映画-Movie Walker > 人物を探す > アンソニー・ラパリア

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2017年 まで合計13映画作品)

2017年

アナベル 死霊人形の誕生

『死霊館』に登場した実在する呪いの人形、アナベルの恐怖を描いた『アナベル 死霊館の人形』の続編となるホラー。人形師の家にやってきた孤児院の少女たちが見舞われる恐怖と、アナベル人形誕生の秘密が明かされる。『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンが製作を手がけ、『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグが監督を務める。

監督
デイビッド・F・サンドバーグ
出演キャスト
ステファニー・シグマン タリタ・ベイトマン ルル・ウィルソン アンソニー・ラパリア
2016年

アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち

  • 2016年4月23日(土)公開
  • 出演(レオ・フルヴィッツ 役)

ホロコーストの真実を伝えるため、元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンの裁判をテレビで放送しようと奔走したテレビマンたちの実話に基づくドラマ。主演は、TVドラマ『SHERLOCK/シャーロック』のマーティン・フリーマン。監督は、「アンコール!!」のポール・アンドリュー・ウィリアムズ。

監督
ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
出演キャスト
マーティン・フリーマン アンソニー・ラパリア レベッカ・フロント ゾラ・ビショップ
2011年

ハッピー フィート2 踊るペンギン レスキュー隊

  • 2011年11月26日(土)公開
  • 出演(声)(ボス 役)

音痴だけどタップダンスが得意なペンギンの活躍を描き、アカデミー賞長編アニメ映画賞に輝いた人気アニメの続編。前作の主人公マンブルが父親になり、踊るのが苦手な息子エリックのために奮闘する姿をつづる。美しい南極の風景、ペンギンだけでなく、アザラシをはじめとしたそこで暮らす動物たちなどが美麗なCGで描かれる。

監督
ジョージ・ミラー
出演キャスト
イライジャ・ウッド ロビン・ウィリアムズ ピンク ハンク・アザリア
2007年

ハッピー フィート

  • 2007年3月17日(土)公開
  • 出演(声)(アルファ・スクア 役)

「ベイブ」のクリエイターたちが3DCGアニメの限界に挑んだ、ハートフルなペンギン物語。主人公の声をイライジャ・ウッドが演じたほか、豪華俳優陣が声優を務めた話題作。

監督
ジョージ・ミラー ジュディ・モリス ウォーレン・コールマン
出演キャスト
イライジャ・ウッド ロビン・ウィリアムズ ブリタニー・マーフィ ヒュー・ジャックマン
2001年

ギター弾きの恋

  • 2001年3月17日(土)公開
  • 出演(Al 役)

'30年代を舞台に、天才ジャズ・ギタリストの半生を描く人間ドラマ。不器用なミュージシャンの奔放な生きざまと真実の恋を、ジプシー・ジャズを交えて郷愁たっぷりにつづる。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ショーン・ペン サマンサ・モートン ユマ・サーマン グレッチェン・モル

オータム・イン・ニューヨーク

  • 2001年2月10日(土)公開
  • 出演(John 役)

 R・ギア&W・ライダーの2大スターが“運命の恋”を演じる恋愛劇。NYの色づく秋を背景に、限られた時間のなかで育まれる男女の愛の行方をロマンチックにつづる。

監督
ジョアン・チェン
出演キャスト
リチャード・ギア ウィノナ・ライダー エレーン・ストリッチ アンソニー・ラパグリア
2000年

サマー・オブ・サム

  • 2000年4月15日(土)公開
  • 出演(Detective Lou Petrocelli 役)

1977年夏のNYで実際に起こった“サムの息子”連続殺人事件で人生を狂わせた人々の姿を描くドラマ。監督は「ラストゲーム」のスパイク・リー。脚本はリー、ニューヨーク演劇界で活躍する「セレブリティ」のヴィクター・コリッチオと「オフィスキラー」のマイケル・インペリオーリ。撮影は「I SHOT ANDY WARHOL」のエレン・クラークス。音楽は「ゲット・オン・ザ・バス」のテレンス・ブランチャード。出演は「ロミオ&ジュリエット」のジョン・レグイザモ、「シン・レッド・ライン」のエイドリアン・ブロディ、「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のミラ・ソルヴィーノほか。

監督
スパイク・リー
出演キャスト
ジョン・レグイザモ エイドリアン・ブロディ ミラ・ソルヴィーノ ジェニファー・エスポジット
1999年

フェニックス

  • 1999年5月22日(土)公開
  • 出演(Mike 役)

