映画-Movie Walker > 人物を探す > ベルナルド・ベルトルッチ

年代別 映画作品( 1969年 ~ 2019年 まで合計17映画作品)

2019年

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト

1969年に約25分カットされた短縮版が公開されて以来、日本で上映される機会がなかった巨匠セルジオ・レオーネによる西部劇「ウエスタン」の165分オリジナル版を日本初公開。女性主人公ジルの目を通し、移り変わる時代と共に滅びゆくガンマンたちの落日を綴る。出演は「山猫」のクラウディア・カルディナーレ、「黄昏」のヘンリー・フォンダ、「大統領の陰謀」のジェイソン・ロバーズ、「狼よさらば」のチャールズ・ブロンソン。共同原案に、若き日のベルナルド・ベルトルッチとダリオ・アルジェントが参加。日本初公開時邦題「ウエスタン」(短縮版141分:1969年公開)

監督
セルジオ・レオーネ
出演キャスト
クラウディア・カルディナーレ ヘンリー・フォンダ ジェイソン・ロバーズ チャールズ・ブロンソン
2004年

ドリーマーズ

  • 2004年7月31日(土)公開
  • 監督

「ラストタンゴ・イン・パリ」の名匠ベルナルド・ベルトルッチ監督による青春ドラマ。'60年代のパリを舞台に、映画を愛する若者3人の危うい愛の行方を官能的に描きだす。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
マイケル・ピット エヴァ・グリーン ルイ・ガレル ロバン・ルヌッチ
2003年

10ミニッツ・オールダー イデアの森

  • 2003年12月20日(土)公開
  • 監督

鬼才ジャン=リュック・ゴダールら名だたる巨匠が、10分の限られた長さで“時間”というテーマを探求。哲学的かつ実験的な映像表現が観る者に刺激をもたらすオムニバス映画だ。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ マイク・フィギス イジー・メンツェル イシュトヴァン・サボー
2002年

水の寓話

  • 2002年当年公開
  • 監督、脚本

世界の映画監督15人が、“時間”をテーマに競作した短編集「10ミニッツ・オールダー イデアの森」の1本。監督は「シャンドライの恋」のベルナルド・ベルトルッチ。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
アミット・アロッツ ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ
2000年

シャンドライの恋

  • 2000年2月5日(土)公開
  • 監督、脚本

住みこみの黒人女性に恋した英国人音楽家の、プラトニックな愛を綴ったロマンス。監督は「魅せられて」のベルナルド・ベルトルッチ。脚本はジェイムズ・ラスダン原作の短編を基に「ハイシーズン」のクレア・ペプローとベルナルド・ベルトルッチが執筆。撮影は「夜ごとの夢~イタリア幻想譚」のファビオ・チャンケッティ。音楽は「心のおもむくままに」のアレッシオ・ヴラド。美術は「魅せられて」のジャンニ・シルヴェストリ。衣裳は「ライフ・イズ・ビューティフル」のメトカ・コジャク。出演は「ミッション・インポッシブル2」のサンディ・ニュートン、「ビッグ・リボウスキ」のデイヴィッド・シューリスほか。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
サンディ・ニュートン デイヴィッド・シューリス クラエディ・アンタマリア ジョン・シー・オジャング
1996年

魅せられて(1996)

  • 1996年8月3日(土)公開
  • 監督、原案

イタリア、トスカーナ地方を舞台に、19歳のアメリカ人の少女のひと夏の体験を描く青春映画。監督は「シェルタリング・スカイ」「リトル・ブッダ」のベルナルド・ベルトルッチで、『ある愚か者の悲劇』(V、81)以来、15年ぶりに故国イタリアに戻って監督したことも話題に。製作はベルトルッチとは「ラストエンペラー」以来のパートナーであるジェレミー・トーマス。ベルトルッチ自身の原案をもとに、小説家スーザン・ミノーが初の映画脚本を執筆。撮影は「暗殺のオペラ」(70)以来のコンビ、ヴィットリオ・ストラーロに代わって、「セブン」のダリウス・コンディが担当。音楽は「ロッキー・ホラー・ショー」のリチャード・ハートレイ。美術は「シェルタリング・スカイ」のジャンニ・シルヴェストリ。編集は「リトル・ブッダ」のピエトロ・スカリア。衣裳は「さすらいの二人」などのルイーズ・スターンスワードで、ワードローブ提供はジョルジョ・アルマーニ。録音は「ラストエンペラー」(アカデミー賞受賞)以来の仲のアイヴァン・シャーロック。主演はヒロインにモデル出身のリヴ・タイラー。本作のためオーディションで選ばれ、実質的にメジャー・デビュー。共演は「ダイ・ハード3」のジェレミー・アイアンズと、その夫人で「尼僧の恋」などのシニード・キューザック、「スターダスト」のドナル・マッキャン、「オルフェ」の名優ジャン・マレー、「1900年」以来のベルトルッチ映画復帰となるステファニア・サンドレッリなどが顔を揃える。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
リヴ・タイラー ジェレミー・アイアンズ カルロ・チェッキ ドナル・マッキャン
1994年

