映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・ルサン

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1938年 まで合計28映画作品)

1938年

煌めく銀星

  • 1938年
  • 出演(Executive 役)

「天晴れ着陸」に次ぐソーニャ・ヘユー主演映画で、監督、撮影とも同様にロイ・デル・ルース、ジョン・J・メスコールが夫々当っている。カール・タンバーグとドン・エトリンガー共作のストーリーを「アリババ女の都へ行く」「狙われたお嬢さん」のハリー・チュゲンド、ジャック・イェレン組が脚色したものである。主役のヘニーを助け「四人の復讐」のリチャード・グリーン、「氷上乱舞」のジョーン・ヌーヴィス及びアーサー・トリチャー、「天晴れ着陸」のシーザー・ロメロ、「膝にバンジョウ」のバディー・エプセン、「マルコ・ポーロの冒険」のジョージ・バービア、「アリババ女の都へ行く」のルウイズ・ホヴィック等が出演している。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ソニヤ・ヘニー リチャード・グリーン ジョーン・デイヴィス セザール・ロメロ
1936年

証人席

  • 1936年
  • 出演(Judge 役)

「泉」「晩春」のアン・バーディングが主演する映画で、リタ・ウィーマンのオリジナルを「ホワイト・パレード」のライアン・ジェームズと「鋪道の雨」のガートルード・パーセルが協力脚色し、「紅雀」「大帝の密使」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、「偽装の女」のロバート・ダグラスが撮影した。助演者は「三銃士(1935)」のウォルター・エイベルおよびモローニ・オルセン、「永遠に愛せよ」のダグラス・ダンブリル、新顔のフランセス・セイジ等である。

監督
ジョージ・ニコルズ・ジュニア
出演キャスト
アン・ハーディング ウォルター・エイベル ダグラス・ダンブリル フランセス・セイジ

からくり令嬢

  • 1936年
  • 出演(Girard 役)

「武装せる市街」「ギャング戦線」のラルフ・ベラミーと新人ジョーン・ペリーとが主演する映画で、ハロルド・シューメイトの原作をトム・ヴァン・ダイクが脚色し、「ギャング戦線」「百発百中の男」のD・ロス・レダーマンが監督した。助演者は「オペラ・ハット」「意気な紐育っ子」のダグラス・ダンブリル、ジョージ・マッケイ、ジーン・モーガン、等。キャメラはアレン・G・シーグラーが担当した。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
ラルフ・ベラミー ジョーン・ペリー ダグラス・ダンブリル ジョージ・マッケイ
1935年

爆弾トラック

  • 1935年
  • 出演(Dr._Daley 役)

「恐怖の夜」「肉弾鬼中隊(1934)」のウォーレス・フォードと「スポーツ・パレード」のマリアン・マーシュが主役を勤める映画で、アンソニ・コールドウェイが原作脚色し、「修羅王ジョーンズ」のランバート・ヒルヤーが監督したもの。助演者は「青空天国」のアーサー・ホール、「荒浪越えて」のチャーリー・グレイプウィン、子役ジェイ・ウォルター・ウォード等で、撮影は「豪勇キッド」のベンジャミン・H・クラインの担当である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウォーレス・フォード マリアン・マーシュ アーサー・ホール チャーリー・グレイプウィン
1934年

乾杯の唄

  • 1934年
  • 出演(Judge_O'Neil 役)

ブロードウェイのミュージカル・ショウ演出家としてアール・キャロルと並び称せられるジョージ・ホワイトの「スキャンダルス」の映画化で、ホワイト自身原作を書き総指揮にあたったもの。物語部分の監督には「空中レヴュー時代」のソーントン・フリーランドがあたり、舞踏場面の監督には「流れる青空」のハリー・ラックマンがあたった。なお舞踏振り付けはジョージー・ヘールが担任し、撮影は「生ける人形」のリー・ガームスと「戦争と母性」のジョージ・シュナイダーマンが共同担当した。出演者はラジオ界の人気歌手でジャズ・アーケストラの指揮者ルディ・ヴァリー指揮下の歌手だったアリス・フェイ、「駄法螺男爵」のジミー・デューラント、「当たって砕けろ」のクリフ・エドワーズ、「坊やはお休み」のエイドリアン・エイムス、「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフ、「絢爛たる殺人」のガートルード・マイケル、ディキシー・ダンバー、ウォーレン・ハイマーの面々で、御大ジョージ・ホワイト自身も顔を見せ、配下のダンサー連が出演する。

