映画-Movie Walker > 人物を探す > コール・ハウザー

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2018年 まで合計11映画作品)

2018年

アクト・オブ・バイオレンス

  • 2018年3月3日(土)公開
  • 出演(Deklan 役)

ブルース・ウィリスが敏腕ベテラン捜査官を演じるサスペンス・アクション。婚約者を何者かに誘拐されたローマンは、元軍人の兄たちと共に彼女の行方を追う。一方、巨大な人身売買組織を探る捜査官エイヴリーは、彼らと極秘で協力し、闇組織を追い詰めていく。共演は「X-MEN」シリーズのショーン・アシュモア、「トランセンデンス」のコール・ハウザー、「ドッグ・イート・ドッグ」のメリッサ・ボローナ、「ディヴァイド」のアシュトン・ホームズ。監督は「スピーク」の製作を務めたブレッド・ドノフー。

監督
ブレット・ドノフー
出演キャスト
ブルース・ウィリス ショーン・アシュモア コール・ハウザー メリッサ・ボローナ
2006年

地獄の変異

  • 2006年9月30日(土)公開
  • 出演(ジャック 役)

潜水のプロと科学者の混成チームが、広大な洞窟で味わう未知の恐怖を描いた冒険ホラー。闇の世界で独自の進化を遂げた怪物の不気味なビジュアルが見ものだ。

監督
ブルース・ハント
出演キャスト
パイパー・ペラーボ コール・ハウザー モーリス・チェスナット エディ・シブリアン

パパラッチ

  • 2006年4月8日(土)公開
  • 出演(ボー・ララミー 役)

メル・ギブソン製作による、緊迫のアクション・スリラー。凶悪なパパラッチの餌食になったスター俳優の壮絶なリベンジ劇を、シャープなタッチで映し出す。

監督
ポール・アバスカル
出演キャスト
コール・ハウザー ロビン・トゥーニー デニス・ファリーナ ダニエル・ボールドウィン
2003年

ティアーズ・オブ・ザ・サン

  • 2003年10月25日(土)公開
  • 出演(Red 役)

ブルース・ウィリスと「マトリックス リローデッド」のモニカ・ベルッチ共演による戦争ドラマ。軍に逆らい、危険を冒して難民救出に挑む兵士の奔走劇がドラマチックに展開!

監督
アントワン・フークア
出演キャスト
ブルース・ウィリス モニカ・ベルッチ コール・ハウザー イーモン・ウォーカー

ワイルド・スピードX2

  • 2003年8月23日(土)公開
  • 出演(Carter Verone 役)

全米の若者を熱狂させたカー・アクションの続編。前作に登場した天才ドライバーの警官の、新たな戦いが描かれる。深夜の公道レース、白昼の猛チェイスは迫力満点。

監督
ジョン・シングルトン
出演キャスト
ポール・ウォーカー タイリース エヴァ・メンデス コール・ハウザー
2002年

ジャスティス

  • 2002年9月28日(土)公開
  • 出演(Staff Sgt. Vic W. Bedford 役)

ブルース・ウィリスと新鋭コリン・ファレル共演による、捕虜収容所を舞台にしたヒューマン・サスペンス。ナチスによる軍事裁判と、その裏で進行するある計画をスリリングに描く。

監督
グレゴリー・ホブリット
出演キャスト
ブルース・ウィリス コリン・ファレル テレンス・ハワード コール・ハウザー
2000年

ピッチブラック

  • 2000年12月2日(土)公開
  • 出演(Johns 役)

 不時着事故を生き延びた男女と、未知の宇宙生物との死闘を描くSFスリラー。暗闇とともに忍び寄る死の恐怖を、斬新なアイデアのストーリーとビジュアルで語り明かす。

監督
デヴィッド・トゥーヒー
出演キャスト
ヴィン・ディーゼル ラダ・ミッチェル コール・ハウザー キース・デイヴィッド
1999年

ハイロー・カントリー

  • 1999年11月27日(土)公開
  • 出演(Little Boy Matson 役)