リトル・ブッダ

  • 1994年5月14日(土)公開
  • 監督、原案

ブッダの魂を受け継ぐと告げられた子供たちが、彼の生涯に触れていくさまを通じて、輪廻転生のテーマに迫った大作。原案・監督のベルナルド・ベルトルッチが、「ラストエンペラー」「シェルタリング・スカイ」に続いて“オリエント三部作”の最終章を飾る作品として発表した。製作のジェレミー・トーマス、共同脚本のマーク・ペプロー、撮影のヴィットリオ・ストラーロ、音楽の坂本龍一、美術・衣装のジェームズ・アシュソンと、ベルトルッチ作品の常連が結集。そのほかのスタッフは、共同脚本に「ウインズ」のルディ・ワーリッツァー、編集に「JFK」のピエトロ・スカラ。出演は、本作でデビューした9歳の子役アレックス・ウィーゼンダンガー、「ドラキュラ」(92)のキアヌ・リーヴス、「アサシン」のブリジット・フォンダほか。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
アレックス・ウィーゼンダンガー キアヌ・リーヴス ブリジット・フォンダ クリス・アイザック
1991年

シェルタリング・スカイ

  • 1991年3月29日(金)公開
  • 監督、脚本

失われた夢を取り戻すためにやってきたはずのアフリカで、愛を見失って彷徨うアメリカ人夫婦がしだいに切り離されてそれぞれの孤独な内面を露わにしてゆく姿を描く、ベルナルド・ベルトルッチの「ラストエンペラー」に続く監督作品。エグゼキュティヴ・プロデューサーはウィリアム・アルドリッチ、製作はジェレミー・トーマス、脚本はポール・ボウルズの原作を基にベルトルッチとマーク・ペプローの共同、撮影は「ディック・トレイシー」のヴィットリオ・ストラーロ、音楽は坂本龍一が担当。出演はデブラ・ウィンガー、ジョン・マルコヴィッチほか。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
デブラ・ウィンガー ジョン・マルコヴィッチ キャンベル・スコット ジル・ベネット
1989年

革命前夜

  • 1989年4月29日(土)公開
  • 監督、原案、脚本

コミュニストであることを自認しているブルジョワ出身の青年が自分の思想の欺瞞性に思い悩む姿を描く。監督・原案・脚本は「殺し(1962)」のベルナルド・ベルトルッチ、共同脚本はジャンニ・アミーコ、撮影はアルド・スカヴァルダ、音楽はジーノ・パオリとエンニオ・モリコーネが担当。出演はアドリアーナ・アスティ、フランチェスコ・バリッリほか。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
アドリアーナ・アスティ フランチェスコ・バリッリ アレン・ミジェット Morando Morandini
1988年

殺し(1962)

  • 1988年6月22日(水)公開
  • 監督、脚本

一人の娼婦の殺人事件を発端にローマのテーヴェレ川近辺に出没する、社会の底辺にうごめく若者達の行動を描く。製作はアントニオ・チェルヴィ、監督は「ラストエンペラー」のベルナルド・ベルトルッチで本作品が監督第一作目にあたる。ピエル・パオロ・パゾリーニの原案を基にベルトルッチとセルジオ・チッティが脚本、撮影はジャンニ・ナルツィージ、音楽は「予告された殺人の記録」のピエロ・ピッチオーニが担当。主演はフランチェスコ・ルイウ、ジャンカルロ・デ・ローザほか。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
フランチェスコ・ルイウ ジャンカルロ・デ・ローザ ヴィンチェンツォ・チッコラ レナート・トロイアーニ

関連ニュース

『ラストタンゴ・イン・パリ』主演女優が死去、衝撃の性描写に翻弄された生涯
『ラストタンゴ・イン・パリ』主演女優が死去、衝撃の性描写に翻弄された生涯(2011年2月4日)

1970年代に公開された時にはセックスシーンのきわどさで大センセーションを巻き起こし、バターを使ったアナルセックスなどの過激な性描写のためにポルノ裁判まで起きた…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベルナルド・ベルトルッチ