監督
ジョージ・ホワイト
出演キャスト
ルディ・ヴァリー ジミー・デューラント アリス・フェイ エイドリアン・エイムス
1933年

戦慄を追う男

  • 1933年
  • 出演(Jackson 役)

「大金鉱」のバック・ジョーンズが主演する活劇で、ハリー・O・ホイトが書き下ろした脚本により「アリゾナ(1931)」のジョージ・B・サイツが監督にあたり、「アメリカの暴露」「ナイトクラブの女」のテッド・テズラフが撮影した。助演者は「突進大飛行船」のドロシー・レヴィアを初め、エドワード・ルサン、フランク・ラルウ、ハリー・トッド等である。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
バック・ジョーンズ ドロシー・レヴィア エドワード・ルサン エディ・ケーン

銃弾の挑戦

  • 1933年
  • 出演(Judge 役)

「巨盗団全滅」「夕陽の総攻撃」のティム・マッコイが主演する映画で、ホレース・マッコイの書卸し、「ダイナマイト(1937)」のフィリップ・E・ローゼンの監督によるもの。助演者は「ピストルと音楽」のシャーリー・グレイを始め、ヘンリー・ワズワース、オスカー・アッフェル、ウィーラー・オークマン等。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ティム・マッコイ シャーリー・グレイ ヘンリー・ワズワース オスカー・アッフェル

七時になると殺される

  • 1933年
  • 出演(Coroner 役)

「麦畑を奪う者」「歓呼の夜」のチェスター・モリスが「暁の砂漠」「水平さんはお人好し」のヴィヴィエン・オスボーンを相手に主演する映画で、「女性暴君」「快走艇」のラルフ・スペンスが書き下ろした台本により「劇場王ブラウン」のレイ・エンライトが監督し「武装ラグビー」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが撮影にあたった。助演者は「流行の王様」のフランク・マクヒュー、「シナラ」のヘンリー・スティーブンソン、「失踪者三万人」のアレン・ジェンキンス、「晩餐八時」のグラント・ミッチェル、チャールズ・ミドルトン等である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
チェスター・モリス ヴィヴィエン・オスボーン フランク・マクヒュー アレン・ジェンキンス

恩讐

  • 1933年
  • 出演(Doctor 役)

「戦時特派員」「大飛行船」のジャック・ホルトが主演する映画で「狂恋のつばさ」「魔の海底」アルバート・S・ロージェルが監督にあたったもの。脚本は「戦時特派員」「魔の海底」にジョー・スワーリングが監督者ロージェルの書き下ろした原作によって執筆し、カメラは「戦時特派員」「兄貴は世界一」のベンジャミン・H・クラインの担当である。共演者は「吾は愛せり」のジュヌヴィエーヴ・トバン、「競馬天国」のシドニー・ブラックアマー及び「四十二番街」のジョージ・E・ストーンで、その他子役ウォーリー・オルブライト、ワード・ボンド、アイリーン・ホワイト等が助演している。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ジャック・ホルト ジュヌヴィエーヴ・トバン ジョージ・E・ストーン ウォーリー・オルブライト
1932年

六月十三日の夜

  • 1932年
  • 出演(Mr._Morrow 役)

ヴェラ・キャスパリーが書卸した原作を「空の花嫁」のアグネス・ブランド・リー、「歓呼の涯」のウィリアム・スレイヴンス・マクナット及びブライアン。・マーロウが脚色 し、「空の花嫁」「歓呼の涯」のスティヴン・ロバーツが監督した映画。主役には「上海特急」「二十四時間」のクライヴ・ブルックが選ばれ、「噂の姫君」のライラ・リー、「七万人の目撃者」「その夜」のチャールズ・ラグルズ「鉄窓と花束」「小間使(1931)」のシーン・レイモンド、「夫を殺すまで」「令女学」のフランセス・ディー、「我等は楽しく地獄へ行く」のエイドリアン・アレン、「小間使(1931)」のメアリー・ボーランド、「歓呼の涯」のビリー・バッツ、「スーキー」のヘレン・ジェローム、・エディー、ヘレン・ウェーア、等が助演している。カメラは「歓呼の涯」「めくらの鼠」のハリー・フィッシュベック。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
クライヴ・ブルック ライラ・リー チャールズ・ラグルズ ジーン・レイモンド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
1917 命をかけた伝令
1917 命をかけた伝令

『007 スペクター』のサム・メンデス監督がワンショット撮影を敢行した戦争ドラマ

パラサイト 半地下の家族
パラサイト 半地下の家族

相反する2つの家族の出会いによって展開する悲喜劇を描いたポン・ジュノ監督作

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・ルサン