昔気質のふたりの西部男の生きざまを描いたドラマ。西部劇最後の巨匠サム・ペキンパーが映画化を望みながら実現しなかったマックス・エヴァンスの同名作の映画化で、「クンドゥン」のマーティン・スコセッシの製作の元、監督には「スナッパー」「ジキル&ハイド」の英国人監督スティーブン・フリアーズがあたった。脚本は「ワイルドバンチ」で知られるウォロン・グリーン(「イレイザー」など)が担当。製作は「ノッティングヒルの恋人」のティム・ビーヴァンとエリック・フェルナーのコンビ、スコセッシと彼とコンビを組むバーバラ・デ・フィーナ。製作総指揮は「BOYS」のラッド・シモンズ。撮影は「スナッパー」「私の愛情の対象」のオリヴァー・ステイプルトン。音楽はコーエン兄弟作品で知られる「将軍の娘 エリザベス・キャンベル」のカーター・バーウェル。美術・衣装はデイヴィッド・リンチ作品で知られる「エンド・オブ・バイオレンス」のパトリシア・ノリス。編集はダニー・ボイル作品の常連マサヒロ・ヒラクボ。出演は「ラリー・フリント」のウディ・ハレルソン、「秘密の絆」のビリー・クラダップ、「パトリシア・アークエットのグッバイ・ラバー」のパトリシア・アークエット、「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」のコール・ハウザー、「イフ・オンリー」のペネロペ・クルス、「ビッグ・リボウスキ」のサム・エリオットほか。

監督
スティーブン・フリアーズ
出演キャスト
ウディ・ハレルソン ビリー・クラダップ パトリシア・アークエット コール・ハウザー
1998年

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

  • 1998年3月7日(土)公開
  • 出演(Billy 役)

心を閉ざした天才青年が、似た境遇の心理学者との交流を通じて成長していく姿を、繊細なタッチで綴ったヒューマン・ドラマ。自身もハーヴァード大学中退というエリートでもある「戦火の勇気」のマット・デイモン(70年生)と、彼とベン・アフレック(「青春の輝き」で共演)のふたりの新進俳優の共作によるオリジナル脚本を、デイモン自身の主演、アフレックの助演、「誘う女」のガス・ヴァン・サントの監督で映画化。製作は「パルプ・フィクション」のローレンス・ベンダー。製作総指揮は「シーズ・ソー・ラヴリー」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟に、ジョナサン・ゴードン、スー・アームストロングの共同。撮影はレオス・カラックス作品でも知られる「ザ・クロウ」のジャン=イヴ・エスコフィエ。音楽は「マーズ・アタック!」のダニー・エルフマンがスコアを担当し、音楽監修にはジェフリー・キンボールがあたった。美術はミッシィ・スチュワート。編集はピエトロ・スカリア。衣裳はベアトリス・アルーナ。共演は「ジャック」のロビン・ウィリアムス、「スリーパーズ」のミニー・ドライヴァー、「アミスタッド」のステラン・スカルスゲールドほか。97度年ゴールデングローブ賞脚本賞受賞、アカデミーオリジナル脚本賞賞、助演男優賞(ウィリアムス)受賞。98年キネマ旬報ベスト・テン第7位

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
ロビン・ウィリアムズ マット・デイモン ベン・アフレック ミニ・ドライヴァー
1995年

ハイヤー・ラーニング

  • 1995年7月29日(土)公開
  • 出演(Scott Moss 役)

名門大学に入学した3人の若者たちの姿を通してアメリカの今を浮き彫りにした社会派学園ドラマ 。監督・製作・脚本の三役を務めるのは「ボーイズ'ン・ザ・フッド」「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」の俊英ジョン・シングルトン。撮影はピーター・リヨンズ・コリスター、名ジャズ・ベース・プレイヤーとして知られる音楽のスタンリー・クラークと編集のブルース・キャノンはシングルトンの前作「ボーイズ'ン・ザ・フッド」に続いての参加。美術は「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」のキース・ブライアン・バーンズがあたった。またアルフレッド・ヒッチコック作品で知られる「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のソウル・バスがタイトル・デザインを担当。「マネキン2」のクリスティ・スワンソン、「メジャーリーグ2」のオマー・エップス、「トゥルー・ロマンス」のマイケル・ラパポートが3人の新入生を演じ、ローレンス・フィッシュバーンにラッパー兼俳優のアイス・キューブ(挿入曲も提供)と「愛の地獄」のジェニファー・コネリーが脇を固めている。

監督
ジョン・シングルトン
出演キャスト
オマー・エップス クリスティ・スワンソン マイケル・ラパポート アイス・キューブ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > コール・ハウザー