TOP > 人物を探す > ティモシー・スポール

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2019年 まで合計34映画作品)

2019年

ロンドン・バーニング

  • 2019年11月29日(金)
  • 出演(Clifford Cullen 役)

ロンドン裏社会の戦慄の実話を、血塗られたバイオレンスで描出するクライム・アクション。刑期を終えて出所した元ボクサーのリアム。ある日、実業家のカレンに声をかけられ、ボクサーに復帰するが、実はカレンは、汚職警官と手を組むシンジケートのボスだった。出演は「あと1センチの恋」のサム・クラフリン、「ターナー、光に愛を求めて」のティモシー・スポール、「パディントン」シリーズのヒュー・ボネヴィル。監督は『PRESSURE プレッシャー』のロン・スカルペッロ。特集企画『MDGP(モースト・デンジャラス・シネマグランプリ)2019』にて上映。

監督
ロン・スカルペロ
出演キャスト
サム・クラフリン ティモシー・スポール ヒュー・ボネヴィル ノエル・クラーク
2018年

アーリーマン~ダグと仲間のキックオフ!~

  • 2018年7月6日(金)
  • 出演(声)(ボブナー長老 役)

『ひつじのショーン』のアードマン・アニメーションズによるストップモーション・アニメーション。マンモスが生息する先史時代を舞台に、奪われた故郷を取り戻そうとする原始人の少年が、サッカーで強敵に戦いを挑む。主人公の少年ダグの声をエディ・レッドメイン、敵の暴君役をトム・ヒドルストンが演じる。

監督
ニック・パーク
出演キャスト
エディ・レッドメイン トム・ヒドルストン メイジー・ウィリアムズ ティモシー・スポール

輝ける人生

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」のリチャード・ロンクレイン監督による人生賛歌。順風満帆の人生を送っていたサンドラは、35年寄り添った夫の浮気現場を目撃、傷心のまま姉の家に転がり込む。ある日、姉はサンドラをダンス教室へ無理やり連れて行く。主演のサンドラを演じるのは「ヴェラ・ドレイク」「パレードへようこそ」のイメルダ・スタウントン。共演は「ターナー、光に愛を求めて」のティモシー・スポール、「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」シリーズのセリア・イムリー。

監督
リチャード・ロンクレイン
出演キャスト
イメルダ・スタウントン ティモシー・スポール セリア・イムリー デイヴィッド・ヘイマン
2017年

否定と肯定

  • 2017年12月8日(金)
  • 出演(デイヴィッド・アーヴィング 役)

ナチスによる大量虐殺はなかったと主張するホロコースト否定論者とユダヤ人歴史学者が裁判で争い、世界中の注目を集めた実在の事件を映画化した法廷ドラマ。アメリカの法廷での戦い方との違いに戸惑いながらも、勝利のために歴史の真実に迫っていくヒロインをレイチェル・ワイズが演じる。監督は近年はドキュメンタリーを数多く手がけているミック・ジャクソン。

監督
ミック・ジャクソン
出演キャスト
レイチェル・ワイズ トム・ウィルキンソン ティモシー・スポール アンドリュー・スコット
2016年

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

  • 2016年7月1日(金)
  • 出演(声)(ベイヤード 役)

「不思議の国のアリス」のその後を描き、大ヒットを記録した『アリス・イン・ワンダーランド』のシリーズ第2弾。悲しい過去に心を奪われたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼるアリスの冒険がつづられる。ジョニー・デップやミア・ワシコウスカらに加え、“時間の番人”タイム役でサシャ・バロン・コーエンが新たに登場。

監督
ジェームズ・ボビン
出演キャスト
ジョニー・デップ アン・ハサウェイ ミア・ワシコウスカ ヘレナ・ボナム=カーター
2015年

ターナー、光に愛を求めて

  • 2015年6月20日(土)
  • 出演(ジョセフ・マロード・ウィリアム・ターナー 役)

"光"を捉えた風景画で、印象派画家たちにも多大な影響を与えたイギリス人画家J・M・W・ターナー(1775-1851年)の謎に包まれた人生を「秘密と嘘」のマイク・リー監督が映画化。主演は、本作で第67回カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞した「ハリー・ポッター」シリーズのティモシー・スポール。撮影は「幻影師アイゼンハイム」のディック・ポープ。

監督
マイク・リー
出演キャスト
ティモシー・スポール ドロシー・アトキンソン マリオン・ベイリー ポール・ジェッソン
2014年

ラブ・パンチ

  • 2014年12月6日(土)
  • 出演(ジェリー 役)

「新しい人生のはじめかた」のジョエル・ホプキンスが監督・脚本を務め、オールフランスロケで制作した大人のためのロマンチック・エンタテインメント。詐欺に遭い一文無しとなった実業家と元妻のロマンスの行方を描く。出演は、「007」シリーズのピアース・ブロスナン、「ラブ・アクチュアリー」のエマ・トンプソン。

監督
ジョエル・ホプキンス
出演キャスト
ピアース・ブロスナン エマ・トンプソン ティモシー・スポール セリア・イムリー
2013年

ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界

  • 2013年8月31日(土)
  • 出演(マーク 役)

冷戦時代のロンドンを舞台に、思春期の少女たちの揺れ動く心情と成長を描いたドラマ。出演は「SUPER8/スーパーエイト」のエル・ファニング、ジェーン・カンピオンの娘アリス・イングラート(「8 Eight」)、「ココ・アヴァン・シャネル」のアレッサンドロ・ニヴォラ。監督は「愛をつづる詩」のサリー・ポッター。

監督
サリー・ポッター
出演キャスト
エル・ファニング アリス・イングラート アレッサンドロ・ニヴォラ クリスティーナ・ヘンドリックス

アップサイドダウン 重力の恋人

  • 2013年9月7日(土)
  • 出演

キルスティン・ダンスト&ジム・スタージェス主演のSFラブストーリー。真逆の方向に引力が作用する不思議な惑星を舞台に、出会ってはいけなかった男女の運命的な恋が描かれる。幻想的なビジュアルを創り出したのは、アルゼンチンの巨匠、フェルナンド・F・ソラナスの息子で、本作が劇場長編2作目となるフアン・ソラナス。

監督
フアン・ソラナス
出演キャスト
キルスティン・ダンスト ジム・スタージェス ティモシー・スポール ジェームズ・キドニー
2011年

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

  • 2011年7月15日(金)
  • 出演(ピーター・ペティグリュー 役)

2001年の第1作『〜賢者の石』から足かけ11年にわたり製作された『ハリー・ポッター』シリーズ完結編。PART1では分霊箱を探すハリーたちの逃避行が物語の中心となったが、今作では“死の秘宝”をめぐるドラマが激化、数々の謎もすべて明かされていく。そしてハリーVSヴォルデモート、最後の魔法バトルは見逃せない。

監督
デヴィッド・イェーツ
出演キャスト
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ヘレナ・ボナム=カーター

関連ニュース

『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜』の日本公開が決定!
エディ・レッドメインとトム・ヒドルストンが原始人に!?アードマン最新作『アーリーマン』が日本公開決定 4月16日 12:00

「ウォレスとグルミット」シリーズや「ひつじのショーン」で知られるアードマン・アニメーションズとニック・パーク監督の最新作『アーリーマン 〜ダグと仲間のキックオフ!〜』の日本公開が決定。このたび本作からティザーポスターが到…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ティモシー・スポール