うことを余儀なくされた少年少女を待ち受ける過酷な運命を描く、ティーンに人気のスーザン・コリンズの小説をジェニファー・ローレンス主演で映画化したサスペンス・アクション3部作の完結編の後編。独裁国家パネムに対する反政府勢力のリーダーとなったカットニスにさらなる試練が降りかかる。

監督
フランシス・ローレンス
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ジョシュ・ハッチャーソン リアム・ヘムズワース ジュリアン・ムーア

ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス

  • 2015年6月5日(金)公開
  • 出演(プルターク・ヘブンズビー 役)

近未来の地球を舞台に、戦うことを余儀なくされた少年少女を待ち受ける過酷な運命を描く、ティーンに人気のスーザン・コリンズの小説をジェニファー・ローレンス主演で映画化したサスペンス・アクション3部作の完結編の前編。独裁国家パネムに対抗する反乱軍の一員となったカットニスにさらなる試練が降りかかる。

監督
フランシス・ローレンス
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ジョシュ・ハッチャーソン リアム・ヘムズワース ウディ・ハレルソン

あの頃ペニー・レインと 特別編集版

  • 2015年5月22日(金)公開
  • 出演(Lester Bangs 役)

15歳の少年の視点から青春を描いた音楽映画。劇場公開版に38分の映像を加えた特別編集版。監督・脚本は、「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ。出演は、「幸せへのキセキ」のパトリック・フュジット。第73回アカデミー賞脚本賞、第58回ゴールデン・グローブ賞作品賞、助演女優賞(ケイト・ハドソン)受賞。

監督
キャメロン・クロウ
出演キャスト
ビリー・クラダップ フランシス・マクドーマンド ケイト・ハドソン パトリック・フュジット
2014年

誰よりも狙われた男

  • 2014年10月17日(金)公開
  • 出演(ギュンター・バッハマン 役)

14年2月に急逝したオスカー俳優、フィリップ・シーモア・ホフマン主演のサスペンス・ドラマ。『裏切りのサーカス』などで知られるスパイ小説の大家、ジョン・ル・カレの同名作を基に、現代のスパイによる諜報合戦が描かれる。ウィレム・デフォー、レイチェル・マクアダムスといった名優たちによる演技合戦にも注目。

監督
アントン・コービン
出演キャスト
フィリップ・シーモア・ホフマン レイチェル・マクアダムス ウィレム・デフォー ロビン・ライト
2013年

ハンガー・ゲーム2

  • 2013年12月27日(金)公開
  • 出演(プルターク 役)

文明が崩壊し、12の地区に区切られたかつてのアメリカを舞台に、各地区から選出され、森の中で戦うことを余儀なくされた12〜18歳の少年少女の過酷な運命を描く、ティーンに人気の小説を映画化したサスペンス・アクション3部作の第2弾。前作で生き残ったヒロイン、カットニスを待ち受けるさらなる試練が描かれる。

監督
フランシス・ローレンス
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ジョシュ・ハッチャーソン リアム・ヘムズワース ウディ・ハレルソン

25年目の弦楽四重奏

  • 2013年7月6日(土)公開
  • 出演(ロバート 役)

フィリップ・シーモア・ホフマン、クリストファー・ウォーケンらアカデミー賞に輝く個性派俳優たちがベテラン音楽家に扮し、突然訪れた四重奏団解散の危機に直面する姿を描くヒューマンドラマ。狂っていく音程の中で演奏するというベートーヴェンの名曲、弦楽四重奏曲第14番にインスパイアされた物語だ。

監督
ヤーロン・ジルバーマン
出演キャスト
フィリップ・シーモア・ホフマン クリストファー・ウォーケン キャサリン・キーナー マーク・イヴァニール

ザ・マスター

  • 2013年3月22日(金)公開
  • 出演(ランカスター・ドッド 役)

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』の鬼才、ポール・トーマス・アンダーソン監督による人間ドラマ。第2次大戦後の混沌としたアメリカで、圧倒的な力で人々を支配・服従させる新興宗教の教祖と、人生を見失い、宗教にはまっていく人々の姿を描く。フィリップ・シーモア・ホフマンほか、アンダーソン監督作の常連が顔を揃えた。

