映画-Movie Walker > 人物を探す > エディス・ロバーツ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1924年 まで合計24映画作品)

1924年

汝の名は女

  • 1924年当年公開
  • 出演(Dolores 役)

「社交界の誘惑」「海賊アップルジャック」に続くフレッド・ニブロ氏の監督作品で、原作はカルル・ショーンヘル氏の書いた舞台劇で、ベス・メレディス女史が脚色したもの。主役は「心なき女性」「アラブ」「文化果つるところ」出演のラモン・ノヴァロ氏、「海賊アップルジャック」「心なき女性」出演のバーバラ・ラ・マー嬢で、その他ウィリアム・ヴィー・モング氏、エディス・ロバーツ嬢、ウォーレス・マクドナルド氏、クレアー・マクドウェル嬢等が共演している。スペインのピレネー山脈中に住む密輸入者の物語である。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ バーバラ・ラ・マー ウィリアム・V・モング ウォーレス・マクドナルド

富貴を茶にして

  • 1924年当年公開
  • 出演(Murie_Hart 役)

エドガー・フランクリン氏原作の小説「養子にした父」“The Adopted Father”をフォレスト・ハルシー氏が脚色し「不盡の熱火」「沈黙の声」等と同じくF・ハーモン・ウェイト氏の監督、ジョージ・アーリス氏の主演になったもので、セルズニック社から発揮されたディスティンクティヴ映画である。共演者は「ホワイト・シスター(1923)」「桃色の夜は更けて」出演のロナルド・コールマン氏、「狂恋の唄女」「大北の怪異」等出演のエディス・ロバーツ嬢等である。

監督
F・ハーモン・ウェイト
出演キャスト
ジョージ・アーリス テイラー・ホームズ エディス・ロバーツ ロナルド・コールマン
1923年

兄貴(1923)

  • 1923年当年公開
  • 出演(Kitty_Costello 役)

レックス・ビーチ原著になる小説を、「オーバー・ザ・ヒル」等の脚色者ポール・H・スローンが脚色し、「月の囁き」「舞姫ザザ(1923)」その他と同じくアラン・ドワンが監督をした。主役は「牧童と貴婦人」「国境を越えて」等出演のトム・ムーア、「良人の危険時代」「土曜日の夜」等出演のエディス・ロバーツ、「奮起の一戦」「荒れ狂う猛将」等出演のミッキー・ベネット等で、その他レイモンド・ハットンも主要な役割を演じている。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
トム・ムーア ジョセフ・キング ミッキー・ベネット エディス・ロバーツ

男を磨いて

  • 1923年当年公開
  • 出演(June_Carpenter 役)

ウィリアム・ウォーレス・クック氏の原作をブラッドリー・キング氏が脚色し、「第奮闘家」「名馬の鉄蹄」等と同じくジェームズ・W・ホーン氏が監督し、同上2映画出演のダグラス・マックリーン氏主演になる喜活劇で、相手は「良人の危険時代」「狂恋の唄女」等出演のエディス・ロバーツ嬢。子役のミュリエル・フランセス・ダナ嬢が男の子に扮して御愛敬を振りまいている。

監督
ジェームズ・W・ホーン
出演キャスト
ダグラス・マックリーン エディス・ロバーツ ミュリエル・フランセス・ダナ Rex Cherryman

大北の怪異

  • 1923年当年公開
  • 出演(Yvonne 役)

サタディ・イヴニング・ポースト誌に載せられたクラレンス・バディントン・ケランド氏原作の小説を、「船に打乗り海原指して」「最後の一瞬」「ヴェニスの一夜」等を監督したエドワード・スローマン氏が監督したもの。チャールズ・E・ウィティカー氏が脚色の任に当たった。舞台に長い経験のあるアルフレッド・ラント氏が映画界に入った第1回作品で、氏の相手は「良人の危険時代」「土曜日の夜」等出演のエディス・ロバーツ嬢である。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
エディス・ロバーツ アルフレッド・ラント Major James Doyle William B. Mack
1922年

狼の子

  • 1922年当年公開
  • 出演(Chook-Ra 役)

「上海の狼」原作者たる米国通俗小説の大家ジャック・ロンドンの原作をW・ヘイウッドが脚色し、「法の外(1921)」「ふるさと」などに出演のウィーラー・オークマンと多数のユ社映画に主演したエディス・ロバーツが共演したロバートスン・コール映画である。監督は「ラスカ」と同様ノーマン・ドーンである。

監督
ノーマン・ドーン
出演キャスト
ウィーラー・オークマン エディス・ロバーツ Sam Allen アシュレイ・クーパー

狂恋の唄女

  • 1922年当年公開
  • 出演(Violet_Beaton 役)

ベルタ・M・クレイ原作の小説に基づき、ホープ・ロアリングが脚色し、「仮面の勇士」「楽園の毒草」その他と同じくルイ・ガスニエが監督した。主役は「勝敗の彼方へ」「楽園の毒草」等主演のケネス・ハーランと、「跫足」「或る愚者有りき」等出演のエステル・テイラー、それに「良人の危険時代」「大北の怪異」等出演のエディス・ロバーツである。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
エステル・テイラー ケネス・ハーラン Arthur Hull John Cassar

血と肉

  • 1922年当年公開
  • 出演(The_Angel_Lady 役)

ルイス・D・ライトン氏の原作に基づき「還境の力」等と同じくアーヴィング・カミングス氏が監督製作したもので、主役は「オペラの怪人(1925)」「ノートルダムのせむし男(1923)」等主演のロン・チャニー氏で、ジャック・マルホール氏、エディス・ロバーツ嬢、ノア・ビアリー氏、ラルウ・ルイス氏、山本冬郷氏等が助演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ロン・チャニー デウィット・ジェニングス ノア・ビアリー ラルフ・ルイス

奈落の底

  • 1922年当年公開
  • 出演(Claire_Veniza 役)

パーカー・リード氏製作昨年12月セルズニック社発売の新映画で、「荒れ狂う猛将」「女を征服する力」等と同様素晴らしい人情活劇である。主役はトム・ムーア氏相手役ユ社で永らくお馴染みであったエディス・ロバーツ嬢。その他「黙示録の4騎士」のジョーゼフ・スウィッカー氏やジェームズ・バーロウズ氏等老巧な所が助演している。アーヴィン・V・ウィラット氏が監督したもの、原作者フランク・L・パッカード氏は「ミラクルマン(1919)」の原作者として皆様御存じの筈。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
トム・ムーア エディス・ロバーツ チャールズ・ジェラード ジョセフ・スウィッカード

二人頑固親爺

  • 1922年当年公開
  • 出演(Virginia_Hayward 役)

アーサー・グッドリッジ氏の原作からF・W・ビーブ氏が脚色し、古いチャップリン映画の監督だったジェス・ロビンス氏が監督したもので主役は「女性礼讚」「男子改造」等出演のエドワード・ホートン氏と「富貴を茶にして」「狂恋の唄女」等出演のエディス・ロバーツ嬢でその他ロイド・イングレアム氏、ジェームズ・コリガン氏、バッディー・メッセンジャー君等が出演している。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
エドワード・ホートン エディス・ロバーツ ジェームズ・コリガン ロイド・イングレアム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エディス・ロバーツ