ギャンブルの借金返済のため強盗をはたらく悪徳刑事の姿を描くアクション。監督は「ジャッジ・ドレッド」のダニー・キャノン。脚本はエディ・リチー。製作はヴィクトリア・ネヴィニーとトレイシー・グラハム=ライス。製作総指揮はトム・ローゼンバーグ、シガージョン・サイヴァッソン、テッド・タンネンバウム、マイケル・メンデルソン。撮影はジェームズ・L・カーター。音楽は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のグレアム・レヴェル。美術はチャールズ・ブリーン。編集はザッハ・スタエンバーグ。衣裳はアレクサンドラ・ウェルカー。出演は「コップランド」のレイ・リオッタ、「エバー・アフター」のアンジェリカ・ヒューストン、「依頼人」のアンソニー・ラパグリア、「ヴァンパイア 最期の聖戦」のダニエル・ボールドウィン、「ロポコップ2」のトム・ヌーナン、「ユージュアル・サスペクツ」のジャンカルロ・エスポジートほか。

監督
ダニー・キャノン
出演キャスト
レイ・リオッタ アンソニー・ラ・パグリア アンジェリカ・ヒューストン ダニエル・ボールドウィン
1997年

トゥリーズ・ラウンジ

  • 1997年8月16日(土)公開
  • 出演(Rob 役)

何をやっても不器用な男と彼を取り巻く周囲の人々の日々の哀歓を通して、人生の真実を描いたドラマ。「エスケープ・フロム・LA」の個性派俳優スティーヴ・ブシェミが実体験に基づいて初の監督・脚本も兼ね、人間関係を見つめる眼差しにジョン・カサヴェテス作品の影響の強さを感じさせる。ロケ撮影は彼の故郷ロング・アイランドで行われた。製作はブラッド・ワイマンとクリス・ハンリー、製作総指揮はニック・ウェクスラーとジュリー・シルヴァーマン、撮影は「リスボン物語」のリサ・リンツラー、美術はスティーヴ・ローゼンツヴァイク、編集はケイト・ウィリアムズ、衣裳はマリー=アン・セオ。音楽はエヴァン・ルーリーがスコアを書き、主人公のテーマとして流れるインク・スポッツの『I Understand(Just How You Feel)』をはじめ、ブレンダ・リー、プラターズなどのスタンダード・ポップスを挿入曲として使用。共演は「KIDS」のクロエ・セヴィニー、「クイック&デッド」のマーク・ブーンJr. 、「ストレンジャー・ザン・パラダイス」のエスター・バリント、「イン・ザ・スープ」のシーモア・カッセル、「ミステリー・トレイン」のエリザベス・ブラッコ、「ガール6」のデビー・マザール、「ロング・キス・グッドナイト」のサミュエル・L・ジャクソン、「愛の狩人」のキャロル・ケイン、「誰かに見られてる」のミミ・ロジャース、「エンパイア レコード」のアンソニー・ラパグリア、「7月4日に生まれて」のダニエル・ボールドウィン、スティーヴの実弟マイケルほか多彩なキャスト。

出演キャスト
スティーヴ・ブシェーミ クロエ・セヴィニー マーク・ブーン・Jr アンソニー・ラ・パグリア
1996年

エンパイア レコード

  • 1996年8月24日(土)公開
  • 出演(Joe 役)

買収の危機にさらされた老舗のレコード店を舞台に、個性的すぎる店員たちが巻き起こす騒動を描いた青春コメディ。監督は「タイムズ・スクエア」「今夜はトーク・ハード」のアラン・モイル。脚本はキャロル・ヘッキニン、製作は「ヒート」のアーノン・ミルチャンと、マイケル・ネイサンソン、アラン・リッチー、トニー・ラドウィグの共同。撮影は「ショート・カッツ」のウォルト・ロイド、美術はピーター・ジェイミソン、編集はマイケル・チャンドラー、衣裳はスーザン・ライヤル。ミッチェル・リーブの音楽監修の下、ジム・ブロッサムズ、クランベリーズなどオルタナティヴ・ロック系のミュージシャンの曲が全編に流れる。出演は「魅せられて」のリヴ・タイラーほかの若手陣に、「依頼人」のアンソニー・ラパグリアなどが脇を固める。

監督
アラン・モイル
出演キャスト
アンソニー・ラパグリア マックスウェル・コールフィールド デビー・マザール ローリー・コックレイン
ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンソニー・ラパリア

ムービーウォーカー 上へ戻る