TOP > 人物を探す > ポール・サイモン

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2014年 まで合計5映画作品)

2014年

NY ANNIVERSARY LIVE! サイモン&ガーファンクル「セントラルパーク・コンサート」

  • 2014年7月5日(土)
  • 出演

1664年にニューアムステルダムから名前を変え、2014年に生誕350周年を迎えたニューヨーク。この町と縁の深いミュージシャンによるライブを上映する企画の第3弾。60年から活動し、70年以降はデュオとしての活動を休止していたポール・サイモンとアート・ガーファンクルが11年ぶりに同じステージに立ったセントラル・パークでのコンサートが甦る。

監督
マイケル・リンゼイ=ホッグ
出演キャスト
ポール・サイモン アート・ガーファンクル
2002年

パニック・ルーム

  • 2002年5月18日(土)
  • 出演(SWAT Cops 役)

鬼才デビッド・フィンチャー監督&主演ジョディ・フォスターで贈る密室サスペンス。侵入不可能な避難用小部屋を舞台に、凶悪な強盗団に挑む母と娘の奮闘がスリリングに展開!

監督
デヴィッド・フィンチャー
出演キャスト
ジョディ・フォスター フォレスト・ウィテカー ドワイト・ヨーカム ジャレッド・レト
1978年

アニー・ホール

  • 1978年1月14日(土)
  • 出演(Tony 役)

大都会ニューヨークに生きる男と女の出会いと別れをコミカルに描くラブ・ストーリー。製作総指揮はロバート・グリーンハット、製作はチャールズ・H・ジョフィ、監督は「スリーパー」のウディ・アレン、脚本はウディ・アレンとマーシャル・ブリックマン、撮影はゴードン・ウィリスが各々担当。出演はウディ・アレン、ダイアン・キートン、トニー・ロバーツ、キャロル・ケイン、ポール・サイモン、ジャネット・マーゴリンなど。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ウディ・アレン ダイアン・キートン トニー・ロバーツ キャロル・ケイン
1975年

シャンプー

  • 1975年11月1日(土)
  • 音楽

上流社会や有名人の赤裸々な私生活の内幕を描く。製作はウォーレン・ベイティ、監督は「ハロルドとモード 少年は虹を渡る」のハル・アシュビー、脚本はロバート・タウンとウォーレン・ベイティ、撮影はラズロ・コバックス、音楽はポール・サイモン、衣装はアンシア・シルバートが各々担当。出演はウォーレン・ベイティ、ジュリー・クリスティ、ゴールディ・ホーン、リー・グラント、ジャック・ウォーデン、トニー・ビルなど。日本語版監修は野中重雄。テクニカラー、ビスタサイズ。1975年作品。

監督
ハル・アシュビー
出演キャスト
ウォーレン・ベイティ ジュリー・クリスティ ゴールディ・ホーン リー・グラント
1968年

卒業

  • 1968年6月8日(土)

チャールズ・ウェッブの原作を、カルダー・ウィリンガムとバック・ヘンリーが脚色、「バージニア・ウルフなんかこわくない」のマイク・ニコルズが監督した悲喜劇。この作品で、マイク・ニコルズは、67年アカデミー監督賞を獲得している。撮影はロバート・サーティース、主題曲をポール・サイモン、そのほかの音楽を、デーヴ・グルーシンが、担当している。出演は、「奇跡の人(1962)」のアン・バンクロフト、ブロードウェイ出身のダスティン・ホフマン、TV出身で「シェナンドー河」など、2、3の作品に出演しているキャサリン・ロス、他にウィリアム・ダニエルス、マーレイ・ハミルトンなど。2019年6月7日より4Kデジタル修復版が公開(配給:KADOKAWA)。

監督
マイク・ニコルズ
出演キャスト
アン・バンクロフト ダスティン・ホフマン キャサリン・ロス ウィリアム・ダニエルズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ポール・サイモン