監督
ポール・トーマス・アンダーソン
出演キャスト
ホアキン・フェニックス フィリップ・シーモア・ホフマン エイミー・アダムス アンビル・チルダーズ
2012年

スーパー・チューズデー 正義を売った日

  • 2012年3月31日(土)公開
  • 出演(ポール・ザラ 役)

米大統領選挙に向けて、複数の州でその予備選が同時開催される“スーパー・チューズデー”。選挙戦最大のヤマ場となる同日を控えた各陣営の駆け引きといった選挙の裏側に迫る濃密な人間ドラマ。ジョージ・クルーニーが監督・脚本に加え、大統領を目指す州知事に。ライアン・ゴズリングが選挙戦のカギを握る若き広報官を演じる。

監督
ジョージ・クルーニー
出演キャスト
ライアン・ゴズリング ジョージ・クルーニー フィリップ・シーモア・ホフマン ポール・ジアマッティ
2011年

マネーボール

  • 2011年11月11日(金)公開
  • 出演(アート・ハウ 役)

ブラッド・ピットがプロ野球チームのカリスマGMに扮した実話ストーリー。紆余曲折の末、独自の経営哲学“マネーボール理論”によって、メジャーリーグの歴史を変えたビリー・ビーンの半生を描く。フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライトといった演技派が脇を固めるほか、当事者である監督や選手も実名で登場する。

監督
ベネット・ミラー
出演キャスト
ブラッド・ピット ジョナ・ヒル ロビン・ライト フィリップ・シーモア・ホフマン

メアリー&マックス

  • 2011年4月23日(土)公開
  • 出演(声)(マックス・ジェリー・ホロウィッツ 役)

多くの映画祭で高い評価を得ているクレイアニメ。性別も年齢も国籍も異なる2人の、20年以上に及ぶ手紙のやりとりをベースに、人生の紆余曲折と2人の真の友情をつづる。監督は2004年のアカデミー賞短編アニメーション部門に輝いたアダム・エリオット。フィリップ・シーモア・ホフマン、トニ・コレットら豪華声優陣にも注目だ。

監督
アダム・エリオット
出演キャスト
フィリップ・シーモア・ホフマン トニ・コレット ベサニー・ウィットモア エリック・バナ

関連ニュース

ホアキン・フェニックス「オスカーなんかクソ食らえ!ノミネートも二度とごめんだね」
ホアキン・フェニックス「オスカーなんかクソ食らえ!ノミネートも二度とごめんだね」(2012年10月23日)

いよいよ賞レースシーズンに突入!アカデミー賞の候補作品や俳優候補の名があがりつつあるが、なかでも第69回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞したポール・トーマス…

やっぱりスパイダーマンはタフガイ!気管支炎にも負けずブロードウェイの舞台に
やっぱりスパイダーマンはタフガイ!気管支炎にも負けずブロードウェイの舞台に(2012年5月18日)

世界に先駆けて6月30日(土)から日本公開される『アメイジング・スパイダーマン』でスパイダーマンを演じているアンドリュー・ガーフィールドが、気管支炎に苦しみなが…

ユアン・マクレガー、同性愛の恋人にするなら「P・シーモア・ホフマン」
ユアン・マクレガー、同性愛の恋人にするなら「P・シーモア・ホフマン」(2010年3月17日)

『フィリップ、きみを愛してる!』(公開中)でジム・キャリーと同性愛の恋人同士を演じて話題になっているユアン・マクレガー。だが、本人としては同性と恋愛するなら相手…

メリルvsホフマン! “疑惑”に巻き込まれる面白さ―No.1 大人の上質シネマ
メリルvsホフマン! “疑惑”に巻き込まれる面白さ―No.1 大人の上質シネマ(2009年3月6日)

現・ハリウッドのお局と言えば、なんといってもメリル・ストリープだろう。確かな演技力、圧倒的な存在感、泣く子も黙る貫禄をたたえ、大女優の冠はほしいままだ。 そんな…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フィリップ・シーモア・ホフマン