映画-Movie Walker > 人物を探す > アン・リー

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2019年 まで合計12映画作品)

2019年

ジェミニマン

  • 2019年10月25日(金)公開
  • 監督

ウィル・スミスとアカデミー賞監督アン・リーとが組み、毎秒120フレーム撮影、4K×3D映像の技術を導入した近未来アクション。伝説的暗殺者ヘンリーは任務遂行中に何者かに襲われる。苦戦しながら襲撃者を追い詰めると、その正体は若い自身のクローンだった……。最新デジタル技術を駆使し、ウィル・スミスはベテラン暗殺者のヘンリーとヘンリーの20代の姿であるクローンを演じる。共演は「10 クローバーフィールド・レーン」のメアリー・エリザベス・ウィンステッド、「ラスト・ナイツ」のクライヴ・オーウェンほか。製作は「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー。

監督
アン・リー
出演キャスト
ウィル・スミス メアリー・エリザベス・ウィンステッド クライブ・オーウェン ベネディクト・ウォン
2016年

ビリー・リンの永遠の一日

  • 2016年当年公開
  • 監督

ベン・ファウンテンの小説をアン・リー監督が映画化。イラク戦争での勇姿がメディアに取り上げられ一躍“英雄”となった19歳のビリー。凱旋ツアーのため一時帰国、アメフトのハーフタイムイベントに参加した彼は、現実と戦争の記憶が交差する感覚に陥る。主人公ビリー役に新人のジョー・アルウィンが抜擢。共演は「アクトレス 女たちの舞台」のクリステン・スチュワート、「世界にひとつのプレイブック」のクリス・タッカー、「PAN ネバーランド、夢のはじまり」のギャレット・ヘドランド、「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼル、「ピンクパンサー」シリーズのスティーヴ・マーティン。

監督
アン・リー
出演キャスト
ジョー・アルウィン クリステン・スチュワート クリス・タッカー ギャレット・ヘドランド
2008年

ラスト、コーション

  • 2008年2月2日(土)公開
  • 監督、製作

「ブロークバック・マウンテン」の名匠アン・リー監督によるラブ・サスペンス。女スパイと政府要人との禁断の愛を、大胆なセックス描写を交えて映像化した話題作だ。

監督
アン・リー
出演キャスト
トニー・レオン タン・ウェイ ジョアン・チェン ワン・リーホン
2006年

ブロークバック・マウンテン

  • 2006年3月4日(土)公開
  • 監督

ヒース・レジャー&ジェイク・ギレンホール主演で、'60年代に運命的な出会いを果たした2人の青年の20年に及ぶ愛の物語。「グリーン・デスティニー」のアン・リー監督による衝撃作。

監督
アン・リー
出演キャスト
ヒース・レジャー ジェイク・ギレンホール ランディ・クエイド ヴァレリー・プランチェ
2003年

ハルク

  • 2003年8月2日(土)公開
  • 監督

「スパイダーマン」などで知られるマーベルコミックの人気作を「グリーン・デスティニー」の名匠アン・リー監督が映画化。数奇な運命を背負った男の苦悩を描くアクションだ。

監督
アン・リー
出演キャスト
エリック・バナ ジェニファー・コネリー サム・エリオット ジョシュ・ルーカス
2001年

楽園をください

  • 2001年2月3日(土)公開
  • 監督

「グリーン・デスティニー」のアン・リー監督が、ハリウッドの若手男優たちを起用。戦争によって運命を狂わされながらも、友情や自由を追い求める若者の姿を見すえていく。

監督
アン・リー
出演キャスト
トビー・マグワイア スキート・ウーリッチ ジョナサン・リース・マイヤーズ ジム・カヴィーゼル
2000年

グリーン・デスティニー

  • 2000年11月3日(金)公開
  • 監督、製作

 カンヌ映画祭で話題を独占した、名匠A・リーによるアクション・ファンタジー。群雄割拠の時代を背景に、秘剣争奪の死闘と2組の男女の愛が熱く激しく絡みあう。C・ユンファら実力派俳優が共演。

監督
アン・リー
出演キャスト
チョウ・ユンファ ミシェル・ヨー チャン・ツィイー チャン・チェン
1998年

アイス・ストーム

  • 1998年9月26日(土)公開
  • 監督、製作

70年代半ば、ウォーターゲート事件当時のニューヨーク郊外を舞台に、ある中流一家の不安な日々を描いた一編。監督は「恋人たちの食卓」「いつか晴れた日に」のアン・リー。94年に出版された作家リック・ムーディの同名小説(邦訳・新潮文庫)の映画化で、脚本はアン・リーのデビュー作「推手」以来の製作者としてもコンビを組むジェームズ・シェイマス。アン・リー、シェイマスと共に名を連ねるテッド・ホープ、編集のティム・スクワイアズはアン・リー作品の常連。撮影は「ナイト・オン・ザ・プラネット」のフレデリック・エルムス。音楽は「スウィート ヒアアフター」はじめアトム・エゴヤン作品で知られるマイケル・ダンナ。音楽監修は「ボクサー」のアレックス・ステイヤーマークで、時代設定を反映してフランク・ザッパ、ニルソン、ボビー・ブルーム、トラフィックなどの曲が劇中で使用され、エンディングの主題歌をデイヴィッド・ボウイが歌う。美術は「カーマ・スートラ 愛の教科書」のマーク・フリードバーグ。衣裳は「ティン・カップ」のキャロル・オディッツ。出演は「危険な動物たち」のケヴィン・クライン、「エイリアン4」のシガーニー・ウィーヴァー、「フェイス/オフ」のジョアン・アレン、「キャスパー」のクリスティーナ・リッチ、「エンパイア レコード」の新星トビー・マグアイア、「ディープ・インパクト」のイライジャ・ウッド、「ジュマンジ」のアダム・ハン=バード、「刑事エデン 追跡者」のジェイミー・シェリダン、「ミッション:インポッシブル」のヘンリー・ツァーニーほか。97年カンヌ国際映画祭脚本賞受賞。

監督
アン・リー
出演キャスト
ケヴィン・クライン シガニー・ウィーヴァー ジョアン・アレン ジェイミー・シェリダン
1996年

いつか晴れた日に

  • 1996年6月1日(土)公開
  • 監督

近代英国を舞台に、対照的な性格の良家の姉妹が、結婚をめぐる愛とお金の問題を越えて幸福をつかむまでをコミカルに描いた一編。18世紀の女性作家ジェーン・オースティンが1795年に発表した小説『いつか晴れた日に 分別と多感』(小社刊)の映画化。脚色は、主演もつとめた「キャリントン」のエマ・トンプソンで、映画の脚本は初挑戦だったにもかかわらず、第68回アカデミー脚色賞を女優として初めて受賞。主要キャストも彼女の人選によるもので、英国を代表する映画・舞台俳優が集結。監督は「ウェディング・バンケット」「恋人たちの食卓」で、ニューヨーク・インディーズの旗手となった台湾出身の映画作家、アン・リー。エグゼクティヴ・プロデューサーは「サブリナ」のシドニー・ポラック、製作はポラックのミラージュ・プロの、「愛と死の間で」でトンプソンと組んだ、「サブリナ」のリンゼイ・ドラン。製作補はアン・リーの盟友で「推手」以来、パートナーを組むジェームズ・シェイマス、ローリー・ボーグ。撮影は「フォー・ウェディング」のマイケル・コールター、音楽は「リトル・プリンセス」のパトリック・ドイル、美術は「ハワーズ・エンド」(アカデミー賞受賞)のルチアーナ・アリジ、編集はアン・リーとは全作品で組むティム・スクイアーズ、衣裳は「眺めのいい部屋」(アカデミー賞受賞)のジェニー・ビーヴァンとジョン・ブライトのコンビがそれぞれ担当。共演は「乙女の祈り」のケイト・ウィンスレット、「恋する予感」のアラン・リックマン、「9か月」のヒュー・グラントほか。第68回アカデミー賞脚色賞受賞(エマ・トンプソン)はじめ、各賞にノミネート。96年度キネマ旬報外国映画ベストテン第10位。

監督
アン・リー
出演キャスト
エマ・トンプソン アラン・リックマン ケイト・ウィンスレット ヒュー・グラント

推手<すいしゅ>

  • 1996年1月20日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

息子夫婦を頼ってニューヨークへ渡った太極拳の老師が、カルチャー・ギャップを乗り越え、心の平穏をつかむまでを描いたヒューマン・ドラマ。台湾出身の気鋭の映画作家アン・リーの監督デビュー作で、本作で主演をつとめた台湾の名優ラン・シャンを父親役に据えてこれ以降に撮りあげた「ウエディング・バンケット」(93、ベルリン映画祭グランプリ)、「恋人たちの食卓」(94、アカデミー外国語映画賞ノミネート)のニ作を含める〈父親三部作〉の第一作にあたる。共演は台湾のベテラン女優のワン・ライ、『Unknown Hero』のワン・ボーチャオ、オフ・オフ・ブロードウェイ出身の女優デブ・スナイダー、監督の息子ハーン・リーほか。91年台湾金馬奨最優秀主演男優賞(ラン・シャン)、助演女優賞(ワン・ライ)、審査員特別賞受賞。

監督
アン・リー
出演キャスト
ラン・シャン ワン・ライ ワン・ボー・チャオ デブ・スナイダー

関連ニュース

早くもアカデミー賞の呼び声!アン・リー監督が『ライフ・オブ・パイ』で新境地に挑む
早くもアカデミー賞の呼び声!アン・リー監督が『ライフ・オブ・パイ』で新境地に挑む(2012年10月3日)

9月28日から開催されている第50回ニューヨーク映画祭で、『ブロークバック・マウンテン』(05)で第78回アカデミー監督賞を獲得したアン・リー監督の3D映画『ラ…

映画監督からサッカー選手まで、各界から『ソウル・キッチン』絶賛コメント到着!
映画監督からサッカー選手まで、各界から『ソウル・キッチン』絶賛コメント到着!(2011年1月20日)

2009年のヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞とヤングシネマ賞の2冠に輝いた『ソウル・キッチン』(1月22日公開)へのファティ・アキン監督のインタビュー&各界か…

注目度は過去最高? 今年のカンヌは百花繚乱!
注目度は過去最高? 今年のカンヌは百花繚乱!(2009年5月13日)

今年62回目を迎えるカンヌ国際映画祭。“若い作家、映画産業的に小さな国”に光を当てようという昨年の試みが「地味」のひとことで片づけられたのを反省してか、今年は常…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アン